オシャレなコスパ最強ホテル「ON THE MARKS 川崎」がオープン!羽田までたったの15分

Pocket はてブ

旅の中で最も出費がかさむ、宿泊代。

出来るだけ値段を抑えつつ、安全で心地よい場所を見つけられるかどうか。これは、貧乏バックパッカーにとって常に付きまとう旅の悩みですよね。

 

そんな悩みを抱える私に、川崎に昨年9月オープンしたばかりのホテル「ON THE MARKS」が、バックパッカーが泊まれるホテルの概念を覆すほどコストパフォーマンスが最高らしい!との情報が舞い込んできたので早速調べてまいりました。

羽田空港から15分、横浜・品川駅からは約8分という好立地。羽田空港に発着する国際線が続々と就航している今、覚えておきたい超穴場ホテルです!

 

外国人旅行者にも大人気!まるでカフェのような空間

P1010180

s_DSC_2980

多くの人で賑わう川崎駅から、歩くこと約6分。地図から目を離してみると「ON THE MARKS」という大きな看板を発見!

カプセルホテルと同じ価格のホテルだとは思えないほどお洒落なファサード。

 

ちなみに、「ON THE MARKS」という名前には、「旅の拠点として、お気に入りの街に印(Mark)をつけるきっかけの場所となるように」との想いが込められているとか。

ホテルでありながらも直接「ホテル」という単語を敢えて入れなかったことには、ある理由があるんです。その理由は、後ほどご紹介しますね♡

 

ヴィンテージアンプが奏でる心地よい音楽が、お出迎え

s_DSC_2987

最初に目に入るのは、ヘッドホンを装着したカッコいい鷲と、おしゃれなレコードとともに飾られた「BED,FOOD AND MUSIC」という文字が。

右の壁面に描かれているのは音楽の街・川崎を表すヘッドホンをした、花鳥風月のモチーフである「鷲」。

なんとよく見てみると、ヘッドホンの耳部分には川崎の「川」という漢字が描かれています。

record player

その横にあるのは、ヴィンテージの高級アンプと、様々なジャンルを300枚以上集めたこれまたヴィンテージのレコード。

有線か、iTunesを使って音楽をかけるお店がほとんどの今、アナログレコードを聴ける機会なんて滅多にないですよね。

入り口だけでこのこだわりよう、期待に胸が高まります!

 

フロントは、ダイニングの向こう側

music lounge restaurant night

IMG_6330

↑ クリスマス前だったので、素敵な飾り付けも。

s_DSC_3004

ON THE MARKSは、22年のオフィスビルを改築したリノベーションホテルです。

既存のまま使用した天井や、床の打ちっ放しのコンクリートなどの素材を生かした上で、ヴィンテージの家具などを配置することでデザイン性の高いダイニングフロアになっています。

 

そんな空間の横を通り過ぎると、奥のスペースにフロントが。

フロント前に設置された大きな机とソファには、日本文化を感じる藍色を配色。なんと机の下に敷かれているラグには、柔道着と同じ素材が使われています。

 

普通のホテルであれば、入り口付近にフロントがありますよね。でも、ここでは敢えて一番奥に位置してあります。

それによって、レストランとホテルの2つの役割が可能に。そして、初めて来た人でもスタッフからの視線を浴びることなく、気軽に足を踏み入れることができるんです。

 

シングルベッドと同じ大きさ!カプセルホテルとは思えない快適すぎる部屋

IMG_6327

いよいよ部屋を拝見!の前に、なんと部屋の鍵にもこだわりが。鍵についているこのキーリング、ずっしりと重い銅で出来ているんです。

使えば使うほど味が出てくる素材を敢えて使用しているとか。忘れ物が激しい私にとっても、この重量感はありがたい…

 

さてさて肝心の部屋ですが、なんと嬉しいことに「女性専用フロア」があるんです。

お金を渋るほどに安心までも削らざるを得ない女子旅人にとって、同じ値段のまま安心を得られるなんて…女心がわかってらっしゃる。

bunkbed inside

s_shared bathroom

今回宿泊したのは、Bunk bedというタイプ。2段ベッドで、水周り(トイレ・シャワー)は共用になります。カプセルホテルというよりはドミトリーという方が近いかも。

バックパックやキャリーバッグをしまうロッカーが廊下に設置されているので、睡眠スペースを荷物に邪魔されることなく眠れます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ミカエル
戸口実花
ビールは主食
23歳。編集者として勤めながら、フリーライターをしています。文字を書くか、お酒を飲むか、の日々(大抵後者)。 TABIPPOのメディア事業部ではライター/編集者として、その後プロダクト事業部では…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ホテル・宿泊

FEATURED特集

特集一覧へ