17,000の島に490の民族、238,000,000人が暮らすインドネシアの世界遺産

Pocket はてブ

実は先日、世界遺産検定というものを取得しました。世界一周したものの、知らない遺産も非常に多かったです。2018年時点での世界遺産の数は1092件あります。

今回は、中でも僕が惹かれたインドネシアの世界遺産をご紹介します。日本と近い東南アジアでありながら、情報が多くはないインドネシア。記事を通じて、みなさまにも気になっていただければ嬉しいです。

*編集部追記
2015年4月公開の記事に加筆しました。(2019/1/14)

 

ボロブドゥール寺院遺跡群

ボロブドゥール寺院遺跡群

photo by Robertus B. Herdiyanto

ジャワ島にあるボロブドゥール寺院遺跡群は、世界三大仏教遺跡の一つで、謎が多く残る遺跡です。ボロブドゥール遺跡、パオン寺院、ムンドゥ寺院の3つの遺跡から成り立っていて、1991年に文化遺産に登録されました。

 

ボロブドゥール遺跡は半円形の丘を200万個もの岩で囲い、階段状のピラミッドのようになっています。

ピラミッド状の部分で欲界・色界・無色界を表しており、仏教色が濃く悟りの境地が描き出されています。1000年以上前に掘られた美しい彫刻が印象的な回廊や、内部に仏像が祀られている円錐形の塔などが見所です。

■詳細情報
・名称:ボロブドゥール寺院遺跡群
・営業時間:年中無休 6:00~18:00(最終入場は17:00まで)
・料金:ボロブドゥール遺跡 1回券 25USドル、ボロブドゥール遺跡&ムンドゥ寺院&パオン寺院 共通券 30USドル
・アクセス:

 

プランバナン寺院遺跡群

プランバナン寺院遺跡群

photo by Berry

ブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌのヒンドゥー三大神を祀るインドネシア最大の寺院ロロ・ジョングランや、セウー、ルンブン、ブブラという繊細なレリーフを備え持つ仏教寺院があるプランバナン寺院遺跡群。

ヒンドゥー教と仏教だけでなくアジア各地の宗教の影響を受けた遺跡は、とても神秘的な雰囲気を醸し出しています。1991年に世界文化遺産に登録されました。ボロブドゥール寺院遺跡群とセットで訪れるツアーも人気です。

■詳細情報
・名称:プランバナン寺院群
・営業時間:06:00-17:00
・料金:プランバナン1日入場券25USドル、プランバナン&ラトゥボコ共通入場券40USドル
・アクセス:

 

バリの文化的景観:バリ・ヒンドゥー哲学トリ・ヒタ・カラナを表す水利システム「スバック」

バリ・ヒンドゥー哲学トリ・ヒタ・カラナを表す水利システム「スバック」

photo by Riza Nugraha

19,500ヘクタールにも及ぶ広大な棚田地域が、スバックと呼ばれるバリ島伝統の水利システムによって維持されています。2012年に文化遺産として登録されました。

エリアにはタマン・アユン寺院やウルン・ダヌ・バトゥール寺院などの寺院があり、スバックはこれら寺院に集められた水を分け合うシステムです。現在もこのシステムはバリ島に多くの実りをもたらしています。

 

スマトラの熱帯雨林遺産

スマトラの熱帯雨林遺産

photo by buitenzorger

バリサン山脈に広がる熱帯雨林で、エリアには3つの国立公園があります。活火山や湖など、壮大で美しい自然環境には多くの動植物が生息しており、植物は1万種類以上、哺乳類は200種類以上、鳥類は580種類にも及びます。

特にスマトラオラウータンを代表とする絶滅危惧種も多く生息しています。2004年に世界自然遺産に登録されました。

■詳細情報
・名称:スマトラの熱帯雨林遺産
・アクセス:

 

サンギラン初期人類遺跡

通称ジャワ原人と言われるピテカントロプス・エレクトゥスをはじめ、今までに発見された人類化石の約半数が発見されているのが、サンギラン周辺地域です。

古代、海であったこの一帯は、20万年前に起こった土地の隆起によって50万年前から80万年前の地層が現れ、そこから人類の進化の過程を示す直立猿人の化石が発見されました。1996年より世界遺産に登録されています。

■詳細情報
・名称:サンギラン初期人類遺跡
・アクセス:

 

コモド国立公園

広大な敷地を誇るコモド国立公園は、世界最大のオオトカゲ「コモドオオトカゲ」が生息していることでも有名です。長さは3m、体重100kgにも及ぶことがあるコモドオオトカゲは、1911年にオランダ人によって発見された際、恐竜だと思われたこともあり、「コモドドラゴン」とも呼ばれています。

その他にも、国立公園エリアにはウミガメやイルカなどの海洋生物や、水牛やティモール鹿などの陸上生物も生息しています。1991年に自然遺産に登録されました。

■詳細情報
・名称:コモド国立公園
・アクセス:

 

ロレンツ国立公園

ニューギニア島にある自然豊かな国立公園。最高峰ジャヤ山があるマオケ山脈やアラフラ海沿岸に広がるマングローブなど、様々な自然環境を有しており、現在においても未開の地が多く、生態系も全ては解明されていません。

公園近くで発見された鉱物資源によって注目を集めましたが、それから自然を守る目的で1999年に世界遺産に登録されました。

■詳細情報
・名称:ロレンツ国立公園
・アクセス:

 

ウジュン・クロン国立公園

インドネシアで最初の国立公園です。真っ白な砂浜が広がる美しいビーチだけでなく、熱帯性植物が生い茂る緑豊かな自然環境は多くの動植物の生息地となっています。

絶滅危惧種のジャワサイ、バンテン、カニクイザル、インドクジャクなどの生息地でもあり、クラカタウ諸島自然保護区と共に1991年に世界自然遺産に登録されました。

■詳細情報
・名称:ウジュン・クロン国立公園
・アクセス:

 

まとめ

いかがだったでしょうか。インドネシアまでは東京から7.5時間程度で行くことができます。馴染みの少ない国ですが、次の旅行先として検討してみてはいかがでしょうか。それでは、次の記事でお会いしましょう!

Pocket はてブ
紹介されたスポット

WRITER

前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

インドネシアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品