日本だったら100%立入禁止!エチオピアの秘境「エルタ・アレ火山」は熱気で呼吸も出来ない!

Pocket はてブ

 

ツアーに同行する料理人は、西洋人の好みを心得ており、1日3食の食事はおいしかったです。

ミネラルウォーターもツアー代に含まれており、足りなくなることはありませんでした。

(c)km777 ここからエルタアレ火山火口まで徒歩3時間半

Photo by KM777

ここからエルタアレ火山火口まで徒歩3時間半

P2190556

Photo by KM777

猛暑を避けて夕方から火口に向けて歩き始める。山頂までの傾斜はほとんどない。

P2200650

Photo by KM777

カルデラの淵につくとようやく火口が見える。ズーム使用。

P2200701

Photo by Km777

夕食はラクダの背に乗せて山頂まで持ってきてくれた。

P2200719

Photo by KM777

中国人女性が追加料金を出して借りた石積みの鎌倉

P2200760

Photo by KM777

足元は数週間に冷えて固まったマグマ。シャリシャリしており、パリンと割れる。

P2200793

Photo by KM777

明け方の写真!

P2200835

Photo by KM777

帰りは明るいので歩きやすい

 

求められる体力レベル

歩くルートの傾斜は非常になだらかですが、溶岩で出来た岩場で足元が悪く、しかも夜道をライトで照らしながら行くため、それなりにしんどいです。

ふもとの軍のキャンプを夜5時半に出て山頂についたのは3時間半後の午後9時ころでした。

 

私たちのツアーの参加者は、イギリス・フランス・イタリアの男性各1、イスラエル女性1、私を含む日本人男性2、中国人男女グループ4の合計10名でした。

年齢層は20代〜40代でしたが、全員が山頂までたどり着きました。

出発前日に宿で会ったイスラエル人のおじいさんのように、軍キャンプから山頂までラクダに乗せてもらうこともできるので、体力に自信のない人も行けないことはないと思います。

 

何がすごいか

山頂はカルデラ状になっておりその中央に溶岩湖があるため、歩いて上っているときには炎も何も見えません。

カルデラのへりに達して初めて、暗い闇の中、7-800mくらい先に、赤く光るマグマと白い煙が、いきなり視界に飛び込んできます。

日本の感覚からすると、そこから先は立入禁止ですが、この火山のすごいところは、火口の淵まで行けてしまうところ。

 

足をすくませながら見下ろすと、ぐつぐつ煮えたぎるマグマがまるで生き物のようにうねっています。

硫黄臭さというより花火の火薬の匂いが漂っていて、風が火口の方向から吹くとものすごい熱気で呼吸もできないほどです。

世界広しといえど、これほどの火山活動を間近で見られる場所を私は知りません。

 

一生に一度の光景が見られるエルタ・アレ火山。是非行ってみてはいかがでしょうか。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

全国連加盟国193を含むすべての国を旅しました。国境マニア・離島マニアです。好きな地域は中部アフリカ・南太平洋・中近東。好きな国ベスト3は、コンゴ民主・ソロモン諸島・イエメンです。プロフィールの写…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ひとり旅

FEATURED特集

特集一覧へ