ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

パナマでやりたいこと

photo by ①
Yumi Harada ②Cris Young/Shutterstock.com

①クルーズ船で運河を通過

クルーズツアーに参加して、船に乗って全長80kmの運河を通過!水門が2時間かけて開く姿に興味津々。

②中南米をつなぐアメリカ橋

太平洋と大西洋が交わる場所がここ。パナマ運河に架かるアメリカ橋を見て、世界の大きさを感じたい。

photo by ①VanHart/Shutterstock.com ②Diego Grandi/Shutterstock.com ③Sayaka Ito

①歴史地区のカテドラル

旧市街のシンボ ル!大航海時代の古い聖堂と真珠が埋め込まれた真っ白な塔のコントラストが見たい。

②パナマ・ビエホの塔に登る

世界遺産に登録された17世紀の廃墟。塔の上から、対照的に近代化した21世紀の町を見下ろす。

③「ミラフローレスビジターセンター」からパナマ運河を通る商船を見学

1914年、大西洋と太平洋をつなぎ、世界経済を大きく変えた運河。水位が異なる2つの海をこの門で水位調整することにより、巨大な商船を送り出す。その壮大な光景は、水門前にあるビジターセンターから見学できる。

 

アンティグア・バーブーダでやりたいこと

photo by ①IndustryAndTravel/Shutterstock.com ②BlueOrange Studio/Shutterstock.com ③PlusONEl/Shutterstock.com

①ベティーズ・ホープ

大きな風車めがけて草原をダッシュ!ヤギが放し飼いされたのどかな丘を子どもと一緒に満喫したい。

②ピンク色の貝殻がいっぱい♡「バーブーダ島」のビーチを裸足で歩く

カリブ海のクルーズ船が停泊する島。サンゴが砕けて積もった砂浜はただでさえ白く美しいのに、この島にはさらに愛らしいピンクサンドビーチがある。その正体は小さな貝殻。足音をジャリジャリ鳴らし、裸足で渚を駆け抜けたい。

③ネルソンドッグヤード

どこか雰囲気がイギリスっぽい?カリブ海最古の造船所がある基地で、18世紀の歴史を学びたい。

photo by ①evenfh/Shutterstock.com ②Grandrouge/Shutterstock.com ③IndustryAndTravel/Shutterstock.com

①無邪気なエイと浅瀬で触れ合う

「スティングレイシティ・アンティグア」の青く透きる遠浅ビーチで、エイと一緒にシュノーケリング。

②シャーリー・ハイツ

カリブ海に映る真っ赤な夕焼けに感動!港を見下ろす要塞跡から水平線に沈む夕日を眺める。

③大砲が並ぶジェームズ砦

300年前につくられた遺跡を見学。カリブ海に向けられた大砲とエメラルドの海のギャップを楽しむ。

 

ホンジュラスでやりたいこと

photo by ①Dennis Sabo/Shutterstock.com

ダイビング天国ウティラ島

運がよければジンベイザメも出現?世界中から人が集まる美しい島で、お安くダイビング免許を取得。

 

ニカラグアでやりたいこと

photo by ①PixieMe/Shutterstock.com ②PixieMe/Shutterstock.com ③Matyas Rehak/Shutterstock.com ④dimarik / PIXTA

①ボルケーノボーディング

セロネグロ火山の火口からボードに乗って急降下!標高726mの火山を時速80kmで一気に滑る。(無謀・・・)

②レオン大聖堂の屋上に登りたい

ラテンアメリカ最大級の大聖堂。白い壁が美しい世界遺産の屋上に登って、レオンの町を一望したい。

③町の中心グラナダ大聖堂

白い馬車に乗って気分は中世の貴族。パステルカラーの配色が可愛い大聖堂まで優雅に移動する。

④エル・グエグエンセ

世界無形文化遺産に登録された、植民地支配の風刺劇。インパクト大の仮面を自分の目で見てみたい。

ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング