イギリス旅行を最高に楽しむための、美しい観光スポット31選

Pocket はてブ

ロンドンやマンチェスターが代表する世界有数の都市のほか、湖水地方や田園風景など様々な観光スポットを持つイギリス。日本では、まだまだメジャーになっていない場所も多いです。そこで今回は、イギリスに旅行したらぜひ訪れたい美しい観光地を28カ所ご紹介します!

*編集部追記
2016年9月28日に公開された記事に、追記しました。

1.ロンドン

1-1.ウェストミンスター寺院

shutterstock_175005551

photo by shutterstock

ビッグベンと称される、国会議事堂であるウェストミンスター宮殿の背後にがるウェストミンスター寺院は、王室での行事でよく使われる事で有名であり、国王の戴冠式やロイヤルウェディングでもこの寺院を使用します。

またここに埋葬されている偉人も多く、ニュートンや、ヘンデル、シェイクスピアなどの名だたる偉人が埋葬されております。

■詳細情報
・名称: ウェストミンスター寺院
・住所: Broad Sanctuary, SW1
・アクセス: 地下鉄Westminster駅から徒歩5分
・営業時間: 9:30~16:30(水~19:00、土~14:30、夏期の土~15:30)(最終入場は閉館1時間前、行事により閉館することも多いので要確認)
・定休日: 日
・電話番号:(020)7222-5152
・料金:£16、学生£13
・所要時間: 1時間

 

1-2.大英博物館

11271619826_9787af24f7_b

photo by wwarby

18世紀に設立された博物館であり、世界最大の博物館であります。世界中の芸術品などが800万点以上が保管されております。

大英博物館を回りたい場合は、とても1日で回ることが出来る物ではありませんので、見たいものを事前にチェックしておくことをオススメします。

■詳細情報
・名称: 大英博物館
・住所: Great Russell St., WC1
・アクセス: 地下鉄Holborn駅から徒歩7分
・営業時間: 10:00~17:30(金~20:00、遅い時間は一部のみの開館)
・定休日: 1/1、12/24~26
・電話番号:(020)7323-8299
・料金:無料(寄付金を希望。特別展は有料)
・所要時間: 3時間

 

1- 3.ウィンザー城

ウィンザー城

photo by llee_wu

ウィンザー城

photo by llee_wu

ロンドン郊外に聳え立つウィンザー城は、エリザベス2世が週末を過ごす場所であり、観光地としても高い人気を誇っています。広大な敷地内の見所はステート・アパートメント、メアリー王妃のドール・ハウス、そしてセント・ジョージチャペル。

庭は手入れが行き届き、様々な草花が咲き乱れ、中世・チェダー・ゴシック様式など異なるスタイルの建築物を楽しむことができます。と紫の混ざり合ったコントラストには何とも言えません。

 

1-4.ロンドン・アイ

shutterstock_155068436

photo by shutterstock

ロンドンにある、直径135mの大きな観覧車です。ミレニアムの記念で建設された当初は世界最大の観覧車でしたが、現在は世界2位の大きさになっております。カプセル状のゴンドラであり、1つのカプセルの定員は25人で、ロンドン全体を一望できる景観となっております。

■詳細情報
・名称: ロンドン・アイ
・住所: Westminster Bridge Rd., SE1
・アクセス: 地下鉄Waterloo駅から徒歩7分
・営業時間: 10:00~20:00(季節や曜日により運行時間が異なるので要確認)
・定休日: クリスマス
・電話番号:0871-781-3000
・料金:£18.90~31.50
・所要時間: 1時間

 

1-5.セント・ポール大聖堂

shutterstock_176374394

photo by shutterstock

ロンドンの金融街であるシティ・オブ・ロンドンに鎮座する、聖パウロを記念するための大聖堂です。バロック様式の建築はとても素晴らしく、見る者を圧倒させます。ドーム型の頂上には展望スペースがあり、ロンドンの街を一望できます。

■詳細情報
・名称: セント・ポール大聖堂
・住所: St. Paul’s Churchyard, EC4
・アクセス: 地下鉄St. Paul’s駅から徒歩1分
・営業時間: 8:30~16:00(回廊9:30~)
・定休日: 日(ミサあり)
・電話番号:(020)7246-8357
・料金:£14.50、学生£13.50
・所要時間: 1時間

 

1-6.タワー・ブリッジ

shutterstock_295742825

photo by shutterstock

ロンドン市内に流れているテムズ川に架かっているこのゴシック様式の跳ね橋は、1894年に完成しました。現在は電力で橋を開閉しておりますが、当時は水圧を利用して開閉する技術を使っており、その技術はこのタワー・ブリッジが世界初の技術として一躍有名になりました。

■詳細情報
・名称: タワー・ブリッジ
・住所: Tower Bridge Rd., SE1
・アクセス: 地下鉄Tower Hill駅から徒歩10分
・営業時間: 10:00~18:30(10~3月は9:30~18:00、1/1は12:00~)(最終入場は閉館1時間前)
・定休日: 12/24~26
・電話番号:(020)7403-3761
・料金:£8、学生£5.60
・所要時間: 1時間

 

1-7.ロンドン塔

shutterstock_226099309

photo by shutterstock

「塔」と呼ばれていますが、どちらかというとお城や要塞のように見えます。それもそのはずであり、11世紀に要塞として建造されたのです。かつては王様も住んでいたこともありますが、どちらかというと拷問や処刑の場として利用されておりました。

■詳細情報
・名称:ロンドン塔
・住所: Tower Hill, EC3
・アクセス: 地下鉄Tower Hill駅から徒歩5分
・営業時間: 9:00~17:30(日・月10:00~)(最終入場は閉館30分前。冬期は1時間前)
・定休日: 1/1、12/24~26
・電話番号:0844-482-7777
・料金:£20.90、学生£17.60
・所要時間: 2時間

 

1-8.国会議事堂

21364260995_39e8e5e9a3_b

pho by Gene Hunt

様々な、映画やアニメでモデルとなっている建造物ですよね。国会議事堂というよりも「ビッグベン」という呼び名の方が聞いたことがあるのではないでしょうか?「ビッグベン」はこの国会議事堂の時計台の事をそう呼んでいるんですよ。

■詳細情報
・名称: 国会議事堂
・住所: Westminster, SW1
・アクセス: 地下鉄Westminster駅から徒歩3分
・営業時間: 9:15~16:30(半日の日もあり)夏期は開会中、冬期は土曜のみ。ツアーに参加して回る。開催時期と時間はウエブサイトなどで確認を
・電話番号:0844-847-1672(チケット購入)
・料金:£15
・所要時間: 30分

 

1-9.ケンジントン宮殿

12853606183_40170e244c_b

photo by longplay

故ダイアナ妃が生活していた居城として有名であり、ヴィクトリア女王のお生まれになった所としても有名であります。現在でも多くのイギリスの要人が暮らしているため、見学できるのはアパートメントの一角だけとなっております。

■詳細情報
・名称: ケンジントン宮殿
・住所: Kensington Gardens, W8
・アクセス: 地下鉄High St. Kensington駅から徒歩5分
・営業時間: 10:00~18:00(11~2月~17:00)(最終入場は閉館1時間前)祝日は要確認
・定休日: 12/24~26
・電話番号:0844-482-7777
・料金:£14.50、学生£12
・所要時間: 1時間

 

1-10.バッキンガム宮殿

shutterstock_227790760

photo by shutterstock

14752804365_10700d3bb2_b

photo by Rennett Stowe

ロンドンを観光する際には外すことが出来ないスポットです。現在でも王室の住居であり、公務を執行する珍しい宮殿であります。観光客の目当ては、毎日行われる衛兵交替式です。近くで見たい場合は、早めの行動をオススメします。

■詳細情報
・名称:バッキンガム宮殿
・住所: Buckingham Palace Rd., SW1
・アクセス: Buckingham Palace Rd., SW1
・営業時間:衛兵交替は春~夏期毎日11:30~、その他の時期は1日おき。予定は変更されることがあるので、事前にウエブサイトなどで要確認
宮殿内部見学は夏期のみ9:45~18:30(最終入場は15:45)(要確認)
・定休日: 上記以外。王室行事などによる休館もある
・料金:宮殿内部見学£18
・所要時間: 1時間

 

1-11.グリニッジ天文台(旧王立天文台)

shutterstock_280110890

photo by shutterstock

ここグリニッジ天文台が世界の時間の基準となっているんです。「グリニッジ標準時」が採用されており、ここは子午線0の王立天文台として長く鎮座しております。ある意味、ここが世界の時の要になっているので、少し感慨深くなってしまいます。

■詳細情報
・名称: グリニッジ天文台(旧王立天文台)
・住所: Blackheath Av., Greenwich SE10 8XJ
・アクセス: 地下鉄カティサーク(Cutty Sark)駅から徒歩10分
・営業時間: 10~17時 / ※最終入場は30分前
・定休日: なし
・電話番号:(020)88584422
・料金:大人:寄付 ※子午線経度0度のある中庭への入場は£7。5歳以下は無料

 

1-12.バタミア湖

shutterstock_336621734

photo by shutterstock

イギリス人も憧れる場所。イギリスを代表する観光地の湖水地方。毎年多くの観光客が一目見ようと訪れます。また、ロンドンなどの都市に住んでいるイギリス人にとっても、都会を忘れ自然に癒される場所になってます。イギリスに旅行に行く際は、首都ロンドンだけでなく、湖水地方にも是非行ってみてください。

■詳細情報
・名称:バタミア湖
・住所:イギリス Cockermouth, バターミア
・アクセス:ケズウィックからバスで30分程

 

2.エジンバラ城

shutterstock_114723730

photo by shutterstock

イギリス国内で最も歴史のあるお城の一つであります。セントマーガレット礼拝堂、フォアウェルなど多くの歴史的な建造物が現存しております。また、エジンバラの街並み自体も歴史的に貴重なものが多く、現代のアテネとも称されている非常に美しい場所です。

■詳細情報
・名称: エジンバラ城
・住所: Castle Hill, Edinburgh, Scotland EH1 2NG
・アクセス: 鉄道 ウェーバリー(WAVERLEY)駅から徒歩 15分
・営業時間: 9時30分~18時(10~3月は~17時) / 最終入場1時間前
・定休日: なし
・電話番号: (0131)2259846
・料金:大人:14.50英ポンド
・所要時間: 3時間

 

3.リヴァプール

3-1.リヴァプール大聖堂

6506952255_878628347a_b

photo by calflier001

リヴァプール大聖堂は、同じリヴァプールにあるメトロポリタン大聖堂と向かい合うように立っている大聖堂であり、この両者を見上げるとまさに圧巻の絶景となります。また、国内で最大級のゴシック様式の寺院であり、当の屋上からはウェールズの街並みを見渡すことが出来ます。

■詳細情報
・名称: リヴァプール大聖堂
・住所: St James’ Mount, Liverpool L1 7AZ
・アクセス: ノーザン鉄道リバプールライムストリート(Liverpool Lime Street)駅から徒歩20分
・営業時間: 8~18時 [タワー]11~16時(夏期は10~17時) / ミサ時は見学不可。宗教行事開催中は入場制限の場合あり
・定休日: なし(タワーは日曜)
・電話番号:(0151)7096271
・料金: 無料
・所要時間: 60分

 

4.コッツウォルズ

4-1.バイブリー

コッツウォルズ地方バイブリー

photo by Nick

イギリスで最も美しい村と言われている村。特別自然美観地域に指定されているコッツウォルズにあります。まるでおとぎ話の中に入り込んだような、古く可愛らしい家々が豊かな緑と水辺に囲まれて並んでいます。

中世から変わらない石造りの建物には、現在も人が住んでおり、観光客は現地のB&Bやホテルでそののどかな暮らしを体験することができます。

 

4-2.ボートン・オン・ザ・ウォーター

13361702744_fd88943966_z

photo by Karen Roe

特別自然美観地区に指定されている美しいコッツウォルズ地方の中でも「コッツォルズのベニス」とも言われる、ボートン・オン・ザ・ウォーターは、最も人気のある村の一つと言えます。緑豊かな村の間を流れる澄んだ川に流れる小さな橋、500羽もの鳥が飛び交う森林、バードランド公園の美しい公園など、観光客を魅了する見所がたくさんあります。

 

5.グラスゴー

5-1.ローモンド湖

4124492201_6ec69f0b99_b

photo by  ianloic

スコットランドの最も大きい都市であるグラスゴーの北に位置する全長39kmのスコットランドいちを誇る淡水湖です。周囲は山に囲まれた国立公園となっており、この辺りには妖精が住んでいるとの詩が生まれるほどの美しい自然空間です。嶋も多くあり、船で遊覧することが出来ます。

■詳細情報
・名称: ローモンド湖
・住所: Loch Lomond & The Trossachs National Park Headquarters, Carrochan, Carrochan Road, Balloch G83 8EG
・アクセス: グラスゴーから車で北へ1時間
・定休日: なし
・電話番号:(01389)722600

 

6.ウィンダミア

6-1.ウィンダミア湖

ウィンダミア湖

photo by llee_wu

7813863742_3cf77b814d_z (1)

photo by llee_wu

イギリスの北西部、湖水地方にあるイングランド最大の面積を誇るウィンダミア湖。幅1.6kmという長さに対し、長さは17kmにも及ぶ南北に長い湖です。最も深いところでは水深64mになります。

ネス湖から240kmほど離れた湖ですが、こちらでもかの有名なネッシーのような怪物が何度も目撃されていることで有名です。

 

7.セブンシスターズ

セブンシスターズ

photo by Steve Slater

セブンシスターズ

photo by muffinn

セブンシスターズ

photo by muffinn

ドーバー海峡を前に続く岸壁セブンシスターズは、広がる海の美しいコバルトブルーに生える真っ白な岸壁で有名です。

高さは150mにも達し、崖のピークが7つあることと、崖の一つ一つがまるでベールを被った修道女のように見えることからセブンシスターズと名がつきました。ばっさり切られた兵領地の断面ようにも見える、この美しい景観は見る人全てを圧倒します。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

イギリスのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ