高松から20分でアートの島。女木島で「瀬戸内国際芸術祭」を満喫してきた

Pocket はてブ

3年に一度、瀬戸内海の島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。4回目の開催となる2019年は、春・夏・秋に会期を分けさまざまなアート作品を展示しています。

瀬戸内国際芸術祭といえば直島の「赤かぼちゃ」や豊島の「豊島美術館」などが有名ですが、ほかの島にも面白い作品がたくさん。今回、私・阿部サキソフォン(@mnooooom)は相方の喜多ちゃん(@tbp_tmp12)を連れて高松から20分で行ける「女木島」を訪れました。

 

女木島までのアクセスはフェリーで

photo by Abe saxophone

高松駅から徒歩20分ほどのところに、島行きの船が出る高松港があります。この港からはいくつもの島へ船が出ているので、ほかの乗り場に行かないよう注意してください。この「女木島・男木島」と書かれた売り場で切符を購入します。

photo by Abe saxophone

高松から女木島までは片道370円。帰りの手間を省くためにも、行きに往復チケットを買っておきましょう。

ちなみに女木島は鬼ヶ島という別名も持っています。なんでも鬼ヶ島伝説が残る島らしく、この旅で鬼ヶ島洞窟も行ってきたので、気になる方はこちらのレポート記事をちらっとのぞいてみてください。とってもシュールで楽しい場所でした。

 

photo by Abe saxophone

女木島に向かう船は、こちらの「めおん2」。船に乗ってから居眠りする暇もなく、あっという間にたった20分で女木島に到着します。

高松ー女木島間は朝8時から夕方18時まで1日6本運行していますが、日帰りでアート観光する場合は遅くとも14時の便に乗って向かいましょう。夏の繁忙期はダイヤが増えていますので、こちらの公式サイトをご確認ください。

 

アート作品であるカモメがお出迎え

photo by Abe saxophone

女木島に到着すると、早速カモメが迎えてくれます。

ん?カモメが迎えてくれる……?

photo by Abe saxophone

確かにカモメです。カモメが突き刺さっています。

photo by Abe saxophone

ダダダダダダダときれいに並んだ、笑ってしまうくらい大量のカモメが出迎えてくれます。

photo by Abe saxophone

「カモメの駐車場」と題された、こちらの作品。なんとカモメは全部で300羽もいるそうです!風によってカモメの顔の向きが一斉に変わる様子は、見ているとだんだんクセになってきます。

■詳細情報
・名称:カモメの駐車場

 

インパクト大の野外アート作品

photo by Abe saxophone

ピアノのような、船のような……少し不思議なこちらの「20世紀の回想」は、グランドピアノと4本の帆による作品。ピアノから流れる音と波の音が呼応して、美しい旋律を奏でます。

photo by Tomomi Kita

小学校からピアノを習っていた私。ピアニストになりきって写真を撮ろうとしたのですが、この直前には大雨が降っていたためイスがびしょ濡れ……。

空気イスでピアノを弾いている感じにしましたが、全然サマになっていませんね。

 

photo by Abe saxophone

こちらは瀬戸内国際芸術祭の作品ではないのですが、合わせて紹介させてください。香川県の離島に、なぜか巨大なモアイ像がいるんです。

イースター島のモアイ像再建のため、テスト用で作られたモアイ像のレプリカが立っているのだとか。近くで見るとかなりの迫力です。

■詳細情報
・名称:モアイ像
・住所:〒760-0092 香川県高松市女木町15−22

photo by Abe saxophone

ちなみに、女木島のビーチは砂浜が白くてとってもさらさら。海の向こうには山が見えていて、絶妙なバランスです。ちなみに屋外の作品は、会期中以外も自由に見学できます。

 

映画好きにはたまらない「名画座」

photo by Abe saxophone

女木島のアート作品の中で、映画好きの喜多ちゃんが一番興奮していたのが、このISLAND THEATRE MEGI 「女木島名画座」。古い倉庫を改装し、映画にまつわるイラストが壁にペイントされています。

photo by Abe saxophone

中に入ると、往年のスターの肖像画がずらり。この味のあるイラストのタッチがたまりません。映画好きなら、この空間だけでも楽しめます。

映画好きの喜多ちゃんも、この笑顔です。隣には喜劇王チャップリンのシルエットも。

photo by Abe saxophone

この作品の特徴は、壁に描かれたイラストだけではありません。階段を登って2階に上がると……

photo by Abe saxophone

なんと本格的なシアターになっています!1日の間に数回ショートフィルムが投影されており、私たちが訪れた間もちょうど昔のアニメ映像が流れていました。

photo by Abe saxophone

実際にイスに座って鑑賞。昔の映画館みたいで、なんだかわくわくします。

photo by Abe saxophone

2階にも、映画ファンにはたまらないイラストの数々が描かれています。「これはあの映画だね!」「このシーンは最高だった」なんて、映画の話で盛り上がるはず。

■詳細情報
・名称:ISLAND THEATRE MEGI 「女木島名画座」
・住所: 〒760-0092 香川県高松市女木町227
・開館時間:9:00-16:30
・定休日:会期中無休
・料金:300円
・公式サイトURL:https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/113.html

 

ちょっぴり大人な雰囲気漂う「女根」

photo by Abe saxophone

次に向かった作品は「女根 / めこん」。なぜでしょう、なぜかいやらしい想像をしてしまいます。少しR指定っぽい響きですが……あれ?見た目は普通の小学校です。

作品の舞台は、現在休校中の女木小学校。本当にここで合っているのかな?と疑いながら中に入ってみると……

photo by Abe saxophone

 

うん、なるほど。そう見えなくはない。

 

どことなく、蜷川実花さんを想像させる世界観です。主張強めなグリーンとオレンジがふんだんに使われており、非日常空間を作り出しています。個人的には嫌いじゃないです、むしろ好き。

photo by Abe saxophone

そして奥の方に目をやると、巨大なオブジェがものすごい存在感を放っています。この雑多な感じといい、いたるところに見られる錆びといい、ジブリ作品の「天空の城ラピュタ」に出てきそう。ツタに体を覆われたロボット兵が現れそうです。

左上に光る女根のネオンもいい味を出していますね。

photo by Abe saxophone

ああもう、こういう感じがたまらない。

photo by Abe saxophone

小学校という見慣れた空間のはずなのに、アーティストの手によって全く別物に変化を遂げています。

 

photo by Abe saxophone

訪問した時は見学者が少なかったため、スタッフの方が詳しく説明してくれました。実はこの巨大な物体は、ある植物の根っこなんだそう。何の植物だかわかりますか?

正解は、ライチの木。あのフルーツの木の根っこは、こんなにもびっしりと張り巡らされていて力強いものだったなんて、驚きです。

photo by Abe saxophone

スタッフの方に言われて気づいたのですが、地面には大きな足跡が2つ描かれています。さまざまなイラストや昔の写真がコラージュされており、ひとつひとつ見ていくとおもしろいです。

photo by Abe saxophone

ちょっぴり大人な世界の雰囲気が漂う、女根。独特な世界観ですが、美しく穏やかな瀬戸内の景色とのギャップによって、より異質感が引き出されているのかもしれませんね。

■詳細情報
・名称:女根 / めこん
・住所:〒760-0092 香川県高松市女木町236−2
・開館時間:9:00-16:30
・定休日:会期中無休
・料金:510円 | ※15歳以下無料
・公式サイトURL:https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/megijima/31.html
1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部サキソフォン
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アート・美術館

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品