思い出をもっと素敵に!上手に自撮りができる7つのコツ

思い出を素敵に!上手に自撮りができる5つのコツ

思い出をもっと素敵に!上手に自撮りができる7つのコツ
Pocket はてブ

旅を振り返るのに最適なアイテムは、やはり当時の写真です。旅から帰ってきて見返す度、あの時の興奮が頭の中に再生されます。

そんな写真ですが、できるだけ綺麗に撮って残しておきたいと思うのが心情ですよね。

 

最近は自撮り棒(セルカ棒)がブームとなり、周りにカメラを渡せそうな人がいない時、セルフタイマーで撮るための置き場が見つからないときでも、自分でカメラ持って撮影する人を良く見かけます。

そこで今回は、いつもよりワンランクアップした自撮り写真を残せるコツを紹介したいと思います。

 

自分の写りたい姿によってカメラの位置を決める

自分の写りたい姿によってカメラの位置を決める

photo by shutterstock

女の子が上目遣いで写真やプリクラに写っているのを見かけますが、自分を可愛く見せたいときは上から撮るというのは一つの手法として正解です。カメラを顔より上の位置に構えて撮影しましょう。

このときあごを引き、目線はカメラへ、そして上目遣いにします。カメラの位置は少し斜め上にすることを意識してみるとよいでしょう。もちろん旅先で撮影したことがわかるよう目的の景色を入れることを忘れないように手はめいいっぱい伸ばしておきましょう。

 

何故可愛く見えるのかというと、大人が子どもを見下ろすような視点での写真が撮れるため、実際より幼く見えるからです。それ以外にも遠近法により目が大きく見えるといったことや、口が小さく見えるといったことも上げられます。

反対に格好良く見せたいときは下から撮るといいです。子どもが大人を見上げる視点ですね。このとき目線はカメラから外すとより一層格好良さが増します。

 

窓際で撮る

窓際で撮る

photo by Moyan Brenn

室内で自撮りをする場合は窓を探します。窓を見つけたら窓際まで移動して、窓を背中にしてカメラを構えてみます。窓から入る光、つまり逆光を利用します。

逆光と聞くと写真には適さないイメージを持つ方もいると思いますが、それは逆光で撮った写真が暗く写ってしまった経験があるからではないでしょうか。

 

写真が暗くなる原因はカメラが太陽の光を直接捉えて、写真が明るくなりすぎるため全体的に暗くしようとする機能が自動で働くからです。その結果、人物が暗くなってしまいます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

岡村龍弥
岡村龍弥
旅は幸せを感じる1つの手段。
写真の力で旅を応援する団体Photripperの発起人。東京カメラ朝活や初心者向けのカメラワークショップなども不定期に開催。特技はキャンプファイヤー。スペインのトマト祭りでのエピソードはA-Wor…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

カメラ