ワークアウェイ(workaway)を使ってみた!英語が苦手な僕の体験談

Pocket はてブ

こんにちは!旅する一人編集長のコバヤシヨシトモです!今回はワークアウェイ(workaway)について紹介していきます。

「ワークアウェイって、聞いたことあるけど、実際にどうなの?」「どれくらい働くの?」「本当に安全?」「使い方のコツは?」

などなど、みなさんの気になるポイントを僕の体験談と共に説明していきます。それでは、早速いってみましょう!

 

ワークアウェイ(workaway)の紹介

ワークアウェイ(https://www.workaway.info)とは?

ホストは部屋と食事をゲストに無料で提供。その代わりに、ゲストはホストに依頼された仕事をこなすサービスです。つまり、「タダで泊まれて食事もあげるから、お手伝いよろしくね!」ということです。

このサービスは、多くのバックパッカーが使っており、滞在期間は1週間~1年などホストやゲスト次第になっています。基本的に、最低でも1週間長期滞在を希望するホストが多いですね。

仕事内容は主に家事・ベビーシッター、ペットの世話、農業、ホステルのサポートが一番多く、その次にDIY、学校のボランティア、イベントスタッフ、観光ツアーのサポートなどがあります。

流れとしてはワークアウェイのホームページで会員登録をして、ホストを検索し、メッセージでアポイントを取り、ホストの家に泊まりに行く。このような流れです。

詳しいワークアウェイの魅力、webサービスの目的、仕組み、使い方、注意点について、詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

▶︎workawayで働きながら旅をする方法

それでは、体験談を紹介していきます!

 

シングルマザーの家事手伝い(シンガポール)

家族構成:母親、子ども(男の子)
仕事内容:食事の準備、家事手伝い、家の掃除、ペットの世話
労働時間:1日5~8時間
ゲスト :全4名(自分とその他3名)

 

【1日のスケジュール】

6:00~  9:00 犬の散歩、朝食の準備、家の掃除
11:00~12:30 昼食の準備、犬の散歩
18:00~20:00 晩御飯の準備、犬の散歩

 

ここは正直、かなりの仕事量でした。ゲストが4人もいて本当に良かったです。僕は料理が全然できないので、他の3人に任せて、毎日犬と戯れて楽しい生活。

……ともいかず、元気いっぱいなワンちゃんだったので引きづり回されてました。朝早くからワンちゃんに引きづり回されるのは、いい運動でしたね。

 

ちなみに、ここのホストは放任主義で、「食事ができたら読んでちょうだいね。」といった感じで、部屋にこもって仕事or子どもの勉強をしていました。

この家にはお風呂が2つあり、ゲスト用お風呂、ホスト用お風呂と分かれていたので、みんな自由気ままに過ごせていました。仕事量は多かったものの、のんびり過ごせました。

そして12月31日に休日を貰い、シンガポールの街中で優雅に年越し!のはずが。まさかの、土砂降りの大雨。とりあえず、植物園にいた時間は無事だったのがせめてもの救い。

ある意味で、最高の年越しになりましたね。

 

老夫婦農場でファームステイ(オーストラリア)

家族構成:老夫婦2人
仕事内容:家畜の世話、農業の手伝い
労働時間:1日6~8時間
ゲスト :1名(自分だけ)

 

【1日のスケジュール】

8:00~11:00 鶏の世話、野菜への水やり
14:00~18:00 家の掃除

 

ここは、オーストラリアのパースから200km南に降ったところにある町の農場でした。老夫婦2人で管理してる無農薬野菜を育てる農場なので、とにかく手間がかかる!

僕は10日間滞在していましたが、大半は畑の掃除、整備に時間を使っていました。そして朝昼晩のニワトリの世話、その他追加で仕事の依頼があれば対応といった感じでした。

その他の仕事は、他の農場に行ってフルーツピッキング、出荷前の野菜、フルーツの仕分けの仕事をしていました。食事は、朝と昼は自分で冷蔵庫をあさって準備する。夜は、おばあちゃんが毎日カレーを作ってくれました。

おばあちゃんと良く話をしていて、農業のビジネスの話から、休日に2人きりでチョコレート工場、ワインセラー、海にデートに行ったりと、楽しい体験ができました。

ここでの1番の思い出は、オーストラリアで皆既日食に出会えたこと。

オーストラリアのど田舎なので、月が隠れると本当に真っ暗!しかし月がなくなった空には、「これでもか!」と星たちが光り輝いていて、とてつもなく感動したのを覚えています。

まるで馬鹿でかい、プラネタリウムのように、天の川までくっきり見えていました!旅の中での1番の絶景かもしれません。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

コバヤシヨシトモ
旅する一人編集長
世界一周しながら、"くらしをつくる" をテーマにWebメディアなど色々やってます。TABIPPOでは、マニアックな旅の情報発信をしていきます。僕のHPもぜひご覧ください。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

旅行のWEBサービス

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品