禁煙エリアで吸ったら罰金40万円!海外で気をつけたい喫煙ルール・マナー

Pocket はてブ

喫煙者のみなさんにとって、最近の日本国内における禁煙化推進、喫煙所撤廃の流れはかなり頭の痛いところでしょう。もはやタバコを吸う場所がどこにもなくなってしまったと嘆いている喫煙者の方も多いと思います。

現在、日本だけでなく世界中でタバコへの締め付けは年々厳しくなっています。中には、海外旅行先でタバコを吸おうとしただけで警察が飛んでくるような国もあるのです。

今回は、海外での喫煙ルールやマナーに関して気を付けておくべきことを、5つ厳選して紹介したいと思います。

 

全体的にタバコの値段が高い!

14737723441_a780708417_b

photo by Mike Mozart

日本でも値上げ値上げで喫煙者が悲鳴を上げていますが、海外のタバコの値段は日本の比ではないほどに高くなっています。

例えばアメリカでは州によってもかなり違いますがおおよそ日本円で700円前後、ドイツも700円前後、フランス、イギリスは1,000円前後、そして世界で最もタバコが高価なノルウェーではなんと1箱1,500円以上で販売されているのです。

 

アジア圏や発展途上国ではまだ日本よりもタバコが安い国もかろうじてありますが、1箱400円程度の日本はもはや天国だと言えますね。

 

禁煙エリアも日本の比較にならないほど広い!

10213459946_11e7d96423_b

Photo by SmartSignBrooklyn

タバコの値段もさることながら、海外では日本の比にならないほど禁煙エリアが幅広く設定されています。

特にヨーロッパ諸国における規制がかなりきつく、EU圏内の国ではほぼ一律全ての飲食店での喫煙が全面禁止となっており、更に国によっては全ての公共スペースでの喫煙が禁止となっているところも多くなっています。

 

アメリカでも州によって違いますが、例えばロサンゼルスではほとんどの場所で禁煙となっていますし、ニューヨークではなんとタバコの陳列販売が全面禁止されています。

 

ポイ捨ては問答無用で罰金の国も多い!

日本でも一部自治体で条例違反となっているタバコのポイ捨てですが、海外の場合には日本よりさらに厳しくなっています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

mery_72
mery_72
北海道札幌市在住。北海道を中心に国内旅行が好きでよく旅をしています。北海道は移動が大変な反面、素晴らしい景観や自然がそこかしこにあり、日がな車を走らせています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ひとり旅

FEATURED特集

特集一覧へ