生レバーもユッケも!本場の熊本で食べたい絶品グルメ9選

Pocket はてブ

熊本は古来から馬産地として知られ、馬肉を食べる文化も根付いています。特に生で食べる文化があるのは熊本、長野など日本でもごく少数の地域ですが、今でも衛生基準を満たした安心な馬刺しが食べられます。

生レバー、ユッケなど馬肉以外では食べられないものが安心して食べられるのは嬉しいですね。今回は伝統料理、新しいご当地グルメなど美味しい熊本をご紹介します。

*編集部追記
2015年8月公開の記事に、新たに3品を追加しました。(2018/1/19)

 

熊本の食事事情

@azblue2012がシェアした投稿 – 2016 2月 11 10:22午後 PST

自然の恵みをたっぷり受けた、おいしい食材を利用した豊富なグルメが楽しめることで知られる熊本。馬刺しやユッケ、生レバーなど新鮮な生の牛肉を使った料理や、辛子蓮根、阿蘇ハヤシライスなど、ぜひとも試してみたいグルメがたくさんあります。

また太平燕など熊本でしか食べられない料理や、郷土料理として人気の高菜めしなど、ご当地グルメも注目!太平燕はもともと中国の料理ですが、熊本のものとは全く違うらしく、いわゆる日本版中華です。

しかしながら味は抜群で、すっきりとした鶏ガラとトンコツのダブルスープは、クセのないさっぱりとした味わいでどんどん食べれちゃいます♪

 

ベストフード

photo by pixta

私がおすすめするのは、熊本に来たら絶対に食べたい馬肉料理です。熊本は農業や畜産が盛んなので、牛肉もそのまま食べられるほど新鮮です。

馬刺しやユッケの他に、お湯で牛肉をサッとくぐらせた馬しゃぶしゃぶも人気で、思わず唸ってしまうほどおいしい!熊本に行ったなら、ぜひ絶品馬肉料理の数々を試してくださいね◎

 

馬肉料理

9695210034_f23371a250_b

photo by Norio.NAKAYAMA

8730449879_088e72a72b_b

photo by ume-y

8731555262_85b5c9a1ef_b

photo by ume-y

熊本は全国でも珍しく馬肉料理のお店の多いところです。馬肉はその美しさから桜肉とも言われ、低カロリー高タンパク質の滋養強壮料理として知られています。

また馬肉は生食ができるので、馬刺しやユッケ、生レバーなどが楽しめるのも今では貴重です。

《おすすめ情報》

「菅乃屋」では馬刺しだけでなく、しゃぶしゃぶやステーキ、焼肉など各種の馬肉料理が食べられ、週末はランチ営業もあるので気軽に利用できるのが良いですね。

■詳細情報
・名称:菅乃屋 銀座通り店
・住所:熊本県熊本市中央区下通1-9-10 TM21ビル B1F
・アクセス:熊本市電:「花畑町駅」下車徒歩約5分
・営業時間:[土・日・祝ランチ](祝日は連休時のみ)11:30~14:00(L.O.13:30)
[ディナー]16:00~24:00(L.O.23:00)
※日曜・連休最終日は16:00〜23:00(L.O.22:00)
・定休日:12月31日・1月1日
・電話番号:096-312-3618(問い合わせ)、050-5868-4159(予約)
・料金:[昼]¥3,000~¥3,999、[夜]¥6,000~¥7,999
・公式サイトURL:http://service.suganoya.com/

 

辛子蓮根と一文字グルグル

6073830881_fd3b2168dc_b

photo by Norio.NAKAYAMA

10857014885_d888386b9a_b

photo by inazakira

辛子蓮根は病弱だった熊本藩主のために考えられた料理で、当初は門外不出の料理だったそうですが、今では熊本の郷土料理として広く食べられています。

また、一文字ぐるぐるというのは、女房言葉でネギのことを一文字ということからついた名前の料理で、さっと湯がいた分葱を氷水で冷やし、根の白い部分を芯にグルグル巻いたものを酢味噌でいただきます。

《おすすめ情報》

「青柳」では、自家製の辛子蓮根や一文字ぐるぐる、馬刺しなどの郷土料理が食べられます。14:00までは手軽なランチもあり、入りやすいお店です。

■詳細情報
・名称:青柳
・住所:熊本県熊本市中央区下通1-2-10
・アクセス:熊本市電:「熊本城・市役所前」駅下車徒歩3分
・営業時間:11:30~22:00
・定休日:12月31日、1月1日
・電話番号:096-353-0311
・料金:[昼]¥2,000~¥2,999、 [夜]¥5,000~¥5,999
・公式サイトURL:http://aoyagi.ne.jp/

 

いきなり団子

solarisさん(@solaris1007)がシェアした投稿


熊本の家庭のおやつでした。輪切りの生のサツマイモの上にアズキ餡をのせて、餅か小麦粉を練った生地で包んで蒸したら出来上がり。

いきなりは、生のサツマイモをいきなり使うからだとか、熊本の古い方言でいきなりは簡単という意味だからだとか、名前については諸説あります。

《おすすめ情報》

「はやしのいきなり団子」は水前寺公園の入り口のそばにあります。店先に座って食べられる場所があり、お茶のサービスもしてくれます。ここのお母さんは観光ポスターに出て有名になりました。

■詳細情報
・名称:はやしのいきなり団子
・住所:熊本県熊本市中央区水前寺公園7-2
・アクセス:熊本市電:電停「水前寺公園」下車徒歩6分
・営業時間:8:30~16:00(無くなり次第、終了)
・定休日:無休
・電話番号:096-383-3970
・料金:~¥999
・公式サイトURL:http://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43005186/#pagetop
1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

グルメ特集

FEATURED特集

特集一覧へ