ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

東京の大人デートならパレットタウン

パレットタウン
photo by shutterstock

お台場を代表する複合施設「パレットタウン」には、世界最大級の高さ115m、一周16分の大観覧車があり、上からは東京を一望できます。

美しい街並みをモチーフにしたショッピングモール「ヴィーナスフォート」、体験型クルマのテーマパーク「MEGA WEB」など見所満載です。

「パレットタウン」は魅力的な複合施設だけでなく、東京一日観光でも組みやすい交通至便なところにあります。水上バスでアクセスすることもできるため、一度試されてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:パレットタウン
・住所:東京都江東区青海1丁目3番15号
・アクセス:りんかい線「東京テレポート駅」3分 ゆりかもめ「青海駅」直結 ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」より徒歩7分 無料巡回バスBayShuttle有り
・マップ:
・営業時間:10:00–22:00 ※ 金・土・祝前日は23:00まで
・定休日:年中無休
・電話番号: 03-3529-1821
・公式サイトURL:http://www.palette-town.com

東京のど真ん中で笑おう!ルミネ the よしもと

東京新宿にある「ルミネtheよしもと」は、今注目の若手芸人からテレビでお馴染みの芸人まで、毎日生のお笑いが楽しめる場所として多くの人で賑わっています。

「ルミネtheよしもと」はお笑い好きな人におすすめしたい観光スポット。「よしもと」はもともと大阪発祥ですが、大阪の「よしもと」劇場とは違うスタイルを取り入れているため、大阪とは「少し違う」お笑いが体験できます。

■詳細情報
・名称:ルミネtheよしもと
・住所:東京都新宿区新宿3-38-2 7F
・アクセス:JR新宿駅南口 ルミネ新宿店2 [7F]
・マップ:
・営業時間:10:00-21:30
・定休日:年中無休
・電話番号:03-5339-1112
・公式サイトURL:http://www.yoshimoto.co.jp/lumine/

東京でゆったり散歩するなら、代々木公園

代々木公園
photo by shutterstock

大都会東京の中にあるオアシス的な存在の「代々木公園」。

ゆっくりと公園内を散策することはもちろん、数々の「国際フェスティバル」 が一年を通して開催されており、世界中の様々な国・地域のカルチャーを体験できます。

■詳細情報
・名称:代々木公園
・住所:渋谷区代々木神園町、神南二丁目
・アクセス:JR「原宿」駅から徒歩3分
・マップ:
・営業時間:24時間解放
・定休日:年中無休
・電話番号:03-3469-6081(代々木公園サービスセンター)
・料金: 無料
・公式サイトURL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html

東京で受験突破祈願するなら、湯島天満宮

湯島天満宮
photo by pixta

江戸時代より「梅の名所」として多くの庶民に親しまれて来た「湯島天神」は、合格祈願をはじめ、学業成就に所縁のある場所として知られて居ます。

東京観光でのんびりしたいなら代々木公園に行ってみましょう。野鳥好きな人は園内にある「バードサンクチュアリ」がおすすめ。またネタスポットとして、明治42年に日本初の飛行を記念した「日本航空発始の碑」があります。

毎年受験シーズンには多くの学生がここを訪れています。

また東京のちょっとした散歩でも訪れたいところですね。湯島天満宮には宝物殿があり、神輿展示や天神画像などが見られます。ひょっとすると東京の意外な歴史が隠されているかもしれませんよ。

■詳細情報
・名称:湯島天満宮
・住所:東京都文京区湯島3−30−1
・アクセス:東京メトロ・千代田線「湯島駅」3番出口から徒歩2分
・マップ:
・営業時間:6:00~20:00
・定休日:年中無休
・電話番号:03-3836-0753
・料金: 無料
・公式サイトURL:www.yushimatenjin.or.jp/

噴水をぼうっと眺めるなら、日比谷公園

日比谷公園
photo by shutterstock

「日比谷公園」は、昭和36年に日本で初めて作られた近代的な洋風公園です。

テニスコート、日比谷公会堂、大音楽堂、図書館やレストランなどの施設も豊富に揃っており、ゆっくり散策することができるオススメのスポットです。

カップルな人は将来、日比谷公園を再び訪れるかもしれません。園内にはドイツ風バンガロー様式の建物を利用した結婚式場「フェリーチェガーデン日比谷」があります。屋外での結婚式にも対応しています。

■詳細情報
・名称:日比谷公園
・住所:東京都千代田区日比谷公園
・アクセス:有楽町駅から徒歩で10分
・マップ:
・営業時間:24時間開放
・定休日:年中無休
・電話番号:03-3501-6428(日比谷公園サービスセンター)
・料金: 無料
・公式サイトURL:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kouen/kouenannai/park/hibiya.html

日本の四季が味わえる、国営昭和記念公園

国営昭和記念公園
photo by pixta

「国営昭和記念公園」は、昭和天皇御在位50年を記念して造られました。敷地面積180ha(東京ドーム約39個分)という広大なスペースを持ち、都会のオアシスとして多くの人に親しまれています。

また毎年桜を中心としたフラワーフェスティバルが開催され、色とりどりの花や植物を鑑賞することができます。

かつての武蔵野の自然を味わいたい人は園内にある「トンボの湿地」がおすすめ。「トンボの湿地」は武蔵野の自然を残すためにつくられた人口の湿地です。シーズンになると、ギンヤンマやアキアカネなどさまざまなトンボが観察できます。

■詳細情報
・名称:国営昭和記念公園
・住所:東京都立川市 緑町3173
・アクセス:JR青梅線・西立川駅より約2分 JR中央線・立川駅より約10分
・マップ:
・営業時間:9:30~17:00 エリアによって異なる
・定休日:年末年始(12月31日・1月1日)及び2月の第4月曜日とその翌日
・電話番号:042-528-1751
・料金: 入園料 大人410円 子供80円 プール 大人2,300円 子供1,200円
・公式サイトURL:http://www.showakinen-koen.jp/

東京タワーに行くならここも!増上寺

増上寺
photo by shutterstock

「増上寺」は浄土宗の七大本山の一つとして、また徳川家の菩提寺として、古くから信仰を集める場所として有名です。

連日多くの観光客も訪れる「増上寺」の歴史は古く、室町時代までさかのぼります。またパワースポットとしても広く知られています。

東京一日観光で少しでも「和」的なスポットを入れたい場合は「増上寺」を訪れましょう。「増上寺」から東京タワーまではわずか300m! また都営地下鉄「芝公園駅」から徒歩5分とアクセスしやすい観光スポットです。

■詳細情報
・名称:増上寺
・住所:東京都港区芝公園4-7-35
・アクセス:都営地下鉄芝公園駅から徒歩5分
・マップ:
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:年中無休
・電話番号:03-3432-1431
・公式サイトURL:http://www.zojoji.or.jp/

展望台から絶景を眺める、東京都庁

東京都庁
photo by shutterstock

「東京都庁」は行政施設にも関わらず、観光地としても有名です。特に最上階にある展望台は無料で上ることができ、東京を一望できるので是非訪れたいスポットです!

「-lists/” target=”_blank” rel=”noopener”>大都会・東京。そんな東京を堪能したいけど、観光地が多すぎてどこへ訪れて良いかわからない…という方も多いはず。

今回そんな方のために、東京と言えばココ!という定番の観光スポットから、こんなとこあったの?っていうマイナーな観光スポットまで、東京に行った際に必ず訪れたい観光スポット45ヶ所をまとめてみました。

是非参考にしてみてくださいね。

*編集部追記
2016年10月公開の記事に、新たに観光スポットを3ヶ所追加しました。(2017/9/30)
2017年9月公開の記事に、新たに観光スポットを3ヶ所追加しました。(2018/9/13)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

東京を訪れた感想

東京スカイツリーと富士山
photo by pixta

私が東京を訪れたのは秋頃でした。全体の感想としては、東京はやはり世界有数の大都会で、とにかくお店や人の数が半端ではありません。遊ぶ場所にも事欠かないので、暇になる時間がないなと感じました。

美術館やギャラリーの数も多く、東京に行けば何かしら面白い展示に出会えます。洗練されたショップやユニークな飲食店など、バラエティーに富んだ遊びができる東京。

日本各地のみならず世界からも人が集まる東京のパワーは、さすがとしか言いようがありません。

東京のベストスポット


photo by pixta

私がおすすめするのは、歌舞伎町にある長屋風飲み屋群・新宿ゴールデン街です。どこか昭和の香りが漂う雰囲気は、訪れる人々にノスタルジックな気持ちを与えてくれます。

昭和の日本らしいレトロな雰囲気は、鉄筋コンクリートでできたビル群とは違う温かみがあり、外国人にも受けが良いそう!新宿ゴールデン街には、リラックスして飲める、賑やかな空間が広がっています。

東京の新名所として定着!東京スカイツリー

晴天の東京スカイツリー
photo by shutterstock

東京の新観光スポットとして人気の「スカイツリー」。高さ634メートルから眺める東京の景色は、まさに圧巻!日中の景色も素晴らしいですが、特に夜の夜景は必見!キラキラと輝く夜景がロマンチックで、デートにもオススメです。

展望デッキには「下町の心意気と風情」を大切にした日本料理店があります。ファミリーでの東京観光で利用すると、一生の思い出になると思います。また展望デッキにはカフェもあり、美味しいドリンクと眺望が楽しめます。

■詳細情報
・名称:東京スカイツリー
・住所:東京都墨田区押上1丁目1-13
・アクセス:各線押上駅から徒歩で3分/とうきょうスカイツリー駅から徒歩で1分
・マップ:
・営業時間:8:00~22:00(最終入場21:00)
・電話番号:03-5302-3470
・料金:大人2,060円、中人1,540円、小人930円
・公式サイトURL:http://www.tokyo-skytree.jp/

世界各国から多くの人が訪れる、浅草雷門

浅草のランドマーク浅草雷門
photo by shutterstock

浅草寺のシンボルといえば、やはり「雷門」!平日であっても、世界各国からの観光客や、浅草の観光スポットを巡る人力車などで賑わう場所です。写真撮影の場所としてもグッド◎

「雷門」がある浅草寺は東京の歴史を感じさせる観光スポットです。浅草寺のはじまりは628年にさかのぼります。江戸時代には徳川幕府の祈祷所として栄え、現在に至ります。東京の歴史が感じられるスポットして「雷門」は東京一日観光に組み入れたいですね。

■詳細情報
・名称:浅草雷門
・住所:東京都台東区浅草2丁目3-1
・アクセス:浅草駅から徒歩で5分
・マップ:
・電話番号:03-3842-0181
・公式サイトURL:http://www.senso-ji.jp

パンダに夢中!上野動物園

上野動物園のゴリラ
photo by shutterstock

日本で最初に開園した「上野動物園」は、現在、約400種3000点の動物を飼育しています。

全国でもトップクラスの来園者数を誇り、1日では見回れないほど広大!動物の生息環境を再現した工夫溢れる展示方法も見ものです。

上野動物園は一日中楽しめる観光スポットですが、2時間でサクッと見学したい場合は開園と同時に入園することをおすすめします。入園したら、上野動物園の目玉であるパンダからスタートしましょう。パンダは東園の近くにいます。

■詳細情報
・名称:上野動物園
・住所:東京都台東区上野公園9−83
・アクセス:上野駅から徒歩10分f
・マップ:
・営業時間:9時30分~17時(入園および入園券の販売は16時まで)
・定休日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)
・電話番号:03-3828-5171
・料金:大人600円、65歳以上300円、中学生200円
・公式サイトURL:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

東京の象徴といったら東京タワー

東京タワー
photo by shutterstock

1958年に開業した「東京タワー」。昔から東京のシンボルとして親しまれており、山手線のほぼ中央に位置します。東京タワー内には、カフェやレストラン、アミューズメントなどもあり、展望以外も楽しめるのがまた嬉しいところです。

東京タワーは雨の日の観光スポットとしてもおすすめです。もし時間があれば東京タワーが主催するツアー「東京タワートップデッキツアー」に参加してみましょう。このツアーでしかトップデッキには行けません。

■詳細情報
・名称:東京タワー
・住所:東京都港区芝公園4-2-8
・アクセス:赤羽橋駅から徒歩5分
・マップ:
・営業時間:9:00~22:00
・定休日:年中無休
・電話番号:03-3433-5111
・料金:■大展望台 + 特別展望台 大人 (高校生以上)1,600円、子供 (小中学生)1,000円、幼児 (4歳以上)800円
・所要時間:1時間
・公式サイトURL:http://www.tokyotower.co.jp/

東京のクールな名所、六本木ヒルズ

夕暮れの六本木ヒルズ
photo by shutterstock

集合住宅「六本木ヒルズ レジデンス」やホテル「グランドハイアット東京」など、様々な文化施設や商業施設が複合されている「六本木ヒルズ」。

数多くのイベントが開催されるなど、流行の発信地としても人気です。

いろいろな楽しみ方がある六本木ヒルズですが、一番のおすすめは六本木ヒルズ森タワー53階にある「森美術館」です。ここは2003年に開館した現代的な美術館で、「MANデジタル」など新しい試みも積極的に取り入れています。

■詳細情報
・名称:六本木ヒルズ
・住所:東京都港区六本木6-10-1
・アクセス:東京メトロ 日比谷線六本木駅より徒歩3分
・マップ:
・営業時間:24時間解放
・電話番号:03-6406-6000
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.roppongihills.com

世界中のおしゃれが集まる、表参道ヒルズ

東京のおしゃれスポット表参道ヒルズ
photo by shutterstock

表参道のランドマークとして注目を集めている「表参道ヒルズ」。建築家に安藤忠雄氏を迎え、周辺の景観と環境との調和を第一に考えて作られました。

流行の最先端をいく表参道ヒルズは東京観光をするカップルにおすすめなスポットといえます。館内は服やアクセサリーを取り扱う店舗が多く、それほど移動せずにショッピングが楽しめます。またおしゃれなカフェからレストランまであるため、お食事も困りませんよ。

■詳細情報
・名称:表参道ヒルズ
・住所:東京都渋谷区神宮前4丁目12番10
・アクセス:
東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」A2出口より徒歩2分
東京メトロ千代田線、副都心線「明治神宮前〈原宿〉駅」5出口より徒歩3分
・マップ:
・営業時間:11:00〜(サービス施設によって閉店時間は異なる)
・電話番号:03-3497-0310
・公式サイトURL:http://www.omotesandohills.com

東京の代表的スポット、明治神宮

明治神宮
photo by shutterstock

パワースポットとして有名な「明治神宮」も、東京観光には外せません。大都会にあるとは思えないほど自然豊かな場所で、また参道付近にある「CAFE 杜のテラス」は休憩にぴったりの場所だと評判です。

もし時間があれば「明治神宮ミュージアム」に立ち寄ってみましょう。ここでは明治神宮に関する資料はもちろん、明治天皇の御尊影や明治天皇が乗られたイギリス製の国儀車も展示されています。東京、日本の歴史をリアルに感じられる場所です。

■詳細情報
・名称:明治神宮
・住所:東京都渋谷区代々木神園町1−1
・アクセス:
原宿口<南口>JR山手線「原宿」駅 東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前<原宿>」駅
代々木口<北口>JR山手線「代々木」駅 都営地下鉄大江戸線「代々木」駅 東京メトロ副都心線「北参道」駅
参宮橋口<西口>小田急線「参宮橋」駅
・マップ:
・営業時間:季節や行事などにより異なる
・電話番号: 03-3379-5511
・公式サイトURL:http://www.meijijingu.or.jp

東京に来たら一度は訪れたい、皇居外苑

皇居外苑
photo by shutterstock

東京都心最大規模の緑地であり、ランニングや散策にも人気の「皇居外苑」。毎月第4木曜日には皇居御苑への理解を深めるガイドツアーなどもあるので、興味のある方は是非一度参加してみてはいかがでしょう?

東京で美しい花を見るなら春の皇居外苑がおすすめです。千鳥ヶ淵沿いには約200本の桜が植えられており、シーズンになると本当に美しいです。また、お堀に目をやると白鳥や渡り鳥が見えます。このように皇居御苑は東京で自然を感じるにはうってつけのスポットです。

■詳細情報
・名称:皇居外苑
・住所:東京都千代田区千代田
・アクセス:
東京メトロ千代田線 二重橋前駅 B6または2出口より徒歩約2分
東京メトロ日比谷線 日比谷駅 B6または2出口より徒歩約2分
東京メトロ有楽町線 桜田門駅 3出口より徒歩約8分
JR東京駅・有楽町駅より徒歩約10分
・マップ:
・営業時間:24時間開放
・電話番号:03-3213-0095
・公式サイトURL:http://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/

東京お台場ならここ!ダイバーシティ東京プラザ

ダイバーシティ東京プラザ
photo by pixta

「ダイバーシティ東京プラザ」は、お台場の中心となる複合商業施設です。劇場型都市空間をコンセプトにしており、ショッピングのみでなく、レジャーやグルメも楽しめる場所です。

たとえば「東京グルメスタジアム」は東京の名店、13店舗が集結する食のエンターテイメント。バラエティあふれるお食事の数々に、きっと驚かれると思います。「ダイバーシティ東京プラザ」は商業施設であるばかりか、屋内で楽しめる観光スポットです。

■詳細情報
・名称:ダイバーシティ東京プラザ
・住所:東京都江東区青海1-1-10
・アクセス:ゆりかもめ「お台場駅」から徒歩5分
・マップ:
・営業時間:10:00~21:00(ショッピング)、10:00~22:00(フードコート)
、11:00~23:00(レストラン)
・電話番号:03-6380-7800
・公式サイトURL:http://www.divercity-tokyo.com

お台場もう一つ観光地、フジテレビ本社ビル

フジテレビ本社ビル
photo by pixta

球体型の展望室が特徴的な「フジテレビ本社ビル」も、お台場に行ったら欠かすことのできない観光スポットです。

7階にはフジテレビグッズも販売しており、お土産として人気です。

「フジテレビ本社ビル」は東京を代表するデートスポットとしても有名。25階にある球体展望室「はちたま」からは東京を一望でき、冬の日没時間帯だとライトアップされたレインボーブリッジが見られます。ただし、展望室の営業時間は18時までなのでご注意を。

■詳細情報
・名称:フジテレビ本社ビル
・住所:東京都港区台場2丁目4-8
・アクセス:ゆりかもめ「お台場駅」から徒歩3分
・マップ:
・営業時間:10:00~20:00
・定休日:月曜日(月曜日が祝日の時は翌日)
・電話番号:03-5500-6075
・料金:高校生以上¥500、小中学生¥300、幼児無料
・公式サイトURL:http://www.fujitv.co.jp/index.html
ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング