ラン島のおすすめ観光スポット14選

Pocket はてブ

タイのラン島には主に7つのビーチがあり、タイのパタヤから多くの観光客が訪れ賑わっています。今回はこの島の美しいビーチスポットを中心に幾つかご紹介しようと思います。

*編集部追記
2018年7月公開の記事に新たに加筆しました。(2018/12/2)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

ラン島とは

ラン島

photo by shutterstock

ラン島はタイの有名なリゾート地「パタヤ」から10キロほど離れた沖にあり、船で行くことのできる綺麗な小島です。

この島のビーチは驚きの透明感ある海が特長で、そのため人気観光スポットになっています。また白浜が美しく眩しいくらいで、ビーチによっては海水浴も十分楽しめます。

ラン島にはナーバーン埠頭、タワエン埠頭という二つの船着場があるので、この船着場からお好みのビーチに向かうことになります。島内での移動は乗合バスやレンタルバイク、または歩いて行く場合もあるので要チェックです。

■詳細情報
・名称:ラン島
・住所:Koh Larn,Chonburi, Thailand

 

ラン島に行ってみての感想

photo by shutterstock

私がラン島を訪れたのはちょうど雨季の終わりごろでした。私はパタヤからラン島を訪れたのですが、まだ観光のハイシーズン前だったので、賑わってはいるもののハイシーズンに比べて人は少ないようでした。

ハイシーズンともなると、最も人気のあるタワエン・ビーチは中国韓国からの団体で大にぎわいするそう!ラン島にはビーチが幾つかあるので、人混みが苦手な方はあまり人がいないビーチへと足を伸ばしてみるのがおすすめです。

バンコクやパタヤには行ったことがあるものの、ラン島には訪れたことがないという人はまだまだ多いはず。パタヤからボートで30分とアクセスの良い場所ですので、今度タイへ行ったならぜひラン島を訪れてみてください。

 

観光する際のアドバイス

photo by shutterstock

ラン島の治安は良好です。タイは外国の中では治安が良い方なので、旅の初心者でも安心して旅行できるでしょう。

物価は安いですが、ラン島は島であるため輸送費がかかるため、バンコクやパタヤよりも高い品物もあります。衛生面は東南アジアでは普通ぐらいでしょうが、お腹を壊さないためにも、生水は飲まない・氷には気をつけるなど基本的なことに注意しましょう。

 

おすすめのベストスポット

Samae Beach(サマエ・ビーチ)

photo by shutterstock

私がおすすめするのは、団体のツアー客があまりおらず、比較的ゆっくりとした時間が過ごせるサマエ・ビーチです。一番人気であるタワエン・ビーチは団体観光客が多いのでどうしてもガヤガヤと騒々しい感じになってしまいますが、こちらのビーチはさほど人が多くなく落ち着いているのでおすすめです。

 

ナーバーン埠頭

ラン島の船着場、ナーバーン埠頭。ここにフェリーやボートに乗ってハタヤから旅行客がやって来ます。その多くはフェリーによるものですが、なかにはボートで来る人もいるようです。

料金はパタヤからラン島まで片道30バーツ(100円ほど)、朝の7時頃から夜は7時頃まで船が行き来します。時間によって行き先が変わるようなので、各ビーチへのアクセスの良いタワエン埠頭行きに乗りたい人は注意が必要です。

■詳細情報
・名称:ナーバーン埠頭
・住所:Na Ban Pier,Koh Larn,Chonburi, Thailand

 

ラレーナ リゾート

ラン島のナーバーン埠頭に到着後、船から下りたすぐ左に見える海上ホテルがラレーナリゾート・バイザ・シーコラン。このホテルの全部の部屋からは海が眺める事ができ、夜になれば遠くパタヤの街の夜景も見れて、ロマンチックな気分になりたいカップルにおすすめです。

虫よけ用のカーテン付きのベッドで休めるのも旅行の記念になるので、一度試しに泊まってみたいホテルの一つかも。部屋にマッサージサービスを呼ぶ事もできるようですよ。

■詳細情報
・名称:ラレーナリゾート
・住所:Lareena Resort,Koh Larn,Thailand

 

Tawaen Beach(タワエン・ビーチ)

タワエン・ビーチはラン島の一番人気のビーチです。このビーチは泳ぐ所とアトラクションのできる所が区切られていて、両方楽しめようになっているとか。

主に中国からの観光客が目立つビーチで、日本人観光客は少ないようです。トイレやシャワーもありますが、あまり期待しないほうが良さそうです。また、島の中はバイクをレンタルして移動できるとの事なので、他のビーチを回っても面白いかもしれませんよ。

■詳細情報
・名称:タワエン・ビーチ
・住所:Tawaen beach, Koh larn Island, Pattaya, Thailand

 

Sang Wan Beach(サンワン・ビーチ)

サンワン・ビーチ

photo by shutterstock

サンワン・ビーチは100メートルあるかないかというミニビーチ。ラン島の船着場の一つであるタワエン埠頭からは、木の桟橋があるのでそこを進んでいくと到着します。このビーチはバイクで行くよりも徒歩の方が良いスポットなので、ちょっとした体力が必要かも。

このビーチの素晴らしい海を眺めていると心が解放されるのか、ビーチチェアでゆっくりしてしまう人もいるようです。食べ物や飲み物を持って行けば、一日をゆっくり過ごす事ができますよ。

■詳細情報
・名称:サンワン・ビーチ
・住所:Sang Wan beach, Koh Larn,Thailand

 

Samae Beach(サマエ・ビーチ)

中国の観光客の方が押し寄せるラン島の人気ビーチと比べて、サマエビーチはゆっくりとした自分の時間を過ごす事ができるビーチ。ここは欧米やロシア観光客が多く集まるようで、ラン島で落ち着いた雰囲気を楽しみたい人にオススメのビーチです。

ワイワイガヤガヤ賑やかな雰囲気が好きな人も一度は行ってみて良いスポットかと思います。

■詳細情報
・名称:サマエビーチ
・住所:Samae Beach,Koh Larn, Pattaya, Thailand

 

Nuan Beach(ヌアン・ビーチ)

ヌアン・ビーチ

photo by shutterstock

ヌアン・ビーチは日本人旅行者にもオススメのビーチ。400メートルほどの広さでちょっと大きいビーチなので、かなり楽しめそうです。ビーチ沖でダイビングをする人も少なくないスポット。

このビーチは別名モンキービーチとも言われているそうで、猿がたまに出現するのだとか。船着場のナーバーン埠頭からソンテウという乗合バスも出ているので、行ってみるのも良いと思います。

■詳細情報
・名称:ヌアン・ビーチ
・住所:Nuan Beach,Koh Larn, Pattaya, Thailand

 

ターヤイ・ビーチ

ターヤイ・ビーチ

photo by shutterstock

ラン島の北端にあるターヤイ・ビーチは50メートルあるかないかのミニビーチ。船着場に近いビーチですが、小さいためか静かな雰囲気を楽しめます。ここの海は浅瀬に石や岩があるとことなので、眺めてゆっくりするには良さそうなスポットです。

ここではバナナボートやジェットスキーで楽しむ人もいるようです。またサボテンが生えている所もあるので、ビーチの近くを回ってみるのもいいでしょう。

■詳細情報
・名称:ターヤイ・ビーチ
・住所:Tayai Beach,Koh Larn, Pattaya, Thailand

 

Tien Beach(ティエン・ビーチ)

ティエン・ビーチ

photo by shutterstock

ティエン・ビーチは美しいビーチ。ここにはビーチチェアもあり、そこで飲食も出来ます。近くには公園やSea Moonというレストランもあります。また遊歩道のような道もあるので歩きながらラン島の風景を楽しむことができますよ。

このビーチは300メートルほどの大きさで、サマエビーチの隣にあります。

■詳細情報
・名称:ティエン・ビーチ
・住所:Tien Beach,Koh Larn, Pattaya, Thailand

 

Tonglang Beach(トンラン・ビーチ)

トンラン・ビーチ

photo by shutterstock

ちょっとデンジャラス感のあるトンラン・ビーチ。海水浴をする人も少ないビーチで、レンタルバイクで行かないと辿りつけない場所にあるようです。実はラン島は上り下りの激しい難所もあるので、今後の山道の整備が期待されると思います。

トンラン・ビーチの大きさは400メートルほどで岩が多いそう。

■詳細情報
・名称:トンラン・ビーチ
・住所:Tonglang Beach,Koh Larn, Pattaya, Thailand

 

ラレーナ リゾート バイ ザ シー コ ラン

Naa Ban桟橋からわずか30mの場所に位置するラレーナ リゾート バイ ザ シー コ ラン。素晴らしい景色を一望するバルコニー付きのエレガントな客室と、快適なハンモックのあるテラスが魅力のホテルです。

■詳細情報
・名称:ラレーナ リゾート バイ ザ シー コ ラン
・住所:61/1 Bang Lamung District, Chon Buri 20150
1 2
Pocket はてブ

WRITER

バードAsahi
Asahiと申します。私はこれまで南アフリカ・ケープタン、スペインパロセロナ、アメリカ・ニューヨーク、台湾・台北など色んな国へ研修旅行に行ってきましたが、いざ旅となると、何か気合いというかワクワク…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品