モスクワのエスニック・レストラン5選!密かに人気上昇中のジョージア料理も

Pocket はてブ

ロシアの首都、モスクワにはいろいろな国の料理店が集まっています。しかも、日本ではなかなかお目にかかれない料理ばかり!今回は筆者が訪れたレストランを一気に紹介します。

ぜひ、モスクワで楽しいエスニック料理のハシゴをしてくださいね。

 

①モルドヴァ大使館にある不思議なレストラン「モルドヴァ」

Photo by Nitta Hiroshi

最初に紹介するのは、在モスクワモルドヴァ大使館の中にあるレストラン「モルドヴァ」です。モルドヴァはルーマニアとウクライナの間に挟まれたラテン系の小さな国です。

大使館内にレストランがあるため、途中でパスポートチェックがあります。そのため、パスポートを持っていくことをお忘れなく!

Photo by Nitta Hiroshi

「大使館にあるレストラン」と聞くと堅苦しいイメージを持たれるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。店内はラテンらしく明るい雰囲気。スタッフもいろいろと気を配ってくれます。

Photo by Nitta Hiroshi

まず、モルドヴァと言ったらワイン!さっそく、セミスィートの赤ワインを注文しました。これが、上品な甘さでとてもおいしい!ワインが苦手な旅人も飲みやすいと思います。

レストランではモルドヴァワインの販売も行っているので、ワイン好きの旅人は必須ですよ。

Photo by Nitta Hiroshi

次にスタッフから「これがモルドヴァのスープだよ」と教えてくれたジアマと呼ばれるスープを試してみることに。基本は野菜スープですが、東ヨーロッパによくある独特の酸味が効いています。パンとよく合いますね。

Photo by Nitta Hiroshi

メインはモルドヴァ料理の王道、ママリーガ。黄色の玉みたいなものはトウモロコシの粉でつくられています。写真はスタッフがトウモロコシ粉をつぶし「これを混ぜて鶏肉と一緒に食べるのよ」と教えてくれたシーンです。

鶏肉とトウモロコシ粉、チーズがとてもマッチングし、どんどん食が進みました。おそらく、日本料理にはない味ですね。

Photo by Nitta Hiroshi

ところで、食後の紅茶と黒砂糖がとてもおいしかったのです!これほどコクのある紅茶は初めて!本当はワインよりもこの紅茶を持って帰りたかったのですが。なお、カードは不可なのでご注意ください。

■詳細情報
・名称:レストラン・モルドヴァ(Ресторан Молдова)
・住所:Ulitsa Rozhdestvenka, 7, Moskva, ロシア 107031
・アクセス:地下鉄「クズネツキー・モスト駅」から徒歩すぐ
・営業時間:12:00~24:00
・定休日:なし
・電話番号:+7 916 552-03-53
・公式サイトURL:http://www.restoran-moldova.ru

 

②じゃがいもを味わうならベラルーシ料理店「ベラルースカヤ・ハタ」

Photo by Nitta Hiroshi

次はロシアのお隣、ベラルーシ料理のレストランです。ベラルーシは世界で国民1人あたりのジャガイモ消費量トップクラスの国。そのため、ジャガイモ料理がとてもおいしいです。

「ベラルースカヤ・ハタ」を訪れたら、ジャガイモのパンケーキ、ドラニキを注文しましょう。

Photo by Nitta Hiroshi

ドラニキはお好み焼きに似た食感を持つ料理。素朴ながら、ジャガイモのおいしさをしっかりと感じられます。ドラニキを食べる際にはサワークリームをかけることをお忘れなく。

Photo by Nitta Hiroshi

スープはウクライナ発祥のボルシチにしました。一応「ベラルーシ・ボルシチ」を注文しましたが、ウクライナのボルシチの違いがよくわかりませんでした。ベラルーシに限らず、ボルシチの世界は深いですね。

■詳細情報
・名称:ベラルースカヤ・ハタ(Белорусская Хата)
・住所:Pokrovka Street, 9с1, Moskva, ロシア 101000
・アクセス:地下鉄「キタイ・ゴーラド駅」から徒歩約15分
・営業時間:12:00~24:00
・定休日:なし
・電話番号:+7 929 517-07-30
・公式サイトURL:http://bel-hata.ru

 

③レバー嫌いな旅人もこれなら大丈夫!アゼルバイジャン料理店「バキスキーブルヴァル」

Photo by Nitta Hiroshi

エキゾチックなコーカサスの文化を楽しめるのもロシアの魅力です。また、食べたことがないアゼルバイジャン料理にチャレンジしました。正直、アゼルバイジャン料理の知識は0なので、「アゼルバイジャン」と付いたスープと適当な肉料理を注文しました。

Photo by Nitta Hiroshi

こちらが「アゼルバイジャン」と名の付いたスープです。写真だとわかりにくいですが、餃子風の料理、ヒンカリをバラしてスープに投入したものですね。外は寒かったので、とても体が温まりました。

Photo by:Nitta Hiroshi

問題はこちらの肉料理「クウリニェ パトロシキ」です。肉を一口入れた瞬間に「うっ、レバーだ!」とわかりました。実はレバーが大の苦手。あの独特の匂いがたまりません。

しかし、このレストランのレバーは匂いがそれほどなく、ジャガイモとザクロを一緒に口にしたところ、何とか食べられました!思い返すと、レバーはチーズのような味でしたね。

■詳細情報
・名称:バキスキーブルヴァル(Bakinskiy Bulvar)
・住所:House 21A Andropova pr-kt, Moscow 115446, Russia
・アクセス:地下鉄「パーク・パヴェディ駅」から徒歩約10分
・営業時間:9:00~翌3:00
・定休日:なし
・電話番号:+7 499 616-73-86
・公式サイトURL:https://bbulvar.ru
1 2
Pocket はてブ

WRITER

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品