「突然ですが、TABIPPOの専属ライターになりました」世界一周を終えた旅人が帰ってきた!

Pocket はてブ

こんにちは!ライターのKEIです!

世界中で撮った絶景はinstagramにて公開中です! 最近巷では、「インスタグラマー」とか「フォトジェニック男」とか呼ばれていますが、僕のメインは「ライター」なのです!(そりゃカメラもおしゃれも好きだけど…)

僕の将来の夢は「高橋歩さんの本を手にとって『世界一周したい…』と思ったように、清澤 一輝の本を読んで実際に行動してくれる誰かが現れること」これは、世界一周に出かける前から話していた「夢」でした。

世界を西回りにぐるりと回り、トラベルライターとしての仕事もおしまい…の予定でしたが、「ぼく、まだまだやってないことだらけだ…。」ということに気付きTABIPPOで専属ライターとして働くことに。

さて、今回は僕がTABIPPOの専属ライターになった理由を皆さんにシェアしたいと思います!僕はこんな理由でこの会社を選びました!

 

トラベルライターとしてのやり取りもとても刺激的だった

photo by Kazuki Kiyosawa

大きくひとつめとして。トラベルライター時代のやり取りがとても刺激だったことです。旅に出る前にトラベルライターとして、会社に挨拶しに行ってから、記事を書く上でのルールや、僕の記事を編集してくれる人がいたりと、気分はまるで「作家」のよう。

旅が始まっても密に連絡を取り合い、初めて「海外での仕事」を達成しました。(そりゃ初めてのひとり旅なんだから当たり前か…)

そこから、「働くには場所は関係ない」「自分がいる場所が仕事場」という従来の日本の就労のイメージを芯からぶっ壊して、新しい風を僕になびかせたのもこの会社です。お陰様で、日本に帰ってきた今。僕に大げさな仕事場は必要なく、いつでも、どこでも、「自分次第」で仕事が出来るになりました。こんな人生が今は刺激的で刺激的で。帰国した今でもTABIPPOの編集部のメンバーとして、日夜奮闘中です。

 

TABIPPOの会社がとにかく仲良しそうだった

photo by Kazuki Kiyosawa

帰国後すぐに僕は、実際にTABIPPOという会社を観察しにいきました。

トラベルライター以前は、「旅大学」や「世界一周コンテスト」に参加する一般ユーザーだったので、実際に内部のことはよく分かっていないことに気付きました。「先入観(ステレオタイプ)で物事を判断しない」このことは、この旅でよく学んだので、自分の目で、足で、肌で、この会社を感じてみたい!と思い、専属ライターになる前は忙しい中でも、よく足を運び社風を感じてみることに。

「あれ!またKEI君オフィスいるの!?」「最近よく来るね」と言われてもお構いなし!

日本にいる時間を真剣に考えたからでの判断でした。イベントの手伝いや掃除なんかも手伝わさせてもらって…。そんなある日のイベント後。みんなで大掛かりな掃除をし終え、駅に向かうと社員さんが

「あぁ今日も楽しかった!」って自然と言ったんです。それも子供のような無邪気な顔で。これってすごく僕にとって気持ちのいいセリフでした。日本の(特に東京の)会社に勤務している人たちの顔はこんな無邪気な顔じゃないなーなんて、夜風の気持ちいい東京で一人考えながら家まで帰りました。

「こんな会社がもっとたくさんあったら、世の中はどうなってたんだろう。」

良いも悪いも、討論を始めたらキリがないけれど、僕はこういう顔のオトナになりたい。なにかひとつでも、この場から得られたらいいなと思い真剣に専属ライターとしてメンバーに加わりました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

学生時代にバックパックひとつで、世界を西回りにぐるりと一周。日本にいた頃は英語も喋れず、今まで”ひとり旅”もしたことがなく「世界一周」がはじめてのひとり旅。人生において1番大切なことは「行動」し、…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

旅するクリエイターのKEI「心のコンパスの向く方へ」