ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在住、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

こんにちは、ロンドン在住ライター・KANAです。2度目のロックダウン(都市閉鎖)が行われ、外出制限を強いられているロンドン。今後も厳しい政策により、旅行どころか外食すら難しい状況が続く見込みです。

このような制限の多い状況で、憂鬱な気持ちになってしまう人も多いかと思います。しかし、ありがたいことにロンドンは、市街地の約40パーセントが緑地の、都会と自然が融合している非常に自然と触れ合いやすい都市。やることがないと感じてしまう今こそ、普段は行かない公園へ足を運ぶ絶好の機会です。


そこで今回は、ロンドン市内のおすすめ公園をまとめてご紹介していきます。ロンドンに訪れるのが難しい方も、日本とは少し違う公園の雰囲気の様子を写真で楽しんでいただければ幸いです。

①St James’s Park セントジェームズパーク


ロンドンにある王立公園の中で、最も歴史が古く、ロンドンに住んでいる人なら誰しもが知っている、ロンドンのランドマークとも言える公園、セントジェームズパーク。


エリザベス女王のロンドンの公邸であり、ロイヤルファミリーの住居として、イギリス国民のみならず、世界中の人が一度は耳にしたことがあるであろう「バッキンガム宮殿」があることでも有名です。


衛兵交代式(宮殿の警護をしているガードマンたちが、次の任務を担当する新しいガードマンと交代する際のセレモニー)も行われ、人気の観光スポットとして多くの人で賑わいます。


セント・ジェームズ湖では白鳥やカモが優雅にくつろぎ、園内には野生のリスが走り回り、大都市の中心であることが信じられないほど、自然溢れた光景が広がります。まさに都会のオアシスと言える空間。

時間を忘れてのんびりと歩いているだけで、心癒やされること間違いなしです。

■詳細情報
・名称:St James’s Park
・住所:SW1A 2BJ London
・地図:
・アクセス:セント・ジェームズ・パーク駅より徒歩約5分
・営業時間:5時〜0時
・電話番号:+443000612350
・料金:無料
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:5月〜9月
・公式サイトURL:https://www.royalparks.org.uk/parks/st-jamess-park

②Green Park グリーンパーク


セントジェームズパークに隣接しているグリーンパーク。グリーンパーク駅の目の前、ロンドンの繁華街に位置するとてもアクセスのいい公園です。

近くのカフェでテイクアウトしたご飯やコーヒーとともに、公園でのんびりと過ごすことができます。


公園を一歩外に出ると、すぐに繁華街であるということが信じられないほど、緑のあふれる広々とした空間。手入れの施された美しい園内には、ピクニックや散策を楽しむ人々で溢れ、とても穏やかな空気が流れる、まるで映画のワンシーンのような光景が広がります。

■詳細情報
・名称:Green Park
・住所:〒SW1A 1AA London
・地図:
・アクセス:グリーンパーク駅より徒歩約1分
・営業時間:5時〜0時
・電話番号:+443000612350
・料金:無料
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:5月〜9月

③Hyde Park ハイドパーク


ロンドンを代表する公園の一つであるハイドパーク。広大な敷地を利用して、季節ごとにさまざまなイベントが行われていることでも有名です。


毎年、夏になると誰でも無料で参加できるアウトドアムービーが開催されています。日本では馴染みの少ないイベントですが、海外ドラマや映画でよく見かけるワンシーンですよね。自分が海外ドラマの主人公になった気分を味わえるのでおすすめです。


また、冬には「ウィンターワンダーランド」と呼ばれる移動式巨大遊園地が併設され、ロンドンの冬の風物詩としても親しまれています。

■詳細情報
・名称:Hyde Park
・住所:W1H 7EJ London
・地図:
・アクセス:マーブルアーチ駅より徒歩約3分
・営業時間:24時間
・料金:無料
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:年中

④Regents Park リージェンツパーク


ロンドンの公園で欠かせないのがここ、リージェンツパーク。園内には四季折々の植物が咲き誇り、どの時期に訪れても季節感を感じられる公園です。


それぞれの季節で違った雰囲気を楽しむことができるので、いつ訪れても飽きることがないのも嬉しいポイント。


夏になると、ビキニで日光浴をして楽しむ人も多く、まるでビーチにいるかのような気分になります。日本ではなかなか見ることのできない光景に驚くこと間違いなしです。


広大な敷地内には、動物園やカフェ、ガーデンなどが併設されており、一日かけてのんびりと過ごすことができます。

■詳細情報
・名称:The Regent’s Park
・住所:NW1 4NR London
・地図:
・アクセス:リージェンツ・パーク駅より徒歩約5分
・営業時間:24時間
・電話番号:+443000612300
・料金:無料
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:6月〜10月
・公式サイトURL:https://www.royalparks.org.uk/parks/the-regents-park
ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在住、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング