writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

 

後悔② 服が全部入らない

旅人の服装といえば、Tシャツにタイパンツなどのそりゃあもうゆるいもの。旅服はフリーサイズで着られるせいで、太ったことを意識しにくいんです。

日本に帰ってきてから、以前着ていたジーンズやチノパン、スーツがすべて着れなかったときは、焦りを通り越して恐怖を感じました。

 

後悔③ 似合うファッションがわからない

旅太り

photo by withvengeance86/

僕は旅中にファッションを気にすることがほとんどありません。でも、日本に帰ってきたらそうもいきませんよね。デートだってしたいし、フォーマルな場にでることだってあります。

それにも関わらず、体型がめっちゃ変わっているので、おしゃれしようにも自分にどんな服が似合うのかわからないのです。

以前は似合っていたはずのファッションなんてあてになりません。ちなみに太ると、服装だけではなく似合う髪型まで変わります。

 

後悔④ 彼女が・・・。

11315834234_0a07f924e2_b
photo by Takashi(aes256)

太ったら彼女が…。いやだ!!言いたくない!!彼女が・・・だけでわかってください(涙)!冷たくなった。バカにされた。笑われた。

おそらくみなさんの思いつくことがすべて正解です…。特に、帰国後最初に会ったときに「おかえり!」の直後に言われた、「太った?」は効いたなぁ。二言目にそれかよ!!

 

まとめ

帰国から二年。必死のダイエットの末、77キロまで体重を落としました。でも・・・まだ明らかに太めです。最後にみなさんへこの言葉を残します。

「太るのは一瞬。」

ほんとうに、ほんとうに、ほんっとうに!旅太りはしないほうがいいです。気が付けば旅の期間より「痩せよう」って思っている期間のほうが長くなりますから…。

writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事