writer
miki ディズニー大好き

ディズニーが好きすぎて週1で通い続け気づけば4年...ディズニーに飽きるかと思いきや海外ディズニーに魅了され今では東京ではなくて香港の年パスを所持。

ディズニーランド・パリ(パリ、マルヌ・ラ・ヴァレ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Where Magic Gets Real ✨(@disneylandparis)がシェアした投稿


1992年4月12日に開園した世界で4番目のディズニーパーク。開園当時の名称は「ユーロディズニーランド」。現在の正式名称は「ディズニーランド・パリ」です。

シンボルはカリフォルニアのディズニーランドや香港ディズニーランドと同じ「眠れる森の美女の城」だが、パリのものだけ外観が異なっている。少し前にTwitterでこのピンクのお城が話題になり、「女子力の高いディズニーランド」ということで一役有名になりましたね!

パリのディズニーランドは、人気がない。と言われることが多いようですが他のパークに比べオリジナルのアトラクションが多いため楽しめます。「レミーのおいしいレストラン」のアトラクションはここにしかありません。

ディズニーランド・パリのアドバイス

私がまだ行ったことのないパリ!物価が高い!と行った人に言われます。個人的には「レミーのおいしいレストラン」に行きたい!

東京ディズニーランドでの思い出がよみがえる。パレード「ディズニー・ファンティリュージョン!」がなんとここディズニーランド・パリで再演されていたり、最近ではイースターの曲が使われていたりと日本での終演でショックを受けつつ世界に発信される嬉しさ。

日本から飛行機で約12時間。パリ市内から地下鉄で45分かかるようです。

スペースマウンテンミッション2

ディズニーランドパリに行った際に乗りたいアトラクションがこれ。「スペースマウンテン・ミッション2」です!世界の他のスペースマウンテンとは大きく外観が異なっています。

内容も異なる部分が多く、スタートはゆっくりレールを登るのではなく、発射台から勢いよく加速して一気に頂上に達し、そのまま急降下を開始する仕様になっています。

車両にはスピーカーが搭載されていて、重厚な音楽に合わせて宇宙空間が変化します!コースには360度回転やコークスクリュー回転する箇所もあり、スピードも速いので、ローラーコースターとしても普通に楽しめるスリルになっています!

ディズニードリーム(すでに終了しています)

その規模の大きさ、壮大さ、綺麗さはどれも一級品です!ディズニーランド・パリのシンボルである美女と野獣のお城を目一杯使ったこのプロジェクションマッピングは見た人全員を魔法の中に引き込みます!

上海ディズニーリゾート

2016年にオープンした上海ディズニーリゾート。ディズニーパークの象徴ともいえる「シンデレラ城」「眠れる森の美女城」ではなく、「奇幻童話城堡(Enchanted Storybook Castle/魔法がかかった童話のお城)」と命名され、高さは史上最大の60mとなっています。

なんといっても最大の特徴はすべてのプリンセスが集まるんです!

日本から一番近い!飛行時間は約3時間ほど。

上海ディズニーリゾートのアドバイス

上海ディズニーだけでなく、中国ではLINEやfacebookなどの使用が制限されています。wi-fiをレンタルする際にはご注意ください。

トレジャー・コーヴ

ディズニー史上初の海賊をテーマにしたエリア。最新技術を使用した「カリブの海賊 Pirates of the Caribbean: Battle of Sunken Treasure」で、アニメーションやセット、ボートがスピンしたり、バック走行したりとレベルアップされています。

その他にも、ジャック・スパロウ船長が主役のスタントショー「Eye of the Storm: Captain Jack’s Stunt Spectacular」やバルボッサのレストラン「Barbossa’s Bounty」など盛りだくさん!

タングルド・ツリー・タバーン

「塔の上のラプンツェル」でおなじみのラプンツェルからレストランが登場。映画に登場した荒くれ者たちの酒場「「Snuggly Duckling」がモチーフに。

ラプンツェルをテーマにしたレストランは世界初!

まとめ


photo by 桃

行きたくなったディズニーランドはあったでしょうか。休みにディズニーランドに行く際には海外のディズニーランドも候補に入れてみることをおすすめします。きっと忘れられない想い出になるでしょう。

もっとディズニーを楽しみたい方に、人気の商品はこちらです

created by Rinker
講談社
¥1,375 (2020/07/12 22:14:52時点 Amazon調べ-詳細)
writer
miki ディズニー大好き

ディズニーが好きすぎて週1で通い続け気づけば4年...ディズニーに飽きるかと思いきや海外ディズニーに魅了され今では東京ではなくて香港の年パスを所持。

RELATED

関連記事