other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

フランスには魅力的な観光地がたくさんありますが、ランスもそのひとつです。ランスでも特に有名なのが、世界遺産にも登録されているノートルダム大聖堂。今回は、ランスでノートルダム大聖堂などを満喫する方法を紹介します。

 

ランスへの行き方

パリからランスへの行き方ですが、ランスへはTGVを使うのが便利。かつては急行を使って結構時間のかかった行き方ですが、現在ではTGVが開通していますのでパリ東駅から出ているTGVで1時間足らずで到着できるのです。

 

ランスのランドマーク、世界遺産のノートルダム大聖堂

shutterstock_167641637

Photo by shutterstock

ランスに到着する前から、すでにその大きさでランドマークとなっているのが、ノートルダム大聖堂です。ランスのノートルダム大聖堂は、かつてのフランス国王の即位式が行われた場所です。もちろん、ノートルダム大聖堂は世界遺産に登録されています。ステンドグラスの中には、有名な画家であるシャガールがつくったものもあり必見です。

 

ランスのホテルに泊まろう

ランスはパリからTGVで45分、最近では日帰りの観光スポットとなってます。ホテルに泊まってまでと考える人も多いですが、せっかくなのでホテルに泊まってみるのも悪くはありません。ホテルの立地ですが、まずは駅前に多くのホテルがありますので、そこで探すのも悪くはありません。

もう少し雰囲気を重視するのであれば、街の中心部で探してもいいでしょう。

 

ホテルと電車の予算について

shutterstock_68047042

Photo by shutterstock

気になる予算ですが、まずはTGVの予算から。フランスのTGVは、日本の新幹線よりも値幅が大きいです。それでも、往復で100ユーロあればまあまあお得といったところでしょう。ホテルの予算は、50ユーロがほぼ下限といったところで、それ以下のホテルは掘り出し物でしょう。

100ユーロ出せばそれなりのホテルに宿泊できます。

 

まとめ

日帰りでも十分に楽しめるランスですが、夜のライトアップや朝の静謐な雰囲気を楽しむためには、やはり宿泊をすべきです。電車やホテルは、予定が決まったら早めに予約すると安くなります。
▷ヨーロッパ建築物が好きな方にオススメの記事はコチラから

バルセロナにそびえたつ未完成の大聖堂「サグラダファミリア」の魅力に迫る

建築業界の参考書。見る者すべてを魅了する、世界の教会4選

【路地裏ファン必見】クロアチアの港町ロヴィニの魅力

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事