writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

江ノ島発、手作りのなめらかプリン

お店の前にかわいい壁があったので、その前で買ったばかりのプリンを持ってパシャリ。手のひらに収まるサイズがかわいらしくて、なんだか食べるのももったいない気がするけど……。その場で食べたい気持ちを抑えて、江ノ島方面に向かいます。

お店の方に「近くで食べれる場所を知ってますか?」と尋ねると、歩いて15分ほどで江ノ島まで行けるとのこと。どうせならきれいな景色を見ながらプリンをじっくりゆっくり堪能したいなあと思い、江ノ島まで向かうことにしました。早く食べたいなあっ。

 

江の島プリンには、大麦を煎って石臼で挽いた「麦こがし」を使用しているそう。挽いた麦こがしを使うことで口どけがなめらかになり、香ばしい風味が広がります。卵黄をたっぷり使ったプリンを一口食べてみると……うーん、自然な甘さがたまらない!

健康的な食材を使っているため、罪悪感なくぺろりと食べられます。ぱくぱく無心で食べていると、最後に黒豆が現れてびっくり。江の島プリンにのみ、下に黒豆が入っていることを忘れていました。プリンに黒豆は少し意外でしたが、この甘さが思いのほか合います。

今回は自分用に一つしか買いませんでしたが、これはいくつか購入してお土産として持ち帰るのも良さそう!

 

江ノ島のお土産にぴったり

All photo by Abe Saxophone

江ノ島エリアで、偶然見つけたお土産の新定番「江の島プリン」。見た目もかわいらしく、健康食材で作られているので、きっと喜ばれると思います。

自分へのお土産に、お友達へのプレゼントにもおすすめです!江ノ島に出かけた際は、新しいお土産としておひとついかがですか?

■詳細情報
・名称:江の島プリン
・住所:〒251-0035神奈川県藤沢市片瀬海岸1丁目11-27
・アクセス:江ノ島電鉄「江ノ島駅」徒歩4分、小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」徒歩4分、湘南モノレール「湘南江の島駅」徒歩5分
・営業時間:10:00~17:00 ※夏季は、17:30までの営業。
・定休日:火曜日
・電話番号:0466-52-7433
・公式サイトURL:https://enoshima-pudding.com/
writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事