釧路のオススメ観光スポット54選

Pocket はてブ

自然豊かな土地として知られる釧路には広大な土地に広がる釧路湿原があります。

また、そこで作られた独特の風土や文化、四季を通じた地産の魅力満載の食など、様々な魅力を秘めた街なのです。今回はそんな釧路に旅行へ行った際に、必ず訪れたい観光スポット54ヶ所をまとめてみました。

*編集部追記
2017年8月に更新された記事に、新たに3つのスポットを追加しました。(2017/9/29)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

釧路に行ってみての感想

photo by pixta

私が釧路を訪れたのは夏ごろで、気候も良く実に快適だったのを覚えています。夏にエアコンなしでも過ごせる心地よさは、やはり北海道ならでは!北海道が移住先として人気なのもわかる気がします。

雄大な阿寒湖や湿原など釧路は自然が豊かで、また食べ物もおいしく、旅行先として非常におすすめです。海鮮、ラーメン、B級グルメとして有名なスパカツ、六花亭のスイーツなど、実にバラエティーに富んだグルメが楽しめる釧路。

人も優しく親切で、帰り際には、またもう一度釧路に来たいと強く思いました。
 

おすすめのベストスポット

photo by pixta

私がおすすめするベストスポットは、やはり雄大な阿寒湖です。日本で数少ないマリモが生息する場所としても知られており、その美しさはついつい時間を忘れて見入ってしまうほど!

また周辺には北海道最大のアイヌコタンがあり、北海道ならではのユニークなアイヌ文化を楽しめます。日帰り入浴が可能な阿寒湖温泉も近くにあるので、観光の疲れを癒すのにもってこいです!
 

1.阿寒湖(阿寒町)

photo by shutterstock

北海道で5番目に大きい淡水湖である「阿寒湖」。特別天然記念物のマリモが生息している場所であり、観光スポットとして人気があります。また湖畔には大きな温泉街があり、訪れる人々の心と体を癒してくれます。

■詳細情報
・名称:阿寒湖
・住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
・アクセス:釧路空港から車で1時間(国道道65号→国道240号→阿寒湖)
・マップ:
・電話番号:0154-67-3200
・公式サイトURL:http://www.lake-akan.com/

 

2.丹頂鶴自然公園(鶴丘)

丹頂鶴自然公園(鶴丘)

photo by pixta

季節を問わず、特別天然記念物であるタンチョウヅルの鑑賞ができる自然公園です。

タンチョウヅルの保護と育成のために作られた公園には、20数羽のツルが放し飼いになっており、冬の時期には10羽近い野性のツルも飛来します。

■詳細情報
・名称:釧路市丹頂鶴自然公園
・住所:釧路市鶴丘112
・アクセス:釧路駅からバスで60分
・マップ:
・営業時間:9:00~18:00(4月10日~体育の日) 9:00~16:00(体育の日の翌日から4月9日)
・定休日:12月31日~1月3日
・電話番号:0154-56-2219
・料金:一般(高校生以上)470円 / 小学生・中学生110円
・公式サイトURL:http://kushiro-tancho.jp/index.php

 

3.釧路湿原国立公園(釧路町・標茶町・鶴居村)

釧路湿原国立公園(釧路町・標茶町・鶴居村)

photo by pixta

1市2町1村にまたがる日本最大の湿原で、その面積は日本の湿地帯のおよそ6割を占めると言われています。植物学的にも貴重な低層湿原と高層湿原を有しており、タンチョウヅルや野鳥の生息飛来地としても貴重な場所です。

■詳細情報
・名称:釧路湿原国立公園
・住所:釧路市(釧路町・標茶町・鶴居村)
・アクセス:JR釧路湿原駅よりバスで40分
・マップ:
・営業時間:9:00~17:00
・電話番号:0154-31-1993
・料金:無料
・公式サイトURL:http://city.hokkai.or.jp/~kkr946/

 

4.和商市場(黒金町)

和商市場(黒金町)

photo by pixta

「函館の朝市」「札幌の二条市場」 と共に、北海道三大市場の一つと言われている「和商市場」。新鮮な魚介類から肉や野菜に至るまで、おいしい食材がたくさん!市民の台所として親しまれている市場です。

■詳細情報
・名称:和商市場
・住所:北海道釧路市黒金町13-25
・アクセス:釧路駅から徒歩2分
・マップ:
・営業時間:8:00~18:00
・定休日:ホームページで要確認
・電話番号:0154-22-3226
・公式サイトURL:http://www.washoichiba.com/

 

5.釧路フィッシャーマンズワーフMOO(錦町)

釧路フィッシャーマンズワーフMOO(錦町)

photo by pixta

名橋・幣舞橋のたもとに建つ、釧路を代表する複合施設「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」。建物内には、地元食材を使ったレストランや屋内型の屋台村などがあり、北海道グルメを心ゆくまで満喫できます。

■詳細情報
・名称:釧路フィッシャーマンズワーフMOO
・住所:釧路市錦町2-4
・アクセス:釧路駅から徒歩で10分
・マップ:
・営業時間:10:00~19:00( 11:00~22:00 飲食)*HPで要確認
・定休日:HPで要確認
・電話番号:0154-23-0600
・料金:無料
・公式サイトURL:http://moo946.com

 

6.アイヌコタン(阿寒町)

アイヌコタン(阿寒町)

photo by pixta

北海道の先住民族であるアイヌの人々が暮らす集落で、伝統あるアイヌ古式舞踊を見学できたり、伝統工芸やレストランなど、ユニークなアイヌ文化に触れることができます。

お土産の購入はもちろんのこと、ただ歩いているだけでも楽しいですよ。

■詳細情報
・名称:アイヌコタン
・住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
・アクセス:道東道足寄IC国道241号から車1時間
・マップ:
・営業時間:10:00~22:00
・電話番号:0154-67-2727
・料金:中学生以上大人1080円、小学生540円(アイヌシアターイコロ公演観覧料)
・所要時間:0154-67-2727
・公式サイトURL:http://www.akanainu.jp

 

7.釧路市動物園(阿寒町)

釧路市動物園(阿寒町)

photo by pixta

国内最東端の動物園で、約60種450点の動物を飼育・展示しています。北海道に住む動物達を集めた北海道ゾーン、ヒグマやシマフクロウなどを観察できるとあり、子供から大人まで人気の場所です。

■詳細情報
・名称:釧路市動物園
・住所:釧路市阿寒町ニニシベツ11番
・アクセス:釧路空港から車で11分
・マップ:
・営業時間:9:30~16:30(4月1日~体育の日まで) 10:00~15:30(体育の日の翌日から~4月9日)
・休業日:12月毎週水曜(24日を除く)、12月29日~1月2日、1月2月毎週水曜(2月11日を除く)
・電話番号:0154-56-2121
・料金:570円 / 中学生以下は入園無料
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/zoo/

 

8.釧路市こども遊学館(幸町)

釧路市こども遊学館(幸町)

photo by pixta

科学館と児童館の機能を併せ持つ「釧路市こども遊学館」。プラネタリウムも併設しており、JR釧路駅のすぐそばとアクセスも良く、休日には家族連れなどで賑わいます。

■詳細情報
・名称:釧路市こども遊学館
・住所:釧路市幸町10-2
・アクセス:JR釧路駅から徒歩8分
・マップ:
・営業時間:9:30~17:00
・定休日:月曜日
・電話番号:0154-32-0122
・料金:一般・大学生:590円、高校生:240円 、小学生・中学生:120円  幼児(小学生未満) ※無料屋内砂場:無料
・公式サイトURL:http://www.kodomoyugakukan.jp/

 

9.幣舞橋(阿寒町)

幣舞橋(阿寒町)

photo by pixta

アイヌ語の「ヌサ・オ・マイ」が名前の由来とされている「幣舞橋(ぬさまいばし)」。建設当時は、全道一長い木橋として知られていた、歴史ある橋です。夕日スポットとしても有名なので、是非、夕暮れに訪れてみてはいかがでしょう?

■詳細情報
・名称:幣舞橋
・住所:釧路市釧路川
・アクセス:JR釧路駅から徒歩15分
・マップ:
・電話番号:0154-23-5151
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/

 

10.釧路の霧(釧路市内)

釧路の霧(釧路市内)

photo by pixta

世界的に有名な霧が多い町・ロンドンになぞらえて、「日本のロンドン」と呼ばれることもあるほど霧が多い釧路。

なんでも、海流、気団が複雑に関係して移流霧という種類の霧を発生させる条件が揃っているそうで、東京の約20倍ほど多く霧が観測されると言われています。

■詳細情報
・名称:釧路の霧
・住所:釧路市内
・マップ:
・オススメの時期:1年中(1年のうち、100日以上霧が出るというデータ有)
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/

 

11.阿寒湖温泉(阿寒町)

阿寒湖温泉(阿寒町)

photo by pixta

マリモで有名な阿寒湖の南岸にある「阿寒湖温泉」は、神経痛・リュウマチに効果があることで知られています。明治41年に小さな簡易宿泊所が開業したのが始まりで、現在では約30軒の宿やホテルが集まっています。

■詳細情報
・名称:阿寒湖温泉
・住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
・アクセス:釧路駅から車で1時間30分
・マップ:
・公式サイトURL:http://akanko-spa.jp/

 

12.阿寒湖畔エコミュージアムセンター(阿寒町)

npk018さん(@npk018)が投稿した写真 – 2014 4月 20 7:24午後 PDT

阿寒湖の生物及び自然情報を発信している「阿寒湖畔エコミュージアムセンター」。マリモの水槽展示や、展示室の床一面に広がる航空写真など、展示方法もユニークなので一見の価値ありです。

■詳細情報
・名称:阿寒湖畔エコミュージアムセンター
・住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉1丁目1番1号
・アクセス:釧路空港から車で1時間
・マップ:
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:年末年始
・電話番号:0154-67-4100
・公式サイトURL:http://business4.plala.or.jp/akan-eco/

 

13.阿寒湖遊覧船(阿寒町)

阿寒湖遊覧船(阿寒町)

photo by pixta

雄大な阿寒岳を眺める湖上遊覧船に乗って、優雅な時間を過ごしてみるのはいかがでしょう?マリモ展示観察センターと景勝地滝口を巡る遊覧船に乗れば、北海道の美しく雄大な自然を心ゆくまで楽しめます。

■詳細情報
・名称:阿寒湖遊覧船
・住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
・アクセス:釧路駅から車で1時間30分
・マップ:
・営業時間:●5月1日~9月25日 6:00~17:00 1時間毎に運行
●営業:9月26日~10月20日 6:00~16:00 1時間毎に運行
●営業:10月21日~11月10日 6:00~15:00 1時間毎に運行
・電話番号:0154-67-2511
・料金:大人:1850円 子供:子供:960円
・所要時間:85分
・公式サイトURL:http://www.akankisen.com/

 

14.双湖台(阿寒町)

双湖台(阿寒町)

photo by pixta

阿寒横断道路沿いにあり、ペンケトー、パンケトーという2つの湖を見ることができる絶景ポイントです。手前に見える湖がペンケトー、奧がパンケトーといい、この名前はアイヌ語で「川上の湖」「川下の湖」を意味しているそうです。

■詳細情報
・名称:双湖台
・住所:釧路市阿寒町双湖台
・アクセス:阿寒湖畔バスターミナルから車で約10分
・マップ:
・電話番号:0154-66-2936
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.lake-akan.com/

 

15.北太平洋シーサイドライン(白糠町・釧路町・厚岸町・浜中)

十勝の広尾町から根室市の納沙布岬まで続く、全長321kmにも及ぶ海岸線の総称です。雄大なカーブを描く美しい海岸線をドライブしていると、日頃のストレスもどこかへ飛んでいきそう!

ついついスピードを出してしまうので、安全運転を心がけてくださいね。

■詳細情報
・名称:北太平洋シーサイドライン
・住所:釧路市(白糠町・釧路町・厚岸町・浜中町)
・アクセス:道道35・123号線
・マップ:
・料金:無料

 

16.山花公園オートキャンプ場(阿寒町)

A.Nさん(@paru.moco)が投稿した写真 – 2016 10月 4 7:30午後 PDT

東京ドーム12個分の広さを誇る山花公園内にあるオートキャンプ場で、各サイトは、白樺などの林に囲まれた芝生のサイトとなっています。豊かな自然に囲まれて、心安らぐひと時を過ごすことができますよ。

■詳細情報
・名称:山花公園オートキャンプ場
・住所:釧路市阿寒町下仁々志別11番37号
・アクセス:JR釧路駅から車で30分
・マップ:
・営業時間:センターハウス8:00~23:00
・休業期間:冬季
・電話番号:0154-56-3020
・料金:サイト、コテージによって異なる
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/

 

17.ボッケ(泥火山)(阿寒町)

ボッケ(泥火山)(阿寒町)

photo by pixta

火山活動による硫化水素や水蒸気が噴き出ているボッケ(泥火山)では、泥がボコボコと湧き出るユニークな自然現象を見ることができます。阿寒湖の自然散策中に見ることができるので、是非立ち寄ってみてください。

■詳細情報
・名称:ボッケ(泥火山)
・住所: 釧路市阿寒町阿寒湖温泉
・アクセス:釧路駅から車で1時間30分
・マップ:
・電話番号:0154-67-4100
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/

 

18.釧路アイスアリーナ(鳥取大通)

冬のレジャーとして人気のアイススケートが楽しめる場所で、一般客はもちろんのこと、アイスホッケーチームの練習や試合にも利用されています。家族や友人、カップルなど様々なシチュエーションで楽しめる施設です。

■詳細情報
・名称:釧路アイスアリーナ
・住所:釧路市鳥取大通3-6-33
・アクセス:JR根室本線「新富士駅」下車 徒歩15分
・マップ:
・営業時間:10:00~16:00
・定休日:4月17日~5月31日、12月31日~1月1日
・電話番号:0154-54-2345
・料金:一般・大学生490円 高校生370円 中学生250円 小学生以下170円
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/kyouiku/sports/shisetsu/page00020.html#section5

 

19.釧路市立博物館(春湖台)

春採湖畔にある総合博物館で、ユニークな外観が人目を引きます。館内には氷河期の使者・マンモスの巨大な骨格標本や、釧路の大地・釧路の生物など、興味をそそる展示がたくさん!

子供でも分かりやすいので、家族連れなどで訪れてみてください。

■詳細情報
・名称:釧路市立博物館
・住所:道釧路市春湖台1-7
・アクセス:釧路駅から車で10分
・マップ:
・営業時間:9:30~17:00
・定休日:不定休
・電話番号:0154-41-5809
・料金:大人470円 高校生250円 小・中学生110円(マンモスホールは無料)
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

 

20.パシクル沼(音別町)

海と繋がっている「パシクル沼」は、川の水が河口で荒波にせき止められ、満水になると自然に太平洋に流れ出る珍しい沼です。

アイヌ語で「パシリックル」とは「陸地の影を見つける」 という意味だそうです。夏はシジミ採り、冬はわかさぎ釣りが楽しめる場所として有名です。

■詳細情報
・名称:パシクル沼
・住所:釧路市音別町パシクル
・アクセス:音別駅から車で5分
・マップ:
・電話番号:01547-6-2231
・公式サイトURL:http://front946.com/sightseeing/facility0082.htm(フロント釧路)

 

21.阿寒湖のマリモ(阿寒町)

阿寒湖のマリモ(阿寒町)

photo by pixta

阿寒湖の湖底には、国の特別天然記念物に指定されてるマリモが生息しています。マリモとは、北半球の淡水湖沼に広く見られる緑藻類の1種で、そのキュートなフォルムから女性に人気です。

■詳細情報
・名称:阿寒湖のマリモ
・住所:北海道釧路市阿寒湖
・アクセス:釧路駅から車で1時間30分
・マップ:
・オススメの時期:春~秋

 

22.春採公園(春湖台)

春採公園(春湖台)

photo by pixta

釧路市の中心部より約1km東方、春採湖の西岸一帯に広がる公園です。自然が豊かな場所で、多くの野鳥を観察できます。周辺には市立博物館や、埋蔵文化財調査センターがあり、ボートもレンタル可能です。

■詳細情報
・名称:春採公園
・住所:釧路市春湖台35-10
・アクセス:JR釧路駅から徒歩30分
・マップ:
・電話番号:0154-24-0513
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/

 

23.雄阿寒岳(春湖台)

雄阿寒岳(春湖台)

photo by pixta

阿寒町にある円錐形の火山で、山頂には旧爆裂火口跡が3つあり、現在は全て活動を停止しています。標高差はおよそ1,000mあり、登山にチャレンジする人も多いそうです。

■詳細情報
・名称:雄阿寒岳
・住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
・アクセス:釧路駅から車で1時間30分
・マップ:
・電話番号:0154-67-3200
・オススメの時期:春~秋
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/

 

24.ペンケトー(阿寒町)

ペンケトー(阿寒町)

photo by pixta

雄阿寒岳の噴火により出現した堰止湖である「ペンケトー」。深い原始林の樹海の中にある淡水湖で、周囲の景色も相まって、とても優美で美しいです。

■詳細情報
・名称:ペンケトー
・住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
・アクセス:釧路駅から車で1時間30分
・マップ:
・電話番号:0154-67-2505
・公式サイトURL:http://www.lake-akan.com

 

25.雌阿寒岳(阿寒町)

雌阿寒岳(阿寒町)

photo by pixta

標高1,499m、阿寒山群の主峰をなす活火山「雌阿寒岳」。阿寒湖の南西に位置しており、約2万年前に火山活動を開始しました。昭和30~34年に史上初の水蒸気爆発があり、現在も活発な噴火活動を続けています。

■詳細情報
・名称:雌阿寒岳
・住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
・アクセス:釧路駅から車で1時間30分
・マップ:
・公式サイトURL:http://www.city.kushiro.lg.jp/

 

26.あいすランド阿寒(阿寒町)

あいすランド阿寒(阿寒町)

photo by pixta

阿寒湖氷上で、スノーモービルやわかさぎ釣りなど様々な冬の遊びを楽しめるレジャーランドです。冬限定の遊び場とあって、毎年多くの人々で賑わいます。ただしとても寒いので、防寒対策はしっかりと行いましょう。

■詳細情報
・名称:あいすランド阿寒
・住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉2丁目
・アクセス:JR釧路駅から車で2時間
・マップ:
・営業時間:2014年1月1日(水・祝)~3月31日(月) 8:00~17:30、19:30~21:00
・定休日:営業日以外
・電話番号:0154-67-2057
・料金:スノーモービル1500円~、スケート1000円、スノーバギー300円(子ども200円)、歩くスキー1000円、ワカサギ釣り1500円、ワカサギ釣り堀(30分600円・天ぷら代別途)、バナナボート500円(子ども300円)
・公式サイトURL:http://www.koudai-akan.net/iceland.html
1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

北海道観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ