シンガポール基本情報

インドネシアの物価は?治安は?ビザは?インドネシア旅行の基本情報まとめ

シンガポール基本情報
Pocket はてブ

13,000以上もの島をもつインドネシア。日本人になじみの深いリゾートアイランド「バリ島」もこのインドネシアの一部です。インドネシア観光ではバリ島以外にジャワ島にある世界最大級の仏教遺跡ボロブドゥール観光などが有名です。

 

物価

物価は日本に比べてかなり安め。地元のスーパーや食堂なのであれば、日本の5分の1程度ですむことがあります。しかしバリ島などの高級リゾートホテルでは物価は日本と同等、またはそれ以上になることがあります。

 

治安

インドネシアでは昨今のテロ事件や、分離独立や州の分割問題を抱えるなど不安定な情勢が続いている区域があります。

2016年11月現在、外務省からインドネシア全土(バリ島含む)に「レベル1:十分注意してください」、パプア州プンチャック・ジャヤ県及びミミカ県、中部スラウェシ州ポソ県「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」が出ています。

 

バリ島ではスリや置き引きなどの軽犯罪は頻繁にありますが、インドネシアの中では比較的治安は良い方です。しかしテロや治安に対する脅威が高められている現状です。

レベル2の地域に日本人の一般観光客が訪れることはないと思いますが、人気のバリ島でも注意喚起が出ているということで、滞在中は気を付けましょう。

 

気候・服装・旅行シーズン

インドネシアには雨季(10月~3月)と乾季(4月~9月)があり、それによって降水量も差が大きくあります。また赤道直下に位置するので年間を通して暑い日が続くので、真夏のスタイルでOK。そして日焼け対策は万全に!

ただ寺院見学などでは肌を露出してはいけないので、羽織るものを用意しましょう。雨季は雨具は必須。湿度が低くなり過ごしやすい乾季がベストシーズンです。

 

バリ島を訪れる予定の人に注意してほしいのがニュピの日。バリ島の正月にあたる日で「静寂の日」の日となりまあす。島全体が労働や外出が禁止になり、観光客もこの規則に従わなくてはいけません。

ホテルの敷地から出られないので、部屋で静かに過ごすことになります。空港や港も閉鎖され移動もできません。2017年は3月28日(火)の予定です。

 

通貨

インドネシアの通貨はルピア。現在のレートは10,000ルピア=約83円(2016年11月現在)です。

両替は日本でするより現地の方がレートは良いです。しかし中には高い手数料をとったり、お金を抜いて渡したりという悪徳両替所もあるので、政府公認の両替所を利用しましょう。

 

ビザ

日本国籍で30日以内の観光目的であればビザ(査証)は2015年6月12日より不要になりました。(5大国際空港を含む29空港、他対象の陸路や海港のチェックポイントで手続きが可能)。

パスポートの残存期間は入国時6ヶ月以上、ビザ欄空白ページは連続3ページ以上あることが必要です。また復路の航空券や第三国への航空券の提示を求められることがあります。

なお、パスポートへの入出国印は必須ですので入出国時には必ず押印されていることや、日付などを確認しましょう。

※インドネシアの渡航条件についてはここ数年で色々と変わっています。必ず最新の情報を確認して渡航してください。

 

コンセント

電圧は220V、周波数50ヘルツなので変圧器が内蔵していない日本製品を使うには変圧器が必要。また、プラグは丸い2つ穴式のCタイプが一般的なので変換アダプターも持参しましょう。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

inagakian
inagakian
旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

インドネシアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧