世界で一番日本人に合う!グルジア(ジョージア)料理15選

Pocket はてブ

皆さんはジョージアという国を聞いた事がありますか?2015年4月21日まではグルジアと呼ばれていた国です。短期での旅行ではあまり選ばれる事がないジョージア(グルジア)ですが、世界一周では非常に人気のある国の一つです。

その理由は物価の安さや豊かな自然とも言われていますが、ジョージア料理も多くの旅人を惹きつける理由の一つだと言えるかもしれません。

日本ではあまり馴染みのないジョージア(グルジア)は、北にロシア、東にアジア、西にヨーロッパ、南に中東という位置にあり、様々な地方の特性を含んだ料理が多く、とても日本人の口に合い美味しいものばかりでした。

今回は旅する料理人の異名を持つ旅丸shoが14種類のジョージア料理を紹介いたします。※2015年6月時点現在 1ラリ=約50円

*編集部追記
2015年6月5日に公開された記事に、新たに4つの料理を加えました。
2016年3月8日に更新された記事に、新たに3つの料理を加えました。
 

肉汁たっぷり!ジョージア風小籠包“ヒンカリ”

IMG_7519

photo by sho

見た目は小籠包そのままです。中に肉と野菜が入っており、周りの皮を噛むと肉汁が溢れ出てきます。肉汁には旨味がたっぷりですので、皮に穴を開けた部分から肉汁を飲み干してください。肉汁は非常に熱い為、火傷しないように気をつけながら、一滴もこぼさないぞ!という意気込みで飲み干しましょう。その後皮と中身をかじって食べてください。

中身の種類もジャガイモ・きのこ・チーズなどバリエーションも豊富で毎日食べても飽きがこない料理です。てっぺんの部分ですが、グルジアの方は食べない場合が多いです。僕はレストランに醤油を持参して醤油につけて食べていました。

料金:1つ 0.5〜0.6ラリ
 

ジョージアを代表するファーストフード“ハチャプリ”

IMG_6631

photo by sho

ハチャプリはグルジアの国民食とも言われているパンとチーズを使った料理です。街中ではいたるところにハチャプリ屋さんがあり、お店によっては行列ができるほどです。

写真のハチャプリは“アジャルリ”という種類のハチャプリで、楕円形の平たいパンの真ん中にくぼみを作り、生卵とバターをのせてチーズと混ぜながら周りのパンと一緒に食べるというものです。

僕のおすすめは“コブダリ”という種類のハチャプリ。グルジア北西部のスバネティ地方という場所でよく食されており、中に炒めた羊肉や豚肉が挟まれています。ハチャプリはパン屋さんなどで購入できますが、専門店がありますので、是非専門店の焼きたてハチャプリを食べてください。

料金:種類によって異なりますが、アジャルリであれば6ラリ〜7ラリ程。ベーシックなイメルリというチーズのみのハチャプリであれば1ラリ前後。
 

お肉が口でとろける!ジョージア風ビーフシチュー“オーストリ”

IMG_7875

photo by sho

スープを一口飲んだ瞬間口の中に牛肉の旨味とトマトの甘みが広がるジョージア風ビーフシチューの“オーストリ”。口の中でとろける程煮込まれた牛肉は絶品です。お店によっては牛すじやホルモン等の部位を煮込んでいる場合があり、日本で食べるビーフシチューとはまた違った味わいです。

ジョージア(グルジア)のレストランで食事をする場合は1ラリ〜2ラリ程度でパンをオーダーできますので、オーストリにパンをつけながら食べるのが僕のおすすめです。知らない間にパンがどんどん減っていってる事にきっと驚く事でしょう。

料金:一皿 4ラリ〜6ラリ
 

この組み合わせで美味しくないはずがない!“オジャクリ”

tabippogeorgia2

photo by sho

ジョージア風ジャーマンポテトと言われているのが“オジャクリ”です。豚肉とジャガイモ、お店によってはパプリカや玉ねぎを一緒に炒めた料理。

味付けは非常にシンプルなもので塩と胡椒、そしてワインビネガーが使用されている場合が多いです。油で炒められた料理ですので味がしつこそうに見えますが、ディルやコリアンダー等の香草とワインビネガーによって、そこまでしつこい味ではありません。

日本だと居酒屋で頼まれるような大人数でワイワイつつきたくなるような一品です。

料金:一皿 6ラリ〜8ラリ
 

デートには不向き?いえ、二人で食べると美味しさ倍増“シュクメルリ”

IMG_6963

photo by sho

初めて食べる方全員がその見た目のインパクトに驚くであろう“シュクメルリ”ですが、その正体はにんにく・ヨーグルト・塩・油で煮込んだ鶏肉料理です。一欠片ではなく、一つ丸々使用されてるであろうにんにくの量は一瞬食後の口臭を気にしたくなりますが、その気持ちを押さえつけてでも食べていただきたい程の絶品です。

鶏肉は様々な部位が使われており、骨の周りまでしっかりと味が染み込んでいます。シュクメルリのソースにパンをつけて食べるのもおすすめです。

料金:13ラリ〜18ラリ
 

くせになる美味しさ!ジョージア風モッツァレラチーズ“スルグニ”

IMG_79341

photo by sho

ジョージアではチーズの生産が豊富で地方によって様々なチーズを楽しむ事ができます。その中でもよく料理に使われているのがジョージアの西部サメグレロ地方のチーズ“スルグニ”です。とても弾力があり癖が少なく食べやすいスルグニはそのまま食べても美味しいのですが、料理に使われているとさらにその美味しさが倍増します。

写真のものは“ソコ”と呼ばれるキノコのソテーにスルグニを乗せてオーブンで焼いた料理です。英語メニューでは“mushroom with suluguni”と書かれていたりします。とてもシンプルな料理ですがスルグニが溶けてキノコのソテーによく絡んでとても美味しい一品です。

料金:8ラリ〜10ラリ(料理の料金)
 

ジョージアの伝統的な甘いスイーツ“チュルチュヘラ”

tabippogeorgia1

photo by sho

 “チュルチュヘラ”はジョージアの家庭で毎年秋に作られている保存食です。

ワインの生産で有名なジョージアではぶどうの収穫時である10月にチュルチュヘラを作ります。くるみを紐で通し、周りをぶどうジュースと小麦粉を混ぜたもので覆い、乾燥させて棒状にします。ジョージアの街中で紫色や茶色の棒状のものがよくぶら下がっているのを目にします。

ぶどうの種類によって様々ですが、蜂蜜が入っているものなどもあり、周りのコーティングしている部分はとても甘く、中に入っているくるみが少しほろ苦い不思議な味わいですが、日本にはないジョージア独特の味わいですので一度は食べていただきたいと思います。

料金:1ラリ〜3ラリ

1 2
Pocket はてブ

WRITER

shosekimoto
旅丸sho
雄の三十路が本気で夢を追いかけてます
2013年5月13日より、世界旅を開始した三十路。 西周り、東周り両方を達成し、現在3周目に突入。 盗難、強盗、事故、骨折等トラブルばかりの旅ですが、楽しく毎日旅してます。世界一周ブログ《旅丸…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

食事・グルメ

FEATURED特集

特集一覧へ