shutterstock_201806012 (1)

思わず赤面♡旅行好き女性が海外で体験した「胸キュンエピソード11選」

shutterstock_201806012 (1)
Pocket はてブ

「日本人女性はモテる」。そんな噂を幾度となく耳にしたことはありますが、そこまで実感したことはありません。

わたしが日本人に見られないのか、女性に見られないのか、はたまた私がただブスなのか、答えを出すつもりはありませんが、事実です。

そんなわたしの虚しい話は置いておいて、旅先で予期せぬ「胸キュン」に遭遇してしまった旅好き女子たちの心の声をお届けします。

 

酒井綾花

スクリーンショット 2016-02-17 17.23.21

スペインの駅で大きい荷物を持って階段を下りようとしていたら、スーツを着たかっこいい人が荷物を持ってくれました。

 

田倉優子

スクリーンショット 2016-02-17 17.28.24
20歳の時に一人で東南アジアを旅行していたら、同じルートで周っていた同世代の男の子がいました。

最初に出会ったのがバンコクで、その後カンボジアのプノンペン、ホーチミンで偶然にも数回に渡り再開しました。

帰国後もその時居合わせた仲間を含め、現在まで仲良くさせていただいています。

 

原 歩未

スクリーンショット 2016-02-17 17.25.51
メキシコのカリブ海沿いを旅しているときに出会ったアメリカ人の男の子と、行く先々で偶然の再会を繰り返していました。

私がとある宿にチェックインした直後からベッドバグ(南京虫)のようなものに刺されているけれど、もう数泊分払っちゃったから今更変えられないと伝えると、わざわざ私の宿まで来てくれて抗議してくれて全額返金で宿を変えることが出来ました。

その後、彼と同じホテルの違う部屋を用意してくれて「人に強く訴えられないのに一人で旅してるなんて心配だよ。」と言い、しばらく一緒に旅をしてくれました。

その後告白をされましたが、まだまだ旅を続ける予定だったので断ってしまいましたが、彼の優しさはとてもうれしかったです。

 

松井佑有

スクリーンショット 2016-02-17 17.48.10

ペルーでバスを待っているときに出逢った8歳の女の子。

スペイン語が話せないので会話は出来なかったけど、1時間半くらい一緒に遊んで、私がつけていたピアスを欲しそうに、キラキラした目で見ていたのであげたら全力で喜んで耳につけてくれたこと。

そしてお返しに小物入れをくれたこと。

 

岡本あやの

スクリーンショット 2016-02-17 17.25.39

アイスランドのゲストハウスで出会ったオーストラリア人のイケメン。

オーロラを探しに行こうとしたら、”え!どこまで行くの?いきたい!電話番号教えてよ!”とかなり積極的。(きゅんポイント1)

その後も一緒にいつ友達をほったらかして、寒い中外でおしゃべり(きゅんポイント2)

次の日の朝話すと、どうしても見たくて一晩中寝たり起きたりを繰り返していたらしく、その一生懸命な姿にきゅん。(きゅんポイント3)

彼が先に出発するので、お見送りしていたら、”また、どこかで会えるかもね?君の白い車を見つけたら…ね!+ウインク☆”

私が乗ってる車も覚えていたなんて…!(きゅん死にするーー!)ウインクは、ずるい!!

 

中 美砂希

スクリーンショット 2016-02-17 17.49.46
旅先で会った人と、また別の場所で約束もしていないのに再会をしたとき。運命を感じた。

1 2
Pocket はてブ

Writer

立教4年。海が見える教室で高校生活を送った湘南育ち。TABIPPOのメディアでライター/編集者として働き、現在はプロダクトでPRを担当しています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

女の子・女子旅