ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

21.履きなれている靴

これは温泉旅行に限った話ではないですが、靴は普段履きなれているものを用意するのがコツです。絶対にハイヒールはやめておきましょう。怪我したら、旅行どろこではなくなります。

22.エチケット袋

自動車で奥地の温泉に行く場合、車酔いする方はエチケット袋の準備を! 奥地に進めば進むほどカーブが多くなります。車酔いする方と一緒に旅行する際は列車の利用も考えてみましょう。

23.ウエットティシュ

子供さんがいる場合はウエットティシュを用意しましょう。トイレや汚した際に役立ちます。旅行に便利なコンパクトなウエットテッシュがいいですね。

24.ビニール袋

下着を入れるためにビニール袋を持っていくと便利です。ビニール袋は1枚でOK。使い慣れているビニール袋を持っていけばいいでしょう。

25.ファイル

博物館でもらう資料や領収書を保管するためのファイルも用意したいところです。できれば、横から滑り落ちないようなファイルを用意したいですね。

26.圧縮袋

持っていく衣服が多い方は圧縮袋に入れましょう。かさばる荷物をコンパクトにまとめることができます。圧縮袋は安いものではなく、しっかりとしたものを買うのがコツです。

created by Rinker
ラッキーシップ(Lucky-ship)
¥1,463 (2024/07/20 11:27:00時点 Amazon調べ-詳細)

27.虫除けスプレー

虫除けスプレー
photo by shutterstock

夏に温泉地に行く場合は虫除けスプレーを持っていきましょう。特に虫刺されに弱い方は必須アイテムです。コンパクトな虫除けスプレーを持っていけば場所をとりません。

28.パスポート

海外の温泉を訪れる際はパスポートが必須! パスポートがなければ国外に行けません。また、パスポートのコピーや予備写真も用意しておきましょう。

29.変換プラグ

海外の温泉に行く場合は変換プラグが必要です。パソコン、携帯電話以外の機械を持っていく場合は変圧器も必要です。変換プラグはたくさんの種類があるので、電気屋で慎重に選びましょう。

30.お土産のリスト

もし、多くの方からお土産を頼まれている場合はお土産リストを作成しておきましょう。リスト化することによって、無駄な買い物をすることがなくなります。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事