ライター
Ayaky ソムリエ

旅するソムリエ カナダとスペインに住み今までに30カ国以上訪問 美味しいワインと食事を求めてまだまだ旅の途中 自然の中ではしゃぎ、美味しい物に涙し感性豊かに旅をしています

スペインで見つけたアートはどこか興味深い


こちらは、ホテルが入っている建物です。1階にはとても良い雰囲気のレストランも併設されいます。しかし良く見てみると「目」のようなオブジェが無数についています。人々の目を惹きますが、少し不気味ですよね。


もっと凄いのが建物の後ろです。これでもかという程に奇妙なオブジェで埋め尽くされています。地元の人はもうこの景色を見慣れているようで写真を撮っている人やびっくりしている人は見当たりませんでした。しかし私はなぜか奇妙な建物に魅せられてしまい大興奮でした。


ビールの王冠を組み合わせて作っているふくろう(だと思われる作品)を見つけました。スペインではガイドブックで紹介されるようなアートなエリアや道があるわけではないのですが、街を歩いていると落書きの様に描かれた作品に急に出会うことがあります。友人と話しながら歩いていると、ついつい通り過ぎてしまうことがあります。


こちらは、スペインのバレンシアで見つけたウォールアート。よく見るとヒゲが全て蛇で描かれています。ヒゲの感じやアイディアがどこかヨーロッパらしさを彷彿とさせています。

旅先でいつもチェックするもの


私が旅先で必ずチェックする物は「看板」です。海外で見かける看板はとても可愛く、おしゃれだなと感じますし、日本はなかなか見かけないようなデザインや発想のものがあり、つい写真におさめたくなってしまうんです。上の写真はドイツで見つけた靴屋さんの看板。ひと目で靴屋さん!とわかるデザインに惹かれました。


こちらも同じくドイツで見つけたカフェの看板です。特徴的な女性がジェラートを持っているこちらの看板はとても目をひきました。


フランスで見つけたワインショップの看板はワインボトル、グラスが立体的にデザインされている所がユニークでおしゃれ。


オーストリアで見つけたパン屋さんの看板。夜はお店が閉まっているのに、一際目立つ蛍光色で光っていた看板です。まるでロゴのような看板でした。


スペインで見つけたカフェの看板です。お店の雰囲気にあった色使いやレトロな感じに一目惚れしてしまいました。


ロンドンにあるオイスターが人気のレストランです。オイスターの写真をそのままお店の看板に使っていて、リアルなオイスターがとても気に入りました。こちらは狭い道にあるレストランですがこの看板のおかげですぐにお店を見つけることができました。

街歩きの楽しみのひとつに

アートを巡る目的でなくても、旅先にはたくさん素敵な作品が溢れています。街を歩いているときもぜひ辺りを見回してみてください。

また、様々な国でウォールアートや看板を見ていると、なんとなくエリアごとに特徴や似ているところがあったりします。そういった発見も楽しみの一つでもあります。

ストリートアートや看板など素敵なアートをみると感性が刺激されますよね。アートを楽しむことは脳にも心にも良い刺激であると私は思っています。ぜひ脳と心の栄養のために旅先では素敵なアート作品を楽しんでみて下さい。

All photos by Ayaky

ライター
Ayaky ソムリエ

旅するソムリエ カナダとスペインに住み今までに30カ国以上訪問 美味しいワインと食事を求めてまだまだ旅の途中 自然の中ではしゃぎ、美味しい物に涙し感性豊かに旅をしています

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング

EVENT

イベント一覧