海外の観光スポットで撮りたい定番ポーズ7選

Pocket はてブ

海外の人気観光スポットには、素敵な光景とともにそこで必ず撮っておきたい「定番ポーズ」なるものが存在します。

人とは違う旅がしたい人にとっても、日本人旅行者を問わず外国人旅行者までもが定番ポーズをしているのをみると、やっぱり仲間意識が芽生えてしまい、一枚くらい記念に撮りたくなるもの。

そこで今回は記念写真に欠かさず撮りたいポーズを周辺の観光情報と合わせてご紹介したいと思います。

 

世界の定番スポットと言えばここ!(イタリア、ピサの斜塔)

P5314260 copy

   photo by Misaki Naka

IMG_7957 copy

photo by Misaki Naka

ついついやってしまう定番と言えばこの場所!ピサの斜塔で倒れそうになっている塔を支えるこのポーズ。

そんなことをやっているのは日本人だけではないかと思いきや、その場を訪れてみれば多くの人が支えるポーズをやっているではありませんか!どうやらこのポーズは全世界共通だったようです。

冷静になってその光景を見てみると、みんなが盆踊りをしているかのような格好に笑ってしまいました!

 

<あわせて行きたい周辺観光情報>

IMG_8054

photo by Misaki Naka

ピサの斜塔へは花の都フィレンツェより電車に乗って約1時間で到着するので、日帰り旅行にぴったり。

そんなフィレンツェは世界史の授業で習ったルネサンス発祥の地。大聖堂の室内装飾が美しいドゥオーモやウフィツィ美術館など、芸術に触れられる街です。

私のお勧めは、ミケランジェロ広場から見渡すフィレンツェの街並。とてもロマンチックで、ぜひカップルで訪れてもらいたい場所です。

 

再びローマに戻って来れるように願いを込めて(イタリア、ローマ)

IMG_7719 copy

photo by Misaki Naka

ローマに来たらやってみたくなるのが、トレビの泉でのコイン投げ!

1枚ならば再びローマに戻って来れる、2枚なら大好きな人と永遠に一緒にいることができる、3枚だと恋人や夫・妻と別れることができる、という言い伝えがあるのは有名ですよね。

この場所はいつでも観光客で溢れていて写真を撮るのも大変!それでも皆さん、投げ入れる瞬間を写真におさめていました。皆さんは何枚のコインを投げいれますか?

 

<あわせて行きたい周辺観光情報>

IMG_7790 copy

photo by MIsaki Naka

街全体がまるで美術館のようなローマ。道を歩けば何かの遺跡が出てきたり大きな彫刻の噴水があったり。そんなローマのシンボルはグラディエーターと呼ばれる剣闘士の戦いが日々繰り広げらていたコロッセオ。

コロッセオの前には当時の政治の中心だったフォロ・ロマーノがあります。コロッセオとの共通券を購入して、偉大なローマ帝国の繁栄をゆっくりと丘から眺めてみましょう。

 

16番目のモアイ像になる(チリ、イースター島)

P3280441 copy

photo by Misaki Naka

のんびりと時間を忘れて過ごすことができるイースター島。この日本から遠く離れた島で、日本の企業が活躍していたってご存知ですか?

イースター島の東側にアフ・トンガリキという、モアイが15体並んでいる上記の写真の場所があります。

今では誇らしげに前を向いているモアイ達に並び、16番目のモアイになってみました。また、モアイの近くまで近寄る事は禁じられているので、遠近法を利用して微調整が必要です。

また、かつてのチリ沖大地震の影響でイースター島のモアイ像が数体ほど倒れてしまったそうですが、現在の状態に復元させたのは日本のクレーン会社だとか。

<合わせて行きたい周辺観光情報>

P3280195 copyphoto by Misaki Naka

P3270010

photo by Misaki Naka

写真上のアフ・トンガリキではモアイ越しに日の出を見ることができます。虫の鳴き声を聞きながら太陽が上がっていく光景、燃え上がるような赤く色づく空の色はいまだに忘れることができません。

また、火山噴火によってできたイースター島では間近で火山湖を見る事ができます。写真下は島の南西部にある死火山、ラノ・カウ火山の頂上にあるカルデラ湖。

イースター島にはモアイしかないと思っていたので、このダイナミックなこの場所は何だか心を穏やかにさせてくれました。

 

決めた!私この街にする!(クロアチア、ドブロブニク)

IMG_9989

Photo by Misaki Naka

どこまでも続くオレンジの屋根が実に魅力的な街並のドブロブニク。ここは魔女の宅急便の舞台となったとも言われており、訪れるのを心待ちにしていた街でした。

ロープウェーでスルジ山の頂上まで登れば、アドリア海の美しさと海に飛び出た旧市街の街並をゆっくりと眺めることができます。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

中 美砂希
中美砂希
心配性でも世界一周
三重県出身。大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

カメラ

FEATURED特集

特集一覧へ