偶然が生んだコバルトブルーの世界「北海道美瑛町の青い池」

Pocket はてブ

ここの写真を見たら多くの人が「見たことある!」というはず。そうです、あのアップル社が2012年にウォールペーパーとして採用した神秘的に美しい青い池の写真は、まさにこの北海道美瑛町の青い池でした。今回は、その北海道美瑛町にある青い池についてご紹介します。

 

青い池の誕生

北海道美瑛町に存在するこの青い池は、昭和63年12月の十勝岳噴火後、火山砂防工事のためにえん提を建設し、そこに川の水がたまったことで偶発的に誕生したものです。

当初は立ち入りが禁止されていたそうですが、自由に見学が可能となった平成22年からあっという間に話題になり、人気の撮影スポットとなりました。角度や四季、その日の天候によって様々な表情を見せてくれます。

 

 神秘的なコバルトブルーが生まれた理由

5103249139_807c17045f_z

Photo by ezorisu

なぜ、この池の色は神秘的なコバルトブルーに見えるのでしょうか?白金温泉地区で湧き出している「白ひげの滝」などから、アルミニウムを含んだ水が、美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイドが生成されるためだと言われています。

 

小さなお子様からお年寄りまで誰でも訪れることができます

9962173714_1e8e6c1d35_z

Photo by ray.k

駐車場からも近く、平坦な道のりなので、お子さんやお年寄り、車椅子でも訪れることができます。ただし雨の降る日や、雨の次の日などは、綺麗な青色にならないこともあるようです。

 

美瑛町の絶景

青い池のある美瑛町には、青い池だけでなく訪れる価値のある観光スポットが多く存在します。北海道といえば思い浮かべる広大な大地はもちろん、有名な「パッチワークの路」「パノラマロード」そして旅には欠かせない温泉「白金温泉」があります。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

北海道観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ