shutterstock_232532107

タイの「ピピ島」が美しすぎて、まさに楽園中の楽園…

shutterstock_232532107
Pocket はてブ

タイの「ピピ島」ってご存知でしょうか?

映画好きならピンと来る人もいるかもしれませんが、ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台となった場所です。

この映画をきっかけにその美しさに目を奪われた観光客が激増し、世界でも屈指の観光地になっています。でも、行ってみると意外に日本人は少なく、欧米人ばかりでした。

こんなに素敵な島なのに知られていないなんてもったいない!ということで、魅力いっぱいのピピ島をご紹介します。

*編集部追記
2015年10月20日に公開された記事に、追記しました。

 

ピピ島とは?

shutterstock_149714180

photo by shutterstock

ピピ島はプーケットから船で東に約2時間ほどの距離にあるアンダマン海上に浮かぶ島。空港はなく、日本からのアクセスはプーケットかクラビから船で渡ります。

サンゴ礁に囲まれた美しい海と、断崖絶壁の石灰岩がつくる独特の地形で形成された島はまさに「秘島」と呼ぶにふさわしい場所です。昔から世界有数のダイビングスポットとして知られ、エメラルドグリーンの透明度の高い海で世界中のダイバーを魅力しています。

IMG_1846

photo by Takuya Hanaoka

ピピ諸島は6つの島からなりますが、有人島で観光地となっているのはその中の「ピピドン」島。

ホテルや飲食店が立ち並び、急速に観光地として発展している一方、一歩奥へ進んでみると昔ながらのピピ島住民の生活が残っています。

ここでの過ごし方は、エンターテインメントやショッピングというよりも、自然の中でゆったりと過ごすのにピッタリです。

 

エメラルドグリーンの海とカラフルなボート

shutterstock_232532107

photo by shutterstock


島に着くとまず目に入るのはエメラルドグリーンの海です。「青」よりもむしろ「緑」に近いまるで宝石色のようなキラキラした海が広がっています。

 

そして、ピピ諸島をめぐるボートがビーチに並んでいます。石灰岩の岩々とエメラルドグリーンの海をバックにボートを入れれば、まるで絵葉書のような光景です。

海沿いのホテルでこの景色を眺めながらゆっくりしているだけで本当に癒されます。もし、時間があればピピドン島から飛び出して「アイランドホッピング」と呼ばれるピピ諸島をめぐるボートの旅に出てみるのも良いでしょう。

 

映画「ザ・ビーチ」の舞台・マヤベイ

LJaneさん(@yoga.hippiegirl)が投稿した写真


shutterstock_134844350

photo by shutterstock

途中「ザ・ビーチ」の有名な舞台である「マヤベイ」や神秘的な洞窟「ヴァンキングケープ」へ訪れてみましょう。ピピドン島とはまた違った大自然のパワーを感じることができます。

 

トンサイ地区のメインストリートでショッピング

IMG_1877

photo by Takuya Hanaoka

島のメインエリアは港もある「トンサイ」地区。ちなみに、港から降りると島の人たちがずらりとならんでいます。

「荷物をホテルまで運ぶよ!」「ダイビングは予約してるのかい?」「ボートで島巡りはどうだい?」

といったように声をかけられ、まるで大学生の入学式でのサークル勧誘かのように色んなショップの人に絡まれます(笑)その歓迎ぶり?を通り抜けるとすぐに島のメインストリートがあります。

道の両サイドにはレストラン、お土産屋、ダイビングショップなどが所狭しと並んでいます。ただ、よく観光地であるような客引きはなくゆっくりと見る事ができました。

雑貨が充実してるイメージがあり、現地独特の可愛い小物を発見できたりします。メインストリートとしては歩いて1時間もあれば大体周れるので、ブラブラと散歩するのには丁度良いエリアです。

 

さらに夕方を過ぎると、日帰りの観光客がプーケットなどに戻りさらに散策しやすくなるので、できれば宿泊することをオススメします。

 

シュノーケリングも良いけど、ピピ島に来たらダイビングに挑戦!

shutterstock_132252014

photo by shutterstock

4399718868_7b3eed18fb_b

photo by Ilse Reijs and Jan-Noud Hutten

ピピ島に来たからには是非ダイビングに挑戦してみてください!

ピピ島付近の透明度は高い時で約30メートルもあります。エメラルドグリーンの海の中で周り30メートルにニモの世界があると想像してみてください。

たまらないでよね。ジンベイザメやマンタなんかにも遭遇することもあるそうです。

1 2
Pocket はてブ

Writer

社会人2年目で初めて行った海外旅行で旅に目覚めた遅咲きの30代。 少しでも休みがあれば弾丸トラベルに出て、空港からそのまま出社する勢い。 旅をしている時が一番自分らしく、旅をしてる自分が一番好き。 自分の人生をもっと旅で染めたい。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

アジアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧