【対談】西内ひろ×大島央照×リーマントラベラー東松/キューバが私たちを「解放」してくれた

Pocket はてブ

昨年にアメリカとの国交が54年振りに正常化し、3月にはオバマ大統領も訪問した「キューバ」。先日には、アメリカからキューバへの定期便の就航も決定しました。

何かと話題に上がるキューバですが、日本から行くには約16時間。正直どんな国なのか、イメージがつきにくい国でもあります。

今回は東京・赤坂のキューバレストラン・アイナマトウキョウで、モデル・女優の西内ひろさん、プロカメラマンの大島央照(ちあき)さん、サラリーマン旅行ブロガーのリーマントラベラー東松さんという、昨年キューバを旅した3人に「キューバ」について伺ってきました。

 

旅のきっかけ

そもそも旅にハマったきっかけは何だったのでしょうか?

YMT_2433

西内ひろさん(以下、西内さん):もともと一人旅をしている友達がいて、憧れていました。たまたま21歳の時に行けるきっかけがあったため、その友達のように一人旅しようと決意しました。見たことなかった景色とか文化とか、視野が広がっていくことが楽しくて、完全にハマりました。若いからこそ入ってくるんです。

21歳ってけっこう若いですよね。

西内さん逆に21歳の時に入ったからこそ、若いから何でも吸収できたんだと思います。今行くっていうと、しんどいかな(笑) 若かったからこそ、衝撃的だったんじゃないかな。

 

東松さんはいかがですか?

リーマントラベラー東松さん(以下、東松さん)
僕サラリーマンなんですけど、海外旅行にハマる前までは、はっきり言って「社畜」だったんです。昔からバスケが大好きなんですけど、ある時NBAのプレーオフのチケットが偶然取れちゃって、初めて一人で海外旅行に行く事になりました。だけど社畜だったからホテル取るのを忘れ、地球の歩き方を忘れ…その時になんとか現地で自力で対処したことで、結構自分の中で価値観が変わりましたね。海外旅行ってすごく簡単だって気がついたんです。そこから旅にハマって休みがあるとすぐに行っちゃいますね。ちなみに英語は今でも話せません(笑)

じゃあ、旅にハマったのは少し遅めなんですね。

東松さんそうですね。社会人3年目だったので、24歳の時ですね。

cuba06

©photographed by Chiaki Oshima

大島さんのきっかけは何ですか?

大島央照さん(以下、大島さん):旅って言えるかわからないんですが、20代前半にパリコレ目指してモデルとしてチャレンジした時期があって、ロンドンとパリに行ったことがきっかけです。どこへでもカメラを持って行ってたのですが、私の場合、旅=写真なんですね。今目の前にあるものに対して何を感じるか、そういう衝動が面白くて。今日何に出会えるかわからない、新しい景色に出会えること、それを撮りたいっていうのが一番ですね。

 

新しい景色に出会えることが大きいんですね。

東松さん小さい頃って、新しいことができるようになると楽しいじゃないですか。そんな感じですよね。

西内さんそうですね。ご飯とか景色とか、新しいものを毎日見られることにワクワクします。

 

解放的なキューバの雰囲気が、私たちも解放させてくれた

キューバの「魅力」はどんなところに感じましたか?

YMT_2606

東松さん:社会人は「夏休み」など時間が限られてますよね。だから旅行では、最高の非日常を味わいたいんですよ。それでいうと、キューバは最高の非日常でした。タイムスリップしたみたいに、時間が止まってるんです。「古き良き」のような、懐かしさを感じましたね。

西内さん本当「古き良き」雰囲気ですよね。車とかもエンジン音からしてドッドッドッって…クラクションか音だけ聞いても昭和で、「ALWAYS3丁目の夕日」のような(笑) コンビニとかもちゃんと商品が並べられてなくて、家の中に転がってるみたいで。日本の田舎に帰った感じがしました。

 

大島さんはキューバのどこに魅力を感じましたか?

大島さん:例えばおじいちゃんから受け継いだクラシックカーに今でも乗られていたり、昔からある物を大切にしたりするところ。それらがある種、便利で新しいものや流行に敏感な日本人には忘れがちな精神なので、大切な事を思い出させてくれて素敵だと思いましたね。

西内さん:ちあきさん、キューバでモテモテだったんです!(笑)

IMG_1281

©photographed by Hiro Nishiuchi

すごい!うらやましい!(笑)

大島さん:前見てよ!って感じでしたけど、タクシーに乗っている間も運転手さんに横を見てウィンクとかされました(笑)。音楽が流れると「イエーイ!」って皆ですごく盛り上がって、後ろ見たらひろちゃんがめちゃくちゃ踊ってたり。キューバっていう国の雰囲気の中で、解放してるひろちゃんを見てるのが楽しかったです。

 

西内さんキューバでは、自分を解放していく感じがありましたね。写真を撮っている時に、掃除のおばちゃんに「車に座ったほうがいいわ」とか「このポーズがいいわ」って勝手にディレクションされました(笑) 自由さとか、フレンドリーな雰囲気があって、解放されましたね。

東松さん:確かに、人と話した数が多いのもキューバ…というか、向こうからどんどん話しかけてるんです。家を少し覗いてたら、おばちゃんに「Come On!」って言われたりとか(笑) 向こうも解放的だから、こっちも解放的になりやすいのかと。

 

日本人女性はキューバに行ったら綺麗になれるかも

キューバの治安はどうでしたか?女性は危なくないですか?

YMT_2477

大島さん:見えてるエリアは大丈夫でした。私は今しか見られないキューバを写真に残したかったので、行きたいところがあって。ただ「ここから先は絶対気をつけろ」って言われたところは、私も直感で「やばいな」って感じて行けませんでした。でも後日、その場所にどうしても行きたくて、男性のスタッフの方と一緒に行きました。そのエリアに入ると、子ども達がわーって!ボールを蹴ったり、元気に遊んでいて。

東松さん僕は完全に現地人スタイルだったので問題なかったですね(笑) 片言の英語で聞かれて、片言の英語で返していました。金目の物をつけていないのがバレバレだったんでしょうね、全く狙われませんでした。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部サキソフォン
阿部サキソフォン
コンテンツディレクター
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

キューバのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧