標高3,600メートルの世界へ!ボリビアの観光スポット7選

Pocket はてブ

皆さんは、ボリビアという国を聞いてどんなイメージをお持ちですか?

ボリビアは、世界最高の高原の国として有名です。また、実は数多くの世界遺産がある国として、毎年たくさんの観光客で賑わっている国でもあります。

 

スペイン統治下時代など暗い歴史をもつ反面、謎の多いインカ帝国時代の遺跡やアマゾンの原生植物、先住民族の多彩な文化など、独特な魅力を放つボリビア。

今回の記事では、ボリビアに行った際必ず訪れたい!厳選観光スポット7選をご紹介いたします。

 

1.ウユニ塩湖(アルティプラーノ)

一生に一度は見てみたい!数ある世界の観光スポットの中でも特に人気の場所といえば、ボリビアの「ウユニ塩湖」ですよね。

雨期には、塩湖がまるで鏡のように空を反射し、とても幻想的な風景を作り出す奇跡の場所です。空と湖が繋がっているかのような不思議な光景…是非とも、自分自身の目で見たいものです。

■詳細情報
・名称:ウユニ塩湖(Salar de Uyuni)
・住所:Salar de Uyuni, Uyuni, Bolivia
・アクセス:ウユニから日帰り〜3泊4日などのツアー参加がオススメ

 

2.スクレ(チュキサカ県)

Joe Dawさん(@joe3daw)が投稿した写真 – 2016 7月 16 4:05午後 PDT

標高約2600mの高さにある歴史都市「スクレ」。ボリビアの憲法上の首都であり、美しいコロニアル都市として知られています。

白くて美しい建物が残る古都で、絶品と賞賛されるチョコレートも有名なのだとか。きれいな街並みに、自然と心が癒されます。

■詳細情報
・名称:スクレ(Sucre)
・アクセス:飛行機でサンタクルスから約30分、ラパスから約45分

 

3.ティワナク遺跡(ラパス)

スペイン支配以前、紀元500〜900年に最盛期を迎えた首都の跡「ティワナク遺跡」。

インカの手本となった文化といわれており、ユネスコの世界遺産にも指定されています。ペルーのマチュピチュよりもはるかに古い、歴史的な遺跡です。

■詳細情報
・名称:ティワナク遺跡(Tiwanaku)
・住所:Tiwanaku, La Paz, Bolivia
・アクセス:首都ラパスからバスで1時間
1 2
Pocket はてブ

Writer

オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ウユニ塩湖のおすすめ観光スポット・旅行情報一覧