編集部
樋口 佑樹 ディレクター

『周りを幸せにする誰かのやりたいを実現する』という個人理念を掲げて、クリエイティブとコーチングをテーマに活動中。2022年には現在は、原チャリで日本を縦断しながら、地域を盛り上げる人たちに出会う「ひぐの出会い旅」を敢行中。 旅中のトラブルなど、鉄板のエピソードトークがあることに憧れ続けて早7年。好きなものは珈琲と旅とカメラ。

あっという間に夏も過ぎ去り、秋風の心地良い季節がやってきました。今年も暑い日々が続きましたが、そろそろお出かけにぴったりな涼しいシーズン。さて、本記事では秋に自然を満喫する、長野県乗鞍高原でのモニターツアーの参加者募集をご案内します。


photo by itori

photo by AKANE

乗鞍高原ってどんなところ?

乗鞍高原は岐阜県と長野県の間にまたがる飛騨山脈を中心とした中部山岳国立公園に位置しており、サイクリングの聖地としても知られる自然豊かな場所。サイクリングの他にも、登山やスノースポーツが盛んな地域です。


photo by tsunekawa

photo by itori
そして、環境省からゼロカーボンパーク認定第1号に認定されているほど、環境問題に対する先進的な取り組みを行っている場所なんです。


photo by Ryo Aizawa
ライチョウをはじめとして、自然豊かな乗鞍高原だからこそ見ることができる動物や高山植物があることも大きな特徴のひとつ。


photo by Ryo Aizawa
そのほかにも、観光地としての魅力は盛り沢山。トレッキングやリトリート型ワーケーション、星空鑑賞など、雄大な自然を活かしたライフスタイルが待っています。
そんな乗鞍高原で実施する自然体験プログラムのモニター参加者を募集します。自然が好きな方や環境問題に関心のある方は奮ってご参加ください!

ゼロカーボンパークを体感する2泊3日


photo by Ryo Aizawa
乗鞍高原は、2021年3月に環境省から日本第1号のゼロカーボンパークに登録された地域。ゼロカーボンパークとは、脱炭素化を目指すとともに、脱プラスチックも含めてサステイナブルな観光地づくりを実現していくエリアのことを指します。


photo by itori
乗鞍高原ではサステイナブルな観光地の先駆けとなるべく、有識者を招いたフォーラムの実施や、サステイナブルツーリズムの推奨など、少しずつ形になっています。本ツアーもその一環として、E-bikeを活用した自然体験プログラムを実施します。


photo by Yuichi Yokota

▼乗鞍高原のゼロカーボンパークについての詳細はこちら
https://zero-carbon-park.norikura.gr.jp/

LINEに登録して応募
*応募は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

乗鞍モニターツアーの見どころ

①E-bikeで楽しむ雄大な自然


photo by Ryo Aizaawa
なんといっても自然体験プログラム、最大の見どころは乗鞍高原の雄大な自然。北アルプスに位置しているため、至るところに清らかな森林が広がっています。

そんな山道をオフロード対応のE-bikeで駆け抜ける、想像しただけで気分は爽快です。木々から漏れ出すマイナスイオンを全身に浴びて、秋風と新鮮な空気を楽しみましょう。

また、大自然は山だけにあらず。美しい川も流れていますし、夜には壮大な星空が広がっています。湖が鏡面反射するフォトスポットもあるので、写真好きにもたまりません。


photo by Ryo Aizawa

②脱炭素の取り組み


photo by Yuichi Yokota
脱炭素に向けた乗鞍高原の取り組みに直に触れることができます。日本第1号のゼロカーボンパークとして国から認定された乗鞍高原の取り組みを知り、環境に配慮した観光地の実情が体感できるので、環境問題に関心のある方にとって学びの深い時間が生まれます。


photo by Yuichi Yokota
トレッキングロードには伐採された白樺のチップをつかっていたり、カフェではマイボトル推奨の取り組みがなされていたり。目を凝らせば、環境に配慮した取り組みが至るところに見えてきます。

③地域の方との出会い


photo by Yuichi Yokota
乗鞍高原は人口600人と小さな町ですが、そこには乗鞍高原での暮らしに魅了されて、移住してきた方も多くいらっしゃいます。
そんな地域の方々がどのような生活をしているのか、どんな活動を乗鞍高原で行っているのか。実際に関わりを持ち、暮らしに触れることで、自らの生き方に活かせることもあることでしょう。


photo by itori
自分らしい生き方を切り拓いている方々との出会いは刺激になるはずです。

募集要項

日程
2022年10月23日(日)〜2022年10月25日(火)
※定員:10名

スケジュール

▼23日(日)
12:00- 現地乗鞍に集合(前泊もOK)
13:30- 宿にチェックイン・オリエンテーション
14:00- E-BIKE体験プラン①(サステイナブル体験コース)
17:00- 焚き火
18:30- 夕食

▼24日(月)
9:00- E-BIKE体験プラン②(マウンテンバイク入門コース)
12:00- フリータイム
19:00- 夕食&懇親会

▼25日(火)
8:00- E-BIKE体験プラン③(モーニングコーヒーコース)
10:30- クロージングセッション
12:00- ランチ&現地にて解散(延泊もOK)

※上記スケジュールは気象条件や地域の方針等により、予定通りに運行できない又は変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

アクセス
【主要都市〜松本市】
▼東京から
・電車:約160分
・バス:約190分

▼大阪から
・バス:約345分

【松本市〜乗鞍高原】
電車とバスを乗り継いで約80分ほど
松本電鉄(松本〜新島々):約30分
アルピコバス(新島々〜乗鞍高原):約50分

▼アクセス詳細はこちら
https://norikura.gr.jp/access/#access-public

参加条件
必須条件
・新型コロナウイルス感染症対策へのご協力いただけること
・モニターツアー参加者として、SNSでの情報発信やアンケート調査にご協力いただけること
・10月23日〜10月25日の全日程に参加ができること

歓迎条件
・写真撮影スキル

参加費
ツアーに含まれるもの
・宿泊費(2泊分)
・現地でのアクティビティ体験費および入場費
・ツアーガイド費
・食費(朝食2日分)

含まれないもの
・ご自宅~現地までの交通費
・上記を除く現地での飲食費

締め切り
10月10日(月)23:59まで
※申込人数が定員を超えた場合、参加者の選定を行い10月13日(木)までに確定した参加者へご連絡いたします。

乗鞍高原の大自然を体感しよう!


photo by Ryo Aizawa
乗鞍高原には現地の方が守ってきた大自然が残されています。そんな自然をE-bikeを乗りながら体感する自然体験プログラム。宿泊費とアクティビティ費が無料になるこの機会に、乗鞍高原を体感してみませんか?
LINEに登録して応募
*応募は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

編集部
樋口 佑樹 ディレクター

『周りを幸せにする誰かのやりたいを実現する』という個人理念を掲げて、クリエイティブとコーチングをテーマに活動中。2022年には現在は、原チャリで日本を縦断しながら、地域を盛り上げる人たちに出会う「ひぐの出会い旅」を敢行中。 旅中のトラブルなど、鉄板のエピソードトークがあることに憧れ続けて早7年。好きなものは珈琲と旅とカメラ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング