海外生活「ワーキングホリデー」の基本情報まとめ

Pocket はてブ

ワーキング・ホリデーと言う制度をご存知でしょうか?18歳から30歳までの青年が、協定を結んだ国で、旅行や休暇を楽しみつつ、一定の就労することを認められている、特殊であり夢の制度です。

私も友人から、夢のようでワクワクする制度があることを聞き、昨年オーストラリアにてワーキング・ホリデーをしていました。今回は青年の皆さんの可能性を広げるべく、そもそもどんなもので、どうすれば実行できるのかをお伝えしたいと思います。

青年以外の皆さんゴメンナサイ!!でも是非周りの人へ教えてあげてください。

*編集部追記
2015年12月19日の記事に追記しました

 

ワーキング・ホリデーで行ける国

children-286239_1920

photo by pixabay

2015年現在、日本とワーキング・ホリデーの協定を結んでいる国は全部で14カ国あります。

1980年に結ばれたオーストラリアをはじめ、ニュージーランド、カナダ、大韓民国、フランス、ドイツ、アイルランド、デンマーク、イギリス、台湾、香港、ノルウェー、2015年に新しく加わったポーランド、ポルトガルです。

 

■日本とのワーホリ協定国

【オセアニア】オーストラリア/ニュージーランド

【北米】カナダ

【ヨーロッパ】イギリス/アイルランド/ドイツ/フランス/デンマーク/ノルウェー/ポーランド/ポルトガル

【アジア】韓国/台湾/香港

 

各国が提示する条件に沿って、大使館等でワーキング・ホリデーをするのに必要な「ワーキング・ホリデービザ」を申請し、許可が下りて初めてその制度を利用できることになります。

原則として1カ国につき1年間の滞在を許されているのですが、オーストラリアに限っては、指定された仕事に88日間就労したことを条件に申請すると、更にもう1年(トータル計2年)の滞在延長が認められます。

 

ただし1カ国につき1度のみの申請なので「ビザが切れてしまったから数年後にもう1度!」なんてことは出来ません。一生に一度きりとはまさにこのことです。

上手く使えば、18歳から10年以上、海外で働きながら暮らすことが出来てしまうのです!

 

どんなことが出来るのか?

big-ben-749466_1280

photo by pixabay

さて、ワーキング・ホリデー(以下ワーホリ)は先にも挙げたように、1年間就労することも認められている特殊な制度です。

仕事をせずに語学などの学業に励むもよし。学校へは行かずにひたすら仕事をして資格をゲットしたりお金を稼ぐもよし。仕事も学校も興味ないけど旅がしたい!そんなノマド的暮らしもよし。

それぞれの状況と目的に合ったスタイルで、各国1年(あるいは2年)の時間を過ごすことが出来ます。

 

ビザの取得に必要なこと

20150919 551

photo by peco

行きたい国によって条件は少しずつ異なるのですが、共通条件として18歳以上30歳以下であることが挙げられます。(25歳以下となっている国もあるのですが、各々の政府当局が認める場合、30歳以下まで申請することが可能とされています。)

そして、国によっては数十万円の貯蓄があるかどうか、入国予定日、海外保険に加入しているかどうか、病院での健康診断等の証明が求められます。

 

また、年間のビザ発給定員が決まっている場合もあり、イギリスは毎年抽選が行われている為、申請期間も設けられているので注意が必要です。

国ごとの詳しい申請条件はこちら→日本ワーキング・ホリデー協会

 

有効期間はあるの?

wild-865296_1920

photo by pixabay

これも国によってそれぞれ定められています。そのため、入国してから1年間有効というものなら、18歳以上の人が31歳になるまでに申請してビザを得ておけば、31歳で入国するといったことが可能です。

はたまた、ビザの発給されてから3ヶ月以内に入国しなければならないという条件がある場合もあります。

 

その場合、期限内に入国できなければ自動的にワーホリビザは消失してしまい、二度とその国のワーホリビザを得ることが出来ません。各国の条件を十分に理解したうえで申請しましょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ペコちゃぁん
松井佑有
初海外のオーストラリアで1年間のワーホリ後、そのまま東回りで世界一周。直感系女子ペコちゃぁんです。帰国後は地元香川県にて飲食の仕事をしておりました。現在はポルトガルにてワーホリ中。 夢は世界に名…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ワーホリ