ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

こんにちは。写真家の上田優紀です。6月中旬にフィンランド西海岸への取材を行ってきました。

フィンランドには7つの世界遺産があり、その一つにラウマの旧市街があります。

前回ご紹介したヴァーサから西海岸を南下していくとこの旅のハイライトとも言えるラウマに到着するのですが、絵本のような可愛すぎる街並みとはいったいどのようなものなのでしょうか?

今回は日本ではまだあまり知られていない世界遺産、ラウマの旧市街についてレポートしたいと思います!

本特集「まだ見ぬフィンランド」のコンテンツまとめ
第1話:国の玄関口「ヘルシンキ」は夏でも楽しめる街だった
第2話:年に一度のお祭り騒ぎ!「ヘルシンキデー」は街中に食と音楽が溢れてた
第3話:唯一の世界自然遺産クヴァルケン群島に言葉を失う
第4話:静かに広がる絵本の世界。世界遺産「ラウマの旧市街」を歩く
第5話:大自然が育んだ、ぜいたくな伝統料理に舌鼓
第6話:人に優しくなれる国。西海岸で過ごした、癒しの6日間

 

ラウマってどんな街?

-0030

photo by yukiueda

フィンランドで3番目に古い街のラウマは北欧で最も古い木造建築の街で、その旧市街は1991年に世界遺産にも登録されました。

世界遺産の街並み以外にもボビンレースでも有名で毎年7月の下旬にボビンレースのお祭りも開催されます。

 

可愛すぎる旧市街を歩いてみよう

-0037

photo by yukiueda

-0032

photo by yukiueda

-0034のコピー

photo by yukiueda

ラウマに着いたら早速旧市街を歩いてみましょう!旧市街はおよそ0.3㎢の小さな町なのでゆっくりと歩いて周ることができます。

1600年代の大火を経て18世紀に再建築されたカラフルな建物や石畳の街並みはまるで絵本の中の世界のようで、時間も忘れてしまうほど夢中になってしまうこと間違いありません!

ちょっと疲れたらカフェに入ってゆっくりと静かな街並みをながめてみましょう。まるで自分がおとぎ話の住人になったような気分になれます。

 

なんでこんなにもカラフルなの?

-0036

photo by yukiueda

港町のラウマではもともと男性の40%が海に携わる仕事をしていたそうです。

長い航海や漁から帰ってきた時に遠くからでもすぐに自分の家が分かるように家に色を塗ったのが、このカラフルな街並みの始まりでした。

 

ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧