コーヒー生産の文化的景観

コーヒーの生産地が世界遺産!?「コロンビア」の世界遺産まとめ

コーヒー生産の文化的景観
Pocket はてブ

南米のコロンビアといえば、どんなイメージでしょうか?アンデス山脈の中腹に位置し、カリブ海と太平洋に面したコロンビアの特産品はコーヒーとエメラレルド。おなじみの缶コーヒー「エメラルドマウンテン」はコロンビアの豆を使っています。

日本から遠く旅行する機会が少ない国ですが、今回はコロンビアの世界遺産をご紹介します。「コーヒー生産の文化的景観」が世界遺産入りしているのは、まさにコロンビアらしさですね。

 

サンタ・クルーズ・デ・モンポスの歴史地区

スペインの植民地時代からのコロニアル様式の街並みが残る歴史地区です。見所は八角形の塔と建つサンタ・バルバラ聖堂。

他にはサン・アグスティン教会、サント・ドミンゴ教会や修道院などがありますが、一部の教会は要塞機能も持っていました。マグダレナ川とカウカ川の合流地近くにあったこの町は、洪水よけのため、盛り土の上に建てられています。

サンタ・クルーズ・デ・モンポスの歴史地区

photo by Luis Pérez

サンタ・クルーズ・デ・モンポスの歴史地区

photo by Luis Pérez

 

カルタヘナの港、要塞群と建造物群

スペイン人によって築かれたカリブ海に面したカルタヘナは、かつて貿易港として栄えました。海賊の襲撃に備えて築かれた要塞が残る美しい都市です。

歴史的建造物群にはスペイン紋章が刻まれた旧宗教裁判所や、大聖堂などがあります。植民地時代に「インディアスの真珠」とも称えられたこの街は、現在でもコロンビアで最も美しい港町とされています。

カルタヘナの港、要塞群と建造物群

photo by Roger

 

サン・アグスティン遺跡公園

アンデス山脈中のマグダレナ川上流に点在する多くの石彫りの遺跡で、おもなものだけでも30箇所に渡ります。500平方キロメートルの範囲に点在する石像や墳墓。

南米の宗教遺跡では最大規模で、造られた年代も紀元前5世紀から紀元後12世紀までと様々です。太平洋岸とカリブ海沿岸を結ぶ交易の要所だったこの地で人々は高度な文化を築き上げていたと考えられています。

サン・アグスティン遺跡公園

photo by Mario Carvajal

 

アンデス道路網、カパック・ニャン

ペルー、エクアドル、コロンビア、ボリビア、アルゼンチン、チリの6カ国で共同登録されている世界遺産です。インカ帝国が支配した海岸砂漠地帯とアンデス高山地帯を繋ぐ道路網で、全ての道路を合わせると6万キロにも達すると言われています。

情報の伝達や、王の移動ルートとして使用されており、元々あった道路がインカ帝国によって大きく広げられたものです。2014年に世界文化遺産に登録されました。

 

マルペロの動植物保護区

火山島であるマルペロ島周辺の海域には8つの海流が流れ、海洋生物のサンクチュアリとなっています。とりわけ、ジンベイザメ、ノコギリザメ、ジュモクザメ、クロトガリザメなどのサメ類などの大型魚類が多く生息しており、絶滅危惧種も存在するため禁漁区に指定されています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

コロンビアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧