ラパス観光の楽しみ方7選

Pocket はてブ

こんにちは!ちゅうやんです!学生の皆さんはそろそろ卒業旅行にどこに行こうかなぁと考え始めているところではないでしょうか。

また、雨季の時期に合わせてウユニ塩湖の鏡張りを見に行こうと考えている方も多いはず!

今日はそのウユニ塩湖!…ではなく、ウユニ塩湖に行く際、立ち寄ることになる人も多いラパスの街の遊び方をご紹介したいと思います。

 

女性は勝てる?南米雑貨の誘惑!

P2132414

photo by Misaki Naka

前回、「お土産買うならここ!財布が緩む世界のお土産市場7選」の記事でも触れていますが、ラパスはお土産を買うには最高の場所なのです。

アワヨと呼ばれる南米の伝統織物で作られた製品や、アルパカグッズなど、サガルナガ通りには数々の誘惑が女性の皆さんを待ち受けています。

私は誘惑に勝つことができず、バラまき土産をたくさん購入し、ペルーで買ったお土産と合わせて日本に郵送しました。

また、ウユニ塩湖の夜は大変寒いので、アルパカセーターや靴下を購入している人が多くみかけました。私もその内の一人です。

 

走ってみる?デスロード!

P1170877

photo by Misaki Naka

P1170933

photo by Misaki Naka

デスロードとは、年に数人死者が出ると言われている、危険な道を自転車で走り抜けるコースのことです。

ラパスのサガルナガ通りにはデスロードツアーの会社がいくつも並んでいるので、予算やツアー内容、そしてツアー後にもらえるTシャツのデザインなど、数件回って吟味してみましょう。

だいたいのツアー会社は、ツアーの最中に撮ってくれた写真や動画をディスクに保存して最後にプレゼントしてくれます。(ツアー料金:Bs.270、入場料:Bs25、約4720円)

 

コースは、ガードレールがない山路を標高4000m位の場所からひたすら自転車で下ること約3時間。トラックがギリギリ走れるぐらいの幅の場所もあったりします。

自転車のタイプもいくつかありますが、私は一番安いタイプのものにしたので、振動がひどく下り終わった時には腕が筋肉痛になりボロボロでした…。

女性は衝撃を抑えられる自転車を選んだ方が良いかもしれません。ガードレールは全くありませんが、スピードを出さなければ崖から墜落することはまずないはずです。

※実際に亡くなられてる方もいるほど危険なツアーでもあるため、参加される時は自己責任でお願いします

 

じわじわくるおもしろさ!おばプロ観戦!

IMG_2145

photo by Misaki Naka

オバプロ。それは毎週日曜日に開催されるおばちゃんプロレスの略称です。インディヘナのセニョリータたちがリングの上で戦うのです!

どうやら、飛び込みでステージに上がることができるようで、私が行った時は日本人がリングの上に上がっていました!

 

場所は、サンフランシスコ教会前から出ているCEJA(セーハ)行きのコレクティーボ(乗り合いバス)に乗り、途中の料金所を過ぎて歩道橋が見えてきたらそこで下車。

歩道橋を上がり右に行くと下記に記述する泥棒市へ行き、左に曲がり橋を渡って行くと、会場の体育館のような建物が見えてきます。

少し分かりづらいので近くにいる人に「チョリータレスリング?」と尋ねてみましょう。

 

料金は、40ボリ(ポップコーン、ドリンク、トイレ券、ポストカード付)。※大人数だったので割引されました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ちゅうやん
中美砂希
仲居やってました
2013年12月6日より9ヶ月間女一人で世界一周達成。心配性で体力がなくても、世界一周できることが証明されました!旅先ではポストカードとマグネットを買うことを絶対としているが、マグネットの保管方法…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ボリビアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ