日本の絶景温泉・露天風呂32選

Pocket はてブ

世界には数多くの絶景・秘境がありますが、私達の住む日本にも、世界に誇る素晴らしい絶景・秘境が沢山あります。その中でも温泉は日本が誇る文化でもあります。心も体も温まり、心の底から至福の時間を味わうことができます。

今回は、日本各地から集めた、素敵な「露店風呂」で「絶景」が望める温泉をご紹介いたします。

*編集部追記
2016年4月に公開した記事に新たに5か所加筆しました。
2016年4月の記事に新たに3選追記しました。(2017/12/27)
2017年12月の記事に新たに追記しました。(2018/07/27)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

絶景温泉に行ってみての感想

photo by pixta

さて、ほとんどの日本人の皆さんと同じように、私も温泉が大好きです!特に絶景が眺められる露天風呂なんて、浸かっていて「サイコー!」と叫び出したくなるくらい!

日本には数多くの絶景温泉がありますが、やはり美しい景色を眺めながら温泉に浸かっていると、普通の温泉よりもさらに疲れが取れる気がします。

 

例えば山形県にある滑川(なめがわ)温泉は、目の前にすぐ渓流が流れているという抜群の立地。水の流れる音を聞きながら、豊かな自然を満喫しつつ温泉に浸かれるなんて、まさに最高のロケーションですね。

また、青森県にある黄金崎不老ふ死温泉は、温泉の湯が黄金色をしており、目の前には日本海が広がっているという絶好のロケーション!日本海を間近に見ながら温泉に入れるなんて、なかなかできないのでとても貴重です!

 

おすすめの温泉

私がおすすめするのは、富山県にある温泉「くつろぎの宿 うみあかり」です。源泉100%かけ流しの温泉で、目の前には富山湾、そしてその奥には立山連峰と、海と山、どちらも楽しめる贅沢な眺めが最高です。

夜は、海の向こうに街の光が見えとても幻想的!昼とはまた違う、ロマンチックな景色が楽しめます。旬の食材をたっぷり使った料理もおいしいので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

*編集部追記(2017/12/27)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

滑川(なめがわ)温泉 福島屋/山形県

Annaさん(@anna_k321)が投稿した写真 – 2015 10月 15 5:30午前 PDT

山形県米沢市にある「滑川温泉 福島屋」は滑川温泉唯一の宿。標高850mの自然豊かな山中にあり、なんと開業は200年以上前の老舗宿なんです。

宿の自慢のお風呂は全て源泉掛け流し。特に露天風呂の岩風呂は大自然に囲まれ、目の前には渓流が流れるという雰囲気抜群の立地。山の中にあるため、まさに秘湯と言える絶景露天風呂です。

■詳細情報
・名称:滑川(なめがわ)温泉 福島屋
・住所:山形県米沢市大字大沢15
・アクセス:JR奥羽本線峠駅から送迎あり(予約要)
・営業時間:日帰り入浴09:00~16:00
・定休日:冬季休業あり
・電話番号:0238-34-2250
・料金:日帰り入浴500円
・公式サイトURL:http://www.namegawa-fukushimaya.com/index.html

 

藤七温泉 彩雲荘/秋田県

「藤七温泉 彩雲荘」は岩手県の十和田八幡平国立公園内にある温泉宿。標高は山頂近くの1,400mという高さにあります。

この彩雲荘の一番人気はなんといっても野趣あふれる露天風呂。開放感にあふれ、八幡平の雄大な大自然を目の前で満喫しながら入浴が可能です。

■詳細情報
・名称:藤七温泉 彩雲荘
・住所:岩手県八幡平市松尾寄木北の又
・アクセス:松尾八幡平ICから車で約1時間
・営業時間:日帰り入浴の場合08:00~18:00
・定休日:4月下旬~10月下旬以外
・電話番号:090-1495-0950
・料金:日帰り入浴の場合600円
・公式サイトURL:http://www.toshichi.com/index.html

 

赤穂温泉 絶景露天風呂の宿 銀波荘/兵庫県

@ohitori_onsenが投稿した写真 – 2016 2月 1 5:56午前 PST

兵庫県の赤穂温泉にある銀波荘の名物は宿名にも含まれる絶景の露天風呂。この景色を見ればそう自ら名乗る地震があるのも分かりますよね。

露天風呂の目の前には美しい瀬戸内海が見え思わずため息がでそうになります。また温泉に入りながら朝、昼、夕方、夜と時間帯によって様々な景色が見られるので、何度も入りたくなりますね。

■詳細情報
・名称:赤穂温泉 絶景露天風呂の宿 銀波荘
・住所:兵庫県赤穂市御崎2-8
・アクセス:JR播州赤穂駅南口から無料送迎あり(10:45、11:15、14:45、15:45)
※日帰り入浴の場合は当日空席がある場合のみ
・営業時間:日帰り入浴の場合11:00~20:00(最終受付19:00)
※第一月曜日は15:00まで
・電話番号:0791-45-3355
・料金:日帰り入浴の場合1,700円
・公式サイトURL:http://www.ginpaso.co.jp/

 

箱根吟遊/神奈川県

@kazariseiが投稿した写真 – 2016 2月 21 7:40午後 PST

人気の高級旅館として有名な「箱根・宮ノ下温泉 箱根吟遊(はこねぎんゆう)」。お部屋は全室に露天風呂とテラスが付き客室という豪華な施設の旅館です。

露天風呂からは眺めの良い渓谷の風景が見られ、多くの人を魅了しています。

■詳細情報
・名称:箱根・宮ノ下温泉 箱根吟遊
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下100-1
・アクセス:箱根登山鉄道宮ノ下駅から徒歩約3分
・電話番号:0460-82-3355
・料金:日帰り入浴はなし。宿泊または日帰りスパにて利用可能。
料金はプランによる。
・公式サイトURL:http://www.hakoneginyu.co.jp/

 

黄金崎不老ふ死温泉/青森県

海辺にある露天風呂が有名な「黄金崎不老ふ死温泉」。お湯はまさしく黄金のような色をしています。

テレビや雑誌などでも何度も登場したことのある人気の秘湯で、露天風呂では日本海を一望しながらの入浴ができます。地平線に沈む夕日を見ながら楽しむのも素敵ですよね。(16:00以降は宿泊者のみ利用可能なので要注意)。

■詳細情報
・名称:黄金崎不老ふ死温泉
・住所:青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
・アクセス:能代南ICから車で約1時間30分
・営業時間:日帰り入浴の場合、海辺の露天風呂08:00~16:00(最終受付15:30)
本館08:00~20:00(最終受付19:30)、新館10:30~14:00(最終受付13:30)
・電話番号:0173-74-3500
・料金:日帰り入浴の場合600円
・公式サイトURL:http://www.furofushi.com/

 

王ヶ頭ホテル/長野県

haruさん(@haru_mi68)が投稿した写真 – 2014 9月 20 10:26午後 PDT

「雲の上のホテル」「天空のホテル」などの愛称で知られる長野県の王ヶ頭ホテル。美しい大自然の自然保護区・美ヶ原高原の頂上にある人気のリゾートホテルです。

どこにいても360度の山の大パノラマが楽しめる王ヶ頭ホテルの人気のお風呂は半露天風呂。ここから朝日や夕日、星空、雲海を眺めながら絶景風呂を満喫しましょう。

■詳細情報
・名称:王ヶ頭ホテル
・住所:長野県松本市入山辺8964
・アクセス:JR松本駅から無料送迎あり(前日までに要予約)
・電話番号:0263-31-2751
・料金:プランによる
・公式サイトURL:http://www.ougatou.jp/

 

氷見温泉郷 くつろぎの宿 うみあかり/富山県

「氷見温泉郷くつろぎの宿 うみあかり」があるのは富山県の灘浦海岸に面した宿。新鮮で美味しい料理が評判です。

そしてもう一つの人気は源泉100%かけ流しの温泉。露天風呂の前には富山湾が広がりり、海の向こうには壮大な立山連峰が目に入ります。のんびり風景を眺めながら温泉にゆっくり浸かってリフレッシュできるでしょう。

■詳細情報
・名称:氷見温泉郷 くつろぎの宿うみあかり
・住所:富山県氷見市宇波(灘浦海岸)
・アクセス:JR氷見駅から無料送迎あり(予約要)
・営業時間:日帰り温泉の場合0:00~22:00(最終受付21:30)
※日帰り温泉は別館の岩風呂のみの利用
・電話番号:0766-74-2211
・料金:日帰り入浴の場合500円
・公式サイトURL:http://www.umiakari.jp/

 

赤沢温泉郷 赤沢温泉ホテル/静岡県

@yuri.hhhがシェアした投稿 – 2017 1月 30 12:20午前 PST

赤沢温泉ホテルは静岡県伊東市位置するリゾートホテル。なんとあの化粧品会社の「DHC」がプロデュースしているリゾートです。ホテルの露天風呂は太平洋の大パノラマをのぞめる絶景ポイントにあります。

リゾートの敷地内には「赤坂日帰り温泉館」もあるので、宿泊者以外はこちらの施設で日帰り入浴が可能です。もちろんこちらもオーシャンビューの露天風呂があります。

■詳細情報
・名称:赤沢温泉郷 赤沢温泉ホテル
・住所:静岡県伊東市赤沢字浮山163-1
・アクセス:伊豆急下田「伊豆高原駅」から無料送迎あり
・営業時間:日帰り入浴の場合、通常期10:00(繁忙期09:00)~22:00(最終入館21:00)
・定休日:日帰り入浴の場合、1月と6月に休館日あり
・電話番号:0557-53-5555
・料金:日帰り入浴の場合、通常期1,550円、繁忙期1,900円
・公式サイトURL:https://top.dhc.co.jp/akazawa/hotel/

 

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉/秋田県

photo by pixta

秋田県にある乳頭温泉郷の中でもっとも古い歴史を持つ「鶴の湯温泉」。「日本の秘湯を守る会」の会員でもあり、秘湯マニアの中でも人気の旅館です。

珍しいことに鶴の湯温泉では4種類の異なる泉質の温泉がおり、入浴すると違いが分かるそうです。内湯のほか、一番の知名度を誇るのは混浴の露天風呂。この景色を見れば、一度は訪れてみたい秘湯として名をはせる理由が分かりますね。

■詳細情報
・名称:乳頭温泉郷 鶴の湯温泉
・住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
・アクセス:JR田沢湖駅から定期バスに乗り「アルパこまくさ」下車。そこから無料送迎あり(事前に連絡要)。
・営業時間:日帰り入浴の場合10:00~15:00
・定休日:月曜日が露天風呂清掃のため入浴不可、内湯のみ
・電話番号:0187-46-2139
・料金:日帰り入浴の場合600円
・公式サイトURL:http://www.tsurunoyu.com/

 

二岐温泉 大丸あすなろ荘/福島県


「二岐温泉 大丸あすなろ荘」も「日本の秘湯を守る会」の会員になっている宿の一つ。宿の周りはブナの原生林に囲まれた人里離れた場所にあります。

大丸あすなろ荘の名物露天風呂といえばこの渓流露天風呂。川のせせらぎを聞きながら、リラックスしながら入浴ができます。春夏は新録、秋は紅葉、冬は雪景色を四季折々の景観を楽しめるのも素敵です。

■詳細情報
・名称:二岐温泉 大丸あすなろ荘
・住所:福島県岩瀬郡天栄村湯本字下二俣5
・アクセス:JR新白河駅から二岐温泉行バス「ゆったりヤーコン号/予約要」で二岐温泉へ
・営業時間:日帰り入浴の場合11:00~14:30
・電話番号:0248-84-2311
・料金:日帰り入浴の場合800円
・公式サイトURL:http://www.daimaruasunarosou.com/
1 2 3
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

温泉・スパ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品