ライター
さかち 死ぬまでに全ての国を訪れることが夢です♡

旅行とお酒が大好きなアラサー女子(もう女子ではない…)です。 同じく旅行とお酒が好きな旦那とモロッコのサハラ砂漠で出会って結婚。 2016年4月から約1年間、人生の夢であった『夫婦で世界一周』にも行ってきました! 今は旅行の楽しさや世界の美しさをいろんな人に伝えていくことが夢です♪

ベケット・アタでの一連の儀式

photo by さかち

そんな感動の景色を眺めながら、2.5時間ほど車で進むと、ベケット・アタに到着します。到着したときから、ベケット・アタでの一連の儀式の始まりです。

まず、アタ(寺院)の敷地内に入るには、水瓶に入った「聖水」で全身を清めないといけません。そして、男性も女性も髪の毛を隠す必要があります。

身体を清めた後は、信者の皆様が持ち寄ったお菓子やチャイをいただきます。しばらくすると指導者が現れ、その方のお祈りを聞きます。

祈りを聞く間は自分の両手のひらを見つめ、祈りが終わるとその手で顔を上から下になぞります。そして、ここからが本番です。そう、白亜の大地の中を下に進み、「地下モスク」に向かうのです。

photo by さかち

20~30分ほど降りると、ようやく聖地である「地下モスク」に到着しました。そして、地下モスクの中に入り、再び指導者の祈りを聞きます。

祈りが終わると、数人の女性と私だけがさらに小さな洞窟に案内されました。どうやら、その小さな洞窟が子供ができるようにお願いする部屋のようです。

中は電気も何も無く、換気も無いので少し息苦しい…。そんな中で、一緒に入った女性2人が祈りを唱えながら、号泣し始めました。それは、見ているこちらが戸惑うほど、狂気を感じるものでした。

みんなは、本当に子供ができなくて悩んでいるのでは…。そんな大事な空間に、私が一緒にいて良いのだろうか…。私は祈るどころでは無く、そんなことばかり考えていました。

その後、1本の木が置かれている部屋に行き、その木の周りを3周して、指導者から渡されたスカーフを木に巻き付けました。

小さな洞窟で号泣していたみんなは、ここでも号泣しながらスカーフを巻きつけていました…。

 

神様はいるのかもしれないと思った

photo by さかち

私は正直、神の存在は信じていません。でも、きっとここに祈りに来ている信者の方々の中には、「確かに神は存在している」のだろうと思いました。

そして、涙を流しながら必死に祈りを捧げている皆様に向かって、「神様なんていないよ」とは口が裂けても言えませんでした。

その瞬間、私の中にも「神の存在」を感じることができたのです。それは、初めての感情だったかもしれません。

それから洞窟の外に出ると、目の前に広がる広大な大地に、雲の切れ間から太陽の光が降り注いでいました。神が大地に降りてきているのかな…と感じずにはいられない光景でした。

photo by さかち

■詳細情報
・名称:ベケット・アタ
・住所:Mangistau, Kazakhstan
・アクセス:ジャナオゼンから車で約2.5時間/アクタウから車で約3時間(アクタウからは現地ツアーあり)
・料金:入場は無料
・所要時間:2~3時間

 

家に帰れば昔の日本を味わえる

photo by さかち

そんな体験をしてベケット・アタを後にしました。ノリさん一家の家に帰ると、おじいちゃん、おばあちゃん達に、「これで子供ができるわよ!」と励まされました。

完全に、子供ができないことに悩んで、はるばる日本からベケット・アタにやってきた夫婦だと思われていたようです。

あ、ありがとうございます…!そんな純粋なノリさん一家が本当に大好きになりました。

ベケット・アタにお祈りに行った日は、「ベシュバルマク」というカザフスタンの家庭料理を食べると決まっているそうです。

超太いうどんの上に、ジャガイモや羊肉、玉ねぎやトマトが乗っている料理。それを、みんなで囲って手で食べます!

photo by さかち

これが非常に美味しい。ぜひカザフスタンのお宅にホームステイをして食べてみていただきたいほどです。

食事の後、男性陣はウォッカを飲んで酔っ払い、顔を真っ赤にしながらそのまま寝る。若い奥さんが全ての片付けを一人でする。子供達はテレビを見たり、部屋に戻ったり。

あぁ、なんだかひと昔前の日本みたいだなーと思い、ほっこりとした気分になったのでした。

 

まとめ

いかがでしたか?西カザフスタンの魅力が少しでも伝わったでしょうか?日本から気軽に行ける場所ではないため、オススメしにくいところではありますが…。

治安も良いですし、人々もとってもフレンドリーで優しいカザフスタン。

・世界の秘境に興味のある方
・宗教に興味のある方

は、ぜひぜひ訪れてみていただきたいです。観光地化が進んでしまう前に、ぜひあなたも西カザフスタンへ!

ライター
さかち 死ぬまでに全ての国を訪れることが夢です♡

旅行とお酒が大好きなアラサー女子(もう女子ではない…)です。 同じく旅行とお酒が好きな旦那とモロッコのサハラ砂漠で出会って結婚。 2016年4月から約1年間、人生の夢であった『夫婦で世界一周』にも行ってきました! 今は旅行の楽しさや世界の美しさをいろんな人に伝えていくことが夢です♪

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング