ライター
くぼちゃん 旅するカラフルライター

人の想いに「光をあてる」ことをモットーとし、価値観の深堀りをするインタビュー・取材を強みとする。旅が好きで、海外は30ヵ国以上、国内は40都道府県訪れている。趣味は建築・アート巡り。服装や写真がカラフルな「旅するカラフルライター」。

こんにちは、POOLO学長/TABIPPO執行役員の恩田みっちーです。
2024年もあっという間に2月がスタート。新年に立てた目標は順調に進んでいますか。

この記事はPOOLOが気になっている人に向けた内容です。
POOLOってなんて読むんだろう?プーロ?ポーロ?旅好きが集まるコミュニティ?

……で何をするの?

現在プログラムに参加しているPOOLO6期生から、未来の参加者に向けてメッセージを貰いました。

みんながどんな想いで入ったのか。プログラムに参加して取り組んでいること。自分の中で変わったこと。赤裸々な声を集めたので、ぜひ読んで貰えばと思います。(Vol.2はこちら

旅好きの方の人生に少しでもいい影響を与えられることを願って。

深澤慶子(けーちゃん)

POOLOは、自分の中の「やってみたい!」をハードル低く試せて、利害関係を気にせず素で関われる居場所

POOLOに参加したきっかけ

友達がPOOLOの他の期に参加しており、頻繁に旅行に行っていて楽しそうだったので、POOLOコミュニティに所属したいと思いました。また、自分と価値観が似ている人が多く集まっているイメージがあり、長く付き合える関係性が築けそうだと思ったこと、サイトで見た講義の内容が自分にとって魅力的な内容だったので参加を決めました。

参加した感想と自身の変化

6期のメンバーは驚くほど行動力があり、かつ自発的に発信や行動する人が多いのでとても良い刺激を受けました。「自分が企画しても人が集まらないのでは」という不安が消え、やりたいと思っていた企画を実現できたり、行動を起こす時のためらいの気持ちがかなり無くなりました。

また、卒業前に感じているのは「常に“与えている人”はキラキラしている」ということです。日常での気づきをシェアしたり、役割に積極的に参加したり、noteで常に情報を発信していたり。これはPOOLOに入ってから強く実感したことで、「GIVEできる人は輝いている」は真理だと思っています。私も「常に“与える人”でいつづけたい」と強く思うように変化しました。

POOLO LIFEを検討している方へメッセージ

旅仲間ができるのはもちろん、講義についての感想を共有し合ったり、1つのテーマについてディスカッションしたり、イベント企画をしたりと、POOLOは熱量が高い人が集まっている分、自分がやりたかったことが実現できる、ある意味「実験ができる場所」です!普通に生活していると熱量、志が高い仲間を自力で見つけるのは難しいため、検討している方は一度飛び込んでみることをお勧めします!POOLO生になったら是非お会いしましょう♪

鈴木孝行(ずっきー)

POOLOは、アクティブな人が多く常に刺激に溢れている、行動の原動力になる場所

POOLOに参加したきっかけ

人生迷子の状態から抜け出すためです。社会人になってからの目標であった「海外ノマド」を達成し、次の目標を探しているうちに1年以上が過ぎてしまいました。そこで、POOLOなら”何か”きっかけが得られるのではないかと直感で感じ、参加を決めました。
また、同じ旅好きの人を中心に交流の幅を広げたい、という気持ちもありました。

参加した感想と自身の変化

僕にとっては「200%」参加して良かったと思っています。
普段の生活だと自分程アクティブな人に出会うことは少ないけど、POOLOにはエネルギッシュな人が多い。メンバーの行動力には圧倒されることが多く「自分もまだまだだな……」と常に刺激を受け、背中を押してもらっています。

また、自分の想いに素直になって行動に移す人が多く、その姿は僕が悩んでいたこと(ノマドで台湾一周)を実行に移す一つの原動力にもなりました。「自分の好きに素直になって行動すること」は、普段から心掛けていますが、POOLOというコミュニティに入り、よりその気持ちが活性化されたなと感じてます。

POOLO LIFEを検討している方へメッセージ

僕自身もそうでしたが、決して安い金額ではない参加費で悩む人は多いと思います。そのような方には「明確な目標を持っていて、その目標を達成したいと本気で思っているか」今一度自分に問いかけてみてほしいです。

POOLOはアクティブに活動できる人ほど満足感は高く、お金で変えられない程の価値を得られると思います。もし本気で自分を変えたい、何かを得たいという気持ちがあるなら、POOLOは大きなチャンスだと思います!!

小島玲香(れいちゃん)

POOLOは、人生の次のステップを一緒に考えることができる場所

POOLOに参加したきっかけ

元々旅が好きなので、POOLOは始まった当初から知っていてずっと気になっていました。参加を決めたのは、宮古島に移住してちょうど2年が経った時。コロナのタイミングで人生で一度はやってみたかった離島暮らしを実現したものの、宮古島への生活と自分の適性、30歳になる年だったこともありこれからのライフステージについて悩んでいる時期でした。自分の今の人間関係だけではなかなか答えが見つからず、POOLOに入ったら何か新しい視点が見つかるのではと思い参加を決めました。

参加した感想と自身の変化

参加して1番の変化は、POOLO期間中に転職先が決まり東京に拠点を移し、次のステップが決まったことです。最初のタームは自己分析に特化していたので、ゲストスピーカーの講義や参加者と対話をすることで、「自分が本当は何をやりたいのか」「これからの人生で何を大切にしていきたいのか」を、今までの人生の中で1番深堀りし、自分の中で納得できる答えを見つけることができました。

また、12月には宮古島合宿を企画。20人もの人が参加してくれて、宮古島生活最後の思い出を作ることができました。POOLOの人たちは素直で、ふっ軽で、自律していて、それでいてちょっとお世話焼きくらいの優しさを持ち合わせた人が多いです。ずっと遠距離でオフラインではほぼ初めましての人たちばかりだったのに、みんなが「れいちゃん企画ありがとう〜」と食べきれないほどのお土産を持って会いにきてくれて、合宿中もみんながサポートしてくれて。みんなの優しさに包まれ、みんなで豊かだねと言い合う、とても幸せな時間でした。

POOLOは、自分がありのままでいられる文化や価値観が根付いているので、とにかく距離が縮まるスピードが早い。初めましてなのに初めましてじゃないような感覚は毎度すごいなあと思います。POOLOの活動やイベントが終わるととっても温かい気持ちになるのがわたしのPOOLOの好きなところです。

POOLO LIFE7期を検討している方へメッセージ

個人的には、いま何かにモヤモヤしている人、いまの自分を変えたいなと思っているタイミングの人にぜひ入ってほしいなと思います。POOLOに入ったら答えが見つかる!というわけではないですが、気付きがたくさん散りばめられており、悩んでいることを自己開示したら相談にのってくれる人がたくさんいることは保証します。
またPOOLOは期を跨いでも繋がりがあるのも魅力。POOLOに入るだけで、一気に数百人との人脈ができちゃうのはこれからの人生でめちゃめちゃ心強いと思います。

ERINA

POOLOは、駆け込み寺、そして暮らしの一部

POOLOに参加したきっかけ

1つ目は、サードプレイスがどうしても欲しかったからです。社会人になってから、家と会社だけの生活になって、息苦しくなったので新しい場所が欲しいと思っていました。また、職種的に人と話す機会が少ないので、たくさんの人との繋がりが欲しいと感じていました。
2つ目は、海外に一緒に行く友人と勇気が欲しかったことです。アフリカのサバンナに行きたいという夢があります。海外未経験なので、POOLOのみんなと一緒に海外行ってみたいなと思ってます。

参加した感想と自身の変化

入る前と比較して日々が楽しくなりました。お金や時間を楽しいことに使えているな、人生が充実しているな、という感覚を持つようになりました。会社中心で物事を考える「会社人」ではなく、豊かに生きようとする「社会人」になれた気がしています。

少しでも人生が楽しくなればと思い、駆け込み寺のように入ったPOOLO。今はPOOLOの人たちと繋がっている時間も多く、思考も生活スタイルも変化してきたなと思います。家、仕事、POOLO(学生時代でいうアルバイトや習い事)といったように、暮らしの一部になっているなと感じています。

POOLO LIFEを検討している方へメッセージ

ホームページ、参加者のnoteやxなど、POOLOに関するものをたくさん見てみるのがいいと思います。わくわくする要素があるかな、と考えてみた時にときめいたら入るのがおすすめです。
私はその直感で入り、想像以上に素敵な居場所を見つけることができました。POOLOに入ったら、ぜひ期をまたいで、旅や楽しい話できたら嬉しいです!

鈴木雄太(すーさん)

POOLOは、夢を実現するための第一歩を踏み出すことのできる場所

POOLOに参加したきっかけ

もともと起業願望があり、共に活動できる仲間を作りたいと思ってPOOLOに入りました。以前からやりたい事・なりたい像はなんとなく決めていたのですが、どこでどのように実現できるかが分からずモヤモヤしていました。以前友達と起業していた経験から「価値観でつながっていないと夢は実現できない」ということを実感しており、その価値観でつながる仲間がどこにいるかを考えた結果、POOLOにたどり着いたのです。

参加した感想と自身の変化

POOLOは、一言で言うと「素敵な仲間と出会えるプラットホーム」です。
ただ一緒にいて楽しいだけで終わらず、将来について語り合い共にアクションを起こせる仲間と出会えたことがとても嬉しく、自分にとっての財産となっています。個人的には一緒に仕事したい素敵な仲間を見つけることができたので、あとはその方にどうアプローチするか……ここからが正念場ですね(笑)

月2回のゲスト講義・チームワーク・自己内省など自分をブラッシュアップする機会がとても多く、POOLO参加前と比べても自分が何を大事にしていきたいか、良い意味で価値観がだいぶ変わりました。「こうでなければいけない」というこだわりを捨てて自分自身をアップデートできたのもこのPOOLOのおかげです。

POOLO LIFEを検討している方へメッセージ

参加しようか迷っている方、もしいらっしゃればまずは個別説明会に参加しましょう!きっと皆さんの琴線に触れるようなキーワードが一つは出てくるはずです。そしてそれこそがPOOLOに参加する理由だと思います。旅好きな方・現状不満足な方・仲間作りたい方、その他なんでもオーケー!まずはPOOLO経験者のお話を聞きに、説明会の扉をノックしましょう。全てはそこからはそこから始まります。

POOLOとは?

POOLOは、旅と人生をつなぐ大人の学び」がコンセプトの、TABIPPOが運営する旅をテーマに学ぶオンラインスクールです。

4コースある中で、最もスタンダードなライフデザインコース「POOLO LIFE」は、約50-70人の多様な仲間とともに学び、旅と人生を繋げて考えることで、心から納得できる自分だけのビジョンを発見する8ヶ月のコースです。

旅という切り口以外にも、自己理解・ウェルビーイング・共創などのキーワードを通し、「過去の原体験は何か」「将来どんな人生を送りたいか」「好きなこと、やりたいこと」「大切にしたい価値観は何か」について、仲間との対話や多彩な講義・ワークを経て整理します。

「POOLO LIFE」は、現在7期募集中です。詳細はこちらから。
毎日無料相談会を実施していますので、少しでも気になる方はご参加お待ちしています。

<無料相談会の参加方法>
①TABIPPO公式LINEに登録
②公式LINEで【相談会に参加する】というボタンをクリック
③希望日程を選択


もしご都合の合う日程がない場合は、個別に質問相談も承ります。
お気軽にLINEでメッセージをお送りください。

みなさまのご参加をお待ちしております!

ライター
くぼちゃん 旅するカラフルライター

人の想いに「光をあてる」ことをモットーとし、価値観の深堀りをするインタビュー・取材を強みとする。旅が好きで、海外は30ヵ国以上、国内は40都道府県訪れている。趣味は建築・アート巡り。服装や写真がカラフルな「旅するカラフルライター」。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧