writer
miki ディズニー大好き

ディズニーが好きすぎて週1で通い続け気づけば4年...ディズニーに飽きるかと思いきや海外ディズニーに魅了され今では東京ではなくて香港の年パスを所持。

夢の国、ディズニーランド。現在アメリカのフロリダとアナハイム、香港、上海、パリ、日本と、その数は世界に6ヶ所!(「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ」は除く)

それぞれのディズニーランドに個性があり、どこに行っても楽しめるようになっています!今回はその世界中のディズニーランドの個性をまとめました!

*編集部追記
2017年8月25日に公開された記事に、追記しました。(2017/10/04)

「フロリダのディズニーリゾート」で絶対外せないアトラクションとレストランを厳選!

いまTABIPPOがおすすめしたい記事

フロリダ・ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(アメリカ、フロリダ州オーランド)


photo by 桃

▼ウォルト・ディズニー・ワールド公式サイト

アメリカにあるフロリダ・ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、4つのディズニーパークに2つのディズニーウォーターパーク、ゴルフコース、20のもリゾートホテル等が存在する世界最大のアミューズメントリゾート。日本からの直行便は現在ありませんが人生で一度は行ってみたい場所です。

広さはなんと約122km²!広すぎます。すべてのパークを満喫するには1週間以上の滞在がおすすめです。中には1カ月滞在する人もいるみたい。

もちろん、その規模の大きさから、世界のディズニーリゾートの中でトップの来場者数を誇っています。

フロリダ・ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのアドバイス


photo by 桃

私がフロリダに行ったときは、シカゴ乗り換えでした。(日本からの直行便はありません)だいたい17時間ぐらいかかりました。8日間で約25万円。飛行機・ホテル・チケットが含まれているツアーでした。

初心者がいきなり行くにはオススメできないですが、人生で一度は行ってほしいです。広いウォルト・ディズニー・ワールドからピックアップした4つのテーマパークをご紹介します!

マジックキングダムパーク


photo by 桃

ウォルト・ディズニー・ワールドと共に、1971年10月1日に開園。マジックキングダムパークは 魔法の王国がテーマです。シンボルは中央に位置するシンデレラ城で、後に東京ディズニーランドのモデルにもなりました。

テーマランドもアドベンチャーランドやファンタジーランド、トゥモローランドなどがあり、アトラクションも東京ディズニーランドにあるようなものがたくさん。これぞディズニーランドといったパークです!

エプコット

エプコットは、1982年10月1日にウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで2番目のディズニーパークとして開園されました。未来の生活と世界旅行がテーマになっています。

ここのシンボルはパークの中央に位置する巨大な銀色の球体型をした建造物「スペース・シップ・アース」です。「常設の博覧会」と言われていて、園内はテクノロジーを体験する展示やアトラクションがたくさん!

世界各国のパビリオンが立ち並んでいて、日本の五重塔や姫路城のモデルもあるのだとか。

ディズニー・ハリウッド・スタジオ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Walt Disney World(@waltdisneyworld)がシェアした投稿


ディズニー・ハリウッド・スタジオは1989年5月1日に開園。映画がテーマになっています。このリゾートで3番目のディズニーパークです。ここのシンボルになっていた「ソーサラー・ハット」は現在撤去されています。

東京ディズニーランドにある「スターツアーズ」、東京ディズニーシーで大人気の「トイ・ストーリー・マニア」はこのディズニー・ハリウッド・スタジオにあります。

ディズニー・アニマルキングダム

どこかの秘境にも見えるここは本当にディズニーランドなのでしょうか?実は、ここもれっきとしたひとつのテーマパークなのです!

ここ、アニマルキングダムは1998年4月22日にディズニー・ワールド・リゾートで4番目のディズニーパークとして開園しました。

シンボルはパークの中央に位置する巨大な樹「ツリー・オブ・ライフ」。本物の野生動物の暮らすジャングルやサバンナなどのエリアと各種アトラクションが混在するとてもにユニークなテーマパークです!

2017年5月27日に新しくオープン!


photo by hiiton

映画「アバター」の世界がここに!「パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター」

アトラクションは2つ。レストラン・ショップ・軽食ショップがあります。アトラクションはもちろん、ここのエリアを作るのに6年の歳月がかかっているんです!

アバターをイメージしたカラフルな食事。お土産用のポップコーンは青です!青いポップコーン!見たみたいです。アバターの世界が楽しめるのは現在ここウォルト・ディズニー・ワールドだけです。

カリフォルニア・ディズニーリゾート(アメリカ、カリフォルニア州アナハイム)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Disneyland(@disneyland)がシェアした投稿


アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス近郊のアナハイム市の南西部に1955年にオープンした、世界で一番最初に作られたディズニーランド。ディズニーランドの聖地とも言われています。

また、2001年2月に、ディズニーランドの向かい側にカリフォルニア州をテーマに作られたディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーが作られました。

こちらのパークは園内でアルコールが販売されているなど、少し大人向けのパークになっています。フロリダに比べ日本から行きやすく広すぎることもないので観光しやすいです!

カリフォルニア・ディズニーリゾートのアドバイス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Disneyland(@disneyland)がシェアした投稿


初めての海外ディズニーがこのカリフォルニア・ディズニーランドでした。ここで、海外ディズニーに目覚めました。

私、カーズが好きなんです!実際にカリフォルニアに行く直前にカーズランドが楽しみすぎて映画「カーズ」を見たんですが、カーズランドの再現度の高さに驚かされました!行く予定の人は、見てください。圧倒されます。

この再現度の高さは、海外(アメリカ)ならではだと思います。パークの広さの違いもありますが、この感動は日本と違います。日本から直行便があるのでフロリダより行きやすいし、大きなパーク2つで向い合せなので3日あれば楽しめると思います。

飛行機はロサンゼルス空港を利用して約10時間でした。

ワールド・オブ・カラー

ここに来た際に絶対に外せないのがコチラの水上ショー。「ワールド・オブ・カラー」。強力な噴水を使って世界最大のウォータープロジェクションスクリーンを作り出し、そこにお馴染みのディズニーキャラクターたちが水の画面に映し出されます。

数百にも設置された美しい噴水、鮮やかな色彩、そして最先端の音響的・視覚的特殊効果を組み合わせて、見る人すべてを魅了します!

鑑賞スペースに入るにはチケットが必要になります。また、風向きによっては霧状の水がかかります。

カーズランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Disneyland(@disneyland)がシェアした投稿


世界でまだここにしか無いエリアが「カーズランド」。ディズニーピクサー社の超人気映画「カーズ」をテーマにしたエリアになっています。

実際に映画で登場した町を模した作りになっているので、カーズファンにとってはたまらないエリアとなっています。

さらに!このエリアだけの広さでなんと東京ドーム1個強!一つ前のウォルト・ディズニー・ワールドには及ばないものの、こちらのカリフォルニア・ディズニーランドもかなりの大きさを誇っています!

「フロリダのディズニーリゾート」で絶対外せないアトラクションとレストランを厳選!

いまTABIPPOがおすすめしたい記事

writer
miki ディズニー大好き

ディズニーが好きすぎて週1で通い続け気づけば4年...ディズニーに飽きるかと思いきや海外ディズニーに魅了され今では東京ではなくて香港の年パスを所持。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング