現地ガイドが教える!メキシコに浮かぶコスメル島のおすすめダイビングポイント5つ

Pocket はてブ

ダイビングインストラクターとして世界を旅しています、Yauichiです。

メキシコに浮かぶ島、コスメル島をご存知でしょうか?現在僕はコスメル島でダイバーとして働いています。アメリカ人やカナダ人からは”ダイビングの聖地”として大注目の島ですが、日本人からすると全然馴染みの無い島ですよね。僕も働くまで存在も知りませんでした。

そんなコスメル島のおすすめダイビングポイント5つをご紹介します。メキシコにダイビング旅行の際は是非参考にしてみてください。

 

パランカルガーデン


photo by Yauichi

コスメル島の沖合にあるポイント。一般的に言う深場であり、ドロップオフの地形が特徴。最大深度は25m前後。

ドロップオフの壁に小さな根(大きな岩)がたくさんあり、その間を潜り抜ける様なアドベンチャー感溢れるダイビングが楽しめます。

photo by Yauichi

またダイブサイトの名前の通り、根の上にはコーラルがびっしりあり水中の庭のようです。そのコーラルの上ではカメがくつろいでいたり、綺麗な魚が泳いでいたり。

photo by Yauichi

ウチワサンゴがとっても綺麗なポイントでもあります。

photo by Yauichi

地形と魚、どっちも楽しめるまさに贅沢なポイントです。沖合のため、海況次第ではアクセスが厳しいポイントではありますが是非一度潜って頂きたいポイントです。

 

サンタロサウォール

photo by Yauichi

こちらも沖合の深場。深度は30m前後まで潜ることが多いです。ポイント名にある通り、ウォールダイビングを楽しむポイント。

ウォールダイビングとは水中の崖の様な場所に沿って泳ぐダイビング。下はどこまででも深い海が広がっており、まさにダイビングの”飛んでいるような感覚”を全力で味わえます。

photo by Yauichi

ここもウチワサンゴがとても綺麗なポイント。

photo by Yauichi

この写真の様に、右には崖左には底なしの海の中をまさに飛ぶように泳いでいきます。途中には岩の間に存在するケーブを潜って抜けるなど、冒険感たっぷりのダイブサイト。

photo by Yauichi

そして透明度がいい日には40-50mを誇るコスメルの海。30m前後からでも太陽の光がバッチリ入り、とっても気持ちよくダイビングができます。

 

セドラルパス

photo by Yauichi

ここは上記二つとは違い、ドロップオフや深場ではありません。最大深度18m前後のエリアにサンゴや海藻がたくさん自生して、宛ら海の中の草原の様な光景が広がっております。

そしてここの特徴は2つ。ドリフトダイビングと大物遭遇率です。

photo by Yauichi

コスメルの中でも強い流れが多いこのポイント。慣れている方であれば、自分で泳がずとも中性浮力を保つだけでどんどん進んでいける感覚が楽しめます。

そしてコスメル島中で一番海亀やサメとの遭遇率が高い。タイマイやアオウミガメ、ラッキーであれば上記写真の2m級アカウミガメに出会うこともあります。

photo by Yauichi

ナースシャークというおとなしいサメとの遭遇率も一番。流れの中を2〜3m級のサメがゆっくり泳いでいる姿は結構迫力物。

photo by Yauichi

また後半には小さな根も登場。その中に存在する小さなケーブを潜り抜けることもできます。

photo by Yauichi

根の影にはたくさんのフエダイが群れております。カメやサメはもちろん、たくさんのエンゼルフィッシュも見ることができる魚好きにはもってこいのポイントです。

ただしカメラ派ダイバーは要注意。流れが強いと写真をとる暇もなく流されてしまいます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

タイのタオ島産ダイビングインストラクター。 現在はメキシコのプラヤデルカルメン在住。 instagram: https://www.instagram.com/iwayui0466/ blo…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

スキューバダイビング・シュノーケル

FEATURED特集

特集一覧へ