tabippo
向井 愛美 TABIPPO / ディレクター・編集者

大阪出身。TABIPPOでは欲張ってマーケティングプランナーとコンテンツディレクター半々で働く。広告代理店出身、元フリートラベルライター。観光業の発展と個々人の選択肢を広げることに尽力したい。とにかく新しい体験や感動に出会える旅行が好き。人生楽しんだもん勝ち。

こんにちは!TABIPPOのまなみです。

TABIPPOは2020年に、10周年を迎えました。この10年間でTABIPPOは大きく変化しています。この変化の軌跡を、10周年という節目のタイミングで、その歴史をよく知るふたりと共に振り返ったのがこのインタビューです。創業メンバーの出会いから、今に至るまでを全4回でお届けします。

前回は、創業メンバーが出会い、学生団体を立ち上げ、そして大学を卒業して社会人になったところまでをお伝えしました。今回のvol.2では、それぞれ別の会社に入社したメンバーが再度集まりTABIPPOを法人化するに至ったエピソードをご紹介します。

vol.1はこちら

vol.2も1に引き続き、下記のお二方にお話ししていただきました!

ひとりめは、TABIPPO代表の清水直哉(以下:清水/しみなお)。学生団体の立ち上げから今までずっとTABIPPOの中心人物で、その歴史を最もよく知っている人と言っても過言ではありません。


清水 直哉
群馬生まれ、40ヶ国以上を旅したビール好きの経営者、あだ名は「しみなお」です。世界一周のひとり旅から帰国して、TABIPPOを仲間と一緒に創設しました。26歳で起業してから、旅の力で世界を豊かにすることに人生を賭けてます。でも、経営者らしくないフラットな人間。趣味は、サッカーと漫画、そしてお酒。カレーとトマト、ビールとコーヒーが大好きです。

 

ふたりめは、TABIPPOの名付け親小泉翔(以下:小泉/しょう)。学生団体だった頃に「TABIPPO」という名前を発案、学生団体の立ち上げから今まで第一線で関わり続けるメンバーのひとりです。


小泉 翔
株式会社TABIPPO創業メンバーで、立ち上げから @TOKYOCITYFC の中の人。大宮アルディージャU-18、大学はアメリカ留学から世界一周の旅。立教卒、サイバーエージェント12年入社、14年にTABIPPO法人化、6期目です。渡航ヶ国数は現在42、ブラジル、ロシアW杯を現地観戦。カタールも行きます。

 

それでは、vol.2スタートです!

 

最初から、成し遂げたいことは変わらない

TABIPPOのイベントは、創業メンバーの大学卒業後も、引き継ぐ学生(後輩)たちによって開催されていくことになりました。ですが、社会人になったメンバーも様々な形でTABIPPOに関わり続けていたそうです。当時の思いや、活動を続けたモチベーションについて聞きました。

―最初に社会人になったメンバーは、TABIPPOのことをどう思っていましたか?

清水

その頃はまだ会社にしようって話なんて一切なかったから、何も考えず、普通に就職したよね。ビジネスになるとも思ってなかったし。就職しても活動は変わらず続けるつもりではあったけど。

小泉

そうだね。大学生のときの活動を、これから社会人になってもボランティアでやっていくんだろうなーみたいな感じ。だから社会人になっても、変わらず週末にMTGとかしてたな。

清水

そもそも、学生の頃から「学生団体」って言いたくなかったよね。学生団体のはしりの時期でいっぱいいたというのもあるけど、学生の時だけやりたいわけじゃないし、人生かけてやりたいことだったから。

ずっとやっていこうと思っていたのもあって、自分たちのことは「世界一周団体」って言ってた。だからこそ大学を卒業しても、学生が終わったからTABIPPOも終わりってわけじゃなくて。そこは悩むところでもあったけど、会社入りながらTABIPPOのことはずっとやっていくことにした。

 

ー最初に始めたメンバーが社会人になっても、変わらずイベントは盛況でした?

小泉

うん。アースマラソンを完走した間寛平さんを呼んだりしたからね!

清水

すごいよね(笑)

小泉

学生にとってはすごい高いオファー費だったんだけど、協賛とかチケット費とかを集めてなんとかお呼びすることができて。

清水

ちょうどSNSの時代の流れもあったし、自分たちの個性もあいまってなんとか資金繰りができてた。翔はTABIPPOの前からイベントやってたし、俺はサッカーの部活の試合に人集めたりとか、そういうのがうまく活きたよね。

小泉

めっちゃ頑張ってたよね!

清水

今より頑張ってたかも(笑)

小泉

お金もらわずやってたもんね(笑)

イベント後、感極まる当時の小泉さん。

 

―そのモチベーションはみなさん同じだったんですか?お金以外になりますよね。

清水

そこは今とあんまり変わっていなくて、旅を広めたいというのが共通のモチベーション。ただ、共通してるんだけど、旅を広めた先にこういう世界があるよねっていうのは、それぞれの思いとか考えがあるよね。

小泉

それ、昔からみんなとめちゃくちゃ話してる。気持ち悪いくらい。

清水

翔がよく言ってたのは、アメリカのことだよね。変わらないからよく覚えてる。アメリカ人は楽しくてハッピーでみんな仲良しみたいな感じで、日本人はつまらなそうにしてるように見えてたんだよね?

小泉

そう。よく言ってたのは「あいつら木曜日になるとソワソワして、金曜日には午後の授業取らずに、BBQするんだよ!」ってこと(笑)そうしたら毎週楽しいじゃん、って。

清水

楽しいほうがいいじゃんってことだよね。日本もそういう国にしていきたいっていうのを、留学とか旅をして思ったんでしょ?

小泉

うん。俺みたいに海外に出てそういうことを感じて、日本もめっちゃいい国だし、もっと楽しく生きようって思う人が増えたら、日本を変えられるなって。世界一周のムーブメントを起こせるなって思ったんだよね。

 

―しみなおさんはどうですか?

清水

旅をして、「人間ってやりたいことをやった方がいいな」っていう、すごくシンプルなことを思った。日本にいる人たちに、もっと自分のやりたいことをやってほしいなって、それがキッカケ。そうしたら、日本ももっとよくなるし、世界ももっとよくなるなって。

清水

方法は何でも良かったんだけど、自分が旅で変わったから、旅する人が増えれば変わるかなと思って旅にしたんだよね。人生で初めて人のために何かしようと思った瞬間だったから、結構衝撃的だった。今まで自分のためにしか生きてこなかったから。

 

―社会人になって忙しくなってもその想いは変わらず?

小泉

うん、働きながら週末にやってたよね。変わらず。

清水

社会人になっても、やっぱりTABIPPOが会社になると思ってなかったから、それぞれ別の仕事や人生を歩みながら、活動は続けていこうっていうイメージだったよね。

小泉

趣味をすごい熱量でやってたって感じかなあ。

 

―ちなみに、かなり長い時間を過ごされてると思うのですが、おふたりは今まで喧嘩したことはないんですか?

小泉

俺としみなおは、マジで1回もないかも…。

清水

喧嘩はないよね。出会ってから今日までないね。あ、超くだらないことは1回だけあった!2014年にイベントやるときに、東京と大阪で初めてやったの。そのときに、打ち上げを一緒にするか、別でやるかでもめたよね(笑)

小泉

あった(笑)今では想像できないくらい、東京と大阪がバチバチやってて。ライバル関係みたいなね。大阪側が、これだけ自分たちは一致団結したんだから、大阪は大阪で打ち上げをやりたいって言って。それを俺が代表して伝えたんだよね。

清水

で、言い合いまではいかないけど、俺がちょっとプチっとね「は?なんなの?ありえないし」みたいな感じになってしまった。でも、翔が一瞬で冷静になって「ごめん。」って(笑)

小泉

喧嘩かな?これ(笑)
tabippo
向井 愛美 TABIPPO / ディレクター・編集者

大阪出身。TABIPPOでは欲張ってマーケティングプランナーとコンテンツディレクター半々で働く。広告代理店出身、元フリートラベルライター。観光業の発展と個々人の選択肢を広げることに尽力したい。とにかく新しい体験や感動に出会える旅行が好き。人生楽しんだもん勝ち。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング