editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

こんにちは!温泉ソムリエの桃(@XxPeach)です。旅が大好きな私は、彼氏との旅行も大好きで、これまで何度か温泉へいきました。でも、最初は「いつ、何回温泉に入るの?」「メイクは落とすの?」「浴衣(館内着)って着やすいのかな」と、頭の中は不安でいっぱい。

そこで、私と同じように好きな人と温泉に行く方が困らないよう、知っておくと良いことをまとめてみました!

温泉に入るタイミングは?何回入る?


photo by pixta

まず着いたら、部屋着に着替えて温泉に向かいます。お酒を飲んでしまってからの入浴は非常に危険なので、夕飯前に必ず入っておきましょう。もし、温泉が好きで食後も入りたいという人は、食事でのアルコールは控えてください。

夕飯時にお酒を飲みたい人は、早く寝て翌朝一番の露天風呂がおすすめ。夜景は見ることができませんが、ちょっと早く起きれば朝日が見られるかもしれません。

 

ちなみに、館内では着いたら館内着に着替えてから、温泉に入る方が多いそうですが、潔癖症な私は浴衣を持って温泉に行き、上がったら館内着に着替えます。今のところ、特にデメリットはありません。

温泉に持っていくと便利なもの


photo by pixta

温泉に持って行くものを決めるときは、各旅館の公式ホームページや旅行会社の予約画面に記載されている、アメニティの確認をしましょう。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、シャンプーハット、綿棒などが用意されていることが多いです。メイク落とし、洗顔、化粧水などのスキンケアができるものがあるか、髪が湯に浸からないようにするために結ぶゴム、下着をいれる袋などが必要になりそうです。

さらに、胃薬や頭痛薬などの医薬品が必要な場合は、ドラッグストアで事前に購入しておきましょう。

温泉に入るとき、メイクは落とす?落とさない?


photo by pixta

大浴場に入るときは、メイクは落としましょう。「自分は絶対にメイクを崩さない自信がある!」という人も、実は温泉で体温が上がると知らぬ間にメイクの汗が温泉に入ってしまうこともあります。衛生的によくありませんので、少し手間ですがどんな時でも落としてくださいね。

私はいつも、旅館に到着してすぐお風呂に向かい、すべて化粧を落として温泉に入った後は、簡単に肌と眉を整え、色のつくリップクリーム程度のナチュラルメイクにしてディナーへ。その後、寝る前に温泉に入る時には、しっかりメイクを落として入浴後、またスキンケアをして寝るようにしています。

すっぴんを見られたくない時の回避方


photo by pixta

すっぴんをまだ見せていない相手との温泉旅行は、ドキドキしますよね。そんなときは、旅行が決まってから数回、普段のメイクからマスカラやカラコン、アイシャドウを抜くメイクにチャレンジしてみてください。

さらに、温泉旅行にはすっぴんの肌を綺麗に見せてくれるパウダーを持参しましょう。すっぴんを守るパウダーは、スキンケアなどが全て終わった後に、顔全体に優しくパフでポンポンするだけでOK。

薬局のコスメ売り場でも販売しているので、見つけたら一つ持っておくと便利です。思った以上に毛穴が隠れるの上に、つけたまま寝ることができるので、重宝しています。

 

温泉に入ると血行が良くなるので、頬や唇が自然と赤くなります。メイクなんてしなくても、温泉でしっとりした肌のあなたは、いつも以上に可愛いに決まってます。

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事