ハワイ島のおすすめ観光スポット30選

Pocket はてブ

皆さんはハワイ旅行へ行くとき、ハワイ諸島のどの島を選んでいますか?王道はオアフ島ですが、オアフ島に行き慣れた方は別の島へ行ってみたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

なかでもハワイ諸島の中で一番大きいハワイ島は見所も多く、ハワイ火山国立公園やハワイ島最大の町ヒロなど、魅力的なスポットで溢れています。

今回は、そんなハワイ島旅行で訪れたいおすすめの観光スポットをご紹介します。

 

ハワイ島ってどんなところ?

photo by pixta

上述でも紹介しましたが、ハワイ島はハワイ諸島の中で一番の大きさを誇る島です。そのことから他の島よりも自然が豊富で、史跡も充実しています。

海底からの高さ世界一を誇るマウナケア山や、コナコーヒーの産地であるコナ、国家歴史登録財に指定されているヒロのダウンタウンなど、観光名所もたくさんあります。

最近ではキラウエア火山の噴火によって渡航が危ぶまれましたが、現在は大気も安定しているようです。

火山噴火の最新情報はハワイ州観光局の公式サイトを参照。

 

まだ誰も知らないハワイを探しに行こう

この記事では、TABIPPOのモノづくりブランド「PAS-POL」より発売された「365日ハワイ一周絶景の旅」のスポットを抜粋しています。

「こんな景色がハワイにあったんだ」
「次はどこに行こうかな」
それぞれの島が異なる表情を見せてくれる楽園、ハワイ。

何度訪れても知り尽くすことができないその本当の姿を伝えたくて。
ハワイ各地から365ヵ所の絶景を集めた、一冊の本をつくりました。

 

マウナケアのサンライズ

photo by mori28/PIXTA

標高4,205mのハワイアンの聖地、マウナケア。山頂では満天の星空が広がり、冷たい空気が心地よい。眼下で揺らめく雲海は、朝が近づくにつれてどんどんと色を変え、そのグラデーションに思わずうっとりとしてしまう。

雲の切れ目から太陽が顔を出すと、いよいよ新しい一年の始まり。心癒やされるハワイの旅を、この場所から始めよう。

■詳細情報
・名称:マウナケア山
・住所:Mauna Kea Forest Reserve
・アクセス:コナから車で1時間半。山頂へは事前予約のツアーでのみ行くことができる

 

キラウエア火山

photo by Rintaro Kaneko

ハワイ諸島の活火山であり世界遺産。ハレマウマウ火口には火の女神ペレが住んでいるといわれ、信仰の対象になっている。今も溶岩が流れ出ているが、安全な場所であれば溶岩ウォークも楽しめる。

灼熱の溶岩がつくり上げる黒い溶岩台地は、一歩足を踏み入れると、どこか別世界に来た錯覚に陥る。パークレンジャーがガイドするハイキングなどのアクティビティに参加するのもおすすめ。

■詳細情報
・名称:キラウエア火山
・住所:Kilauea, Hawaii Volcanoes National Park, Hawaii 96778, USA
・アクセス:ヒロから車で40分。溶岩ウォークは3時間ほど

 

サーストン ラバ チューブ

photo by ハワイ州観光局

ラバチューブとは溶岩でできたトンネルのこと。鬱蒼とした原生林のトンネルは、サーストン ラバ チューブの入り口だ。雨季にあたるこの季節は、原生林もより鮮やかになる。

ハワイ島にはいくつものラバチューブがあるが、最もよく知られているのがここだろう。ゆっくりと噴出した溶岩の外側が冷え固まり、さらにその中の溶岩が全て流れ出て空洞になってできたトンネルは、まさに自然の造形美。

■詳細情報
・名称:サーストン ラバ チューブ
・住所:Hawaii Volcanoes National Park Volcano, HI 96718
・アクセス:ヒロから車で45分

 

ママラホア ハイウェイ

photo by ハワイ州観光局

ハワイ島をぐるりと一周する、ママラホア ハイウェイ。ハイウェイという名前だが、無料の道路。ハワイ ベルト ロードともいわれ、わかりやすい一本道であることからドライブにも最適だ。

島の主要2都市であるヒロとカイルア コナを結び、場所によって景色も変わる。広いハワイ島はどこを切り取っても絵になる。絶景を目の前に、脇見運転にはくれぐれも気をつけよう。

■詳細情報
・名称:ママラホア ハイウェイ
・住所:Mamalahoa Hwy, Hawaii, アメリカ合衆国
・アクセス:コナとヒロを結ぶ道。アクセス情報は省略

 

ケカハカイ州立公園

photo by Ron Paul/Shutterstock.com

本当にこの先にビーチなんてあるのだろうか…?誰しもが不安になってしまうような溶岩台地むき出しのダートロードをひたすら進むと、突如現れる真っ青な海。溶岩が固まった黒い岩と白い砂浜。そこにノニの木の緑がよく映える。

コナ空港からほど近く、離着陸する飛行機が上空を行き交う様子を砂浜から眺めるのも楽しいひとときだ。

■詳細情報
・名称:ケカハカイ州立公園
・住所:Highway 19, Kailua-Kona, HI 96740
・アクセス:コナから車で20分

 

ウマウマ フォールズ

photo by ハワイ州観光局

何千もの植物が生い茂るワールド ガーデンのなかにあるウマウマ フォールズ。数百万年前のキラウエアの噴火によって流れ出た溶岩流が生みだした滝だ。

水量の豊富な3段の滝を最も楽しむ方法は、ジップライン。眼下に見える滝を越え、鳥になった気分で絶景を体いっぱいに感じてみよう。水の流れのように勢いよく空に飛び出せば、海へ向かって一直線に滑り降りていく。

■詳細情報
・名称:ウマウマ フォールズ
・住所:31-313 Old Mamalahoa Hwy, Hakalau, HI 96710
・アクセス:ヒロから車で30分。駐車場から滝まではさらに徒歩5分

 

UCCハワイコナコーヒー・エステート

photo by ハワイ州観光局

日本の飲料・食品メーカーであるUCCの直営農園。ハワイコナコーヒーの産地であるコナ地区は、本来は雨水の染み込みにくい溶岩地帯だが、美味しいコーヒーを届けたいという熱い想いで開墾が続けられ、1989年に完成。

およそ1万5千本ものコーヒーの木々は今日もすくすくと育っている。農園見学ツアーや焙煎体験ツアーも実施。事前予約をしてから訪れよう。

■詳細情報
・名称:UCCハワイコナコーヒー・エステート
・住所:75-5568 Mamalahoa Hwy, Holualoa, Island of Hawaii, HI 96725-9626
・アクセス:コナから車で20分

 

ワイメアの桜まつり

photo by Kiwami Kono-Baptiste

毎年、2月の第1土曜日に開催される桜まつり。爽やかな気候の下で寒緋桜が花を咲かせる。日本では沖縄でよく見られる品種で、沖縄から海を渡った日系人が故郷を思い植えたのが始まりといわれている。

人々で賑わうなかステージでは和太鼓のパフォーマンスやフラダンスが披露されるなど、日本とハワイとの友好が垣間見られる一日。

■詳細情報
・名称:ワイメアの桜まつり
・住所:67-1185 Mamalahoa Hwy Kamuela, HI 96743
・アクセス:コナから車で1時間

 

カイルア コナ

photo by ハワイ州観光局

1812年にカメハメハ大王がハワイ王国を統一した際の首都であり、現在もヒロに次いでハワイ島の中枢都市として賑わいを見せる。海沿いのアリイドライブを中心にレストランやカフェ、土産物店も多く、ローカル感と観光地感がほどよく混ざり合った居心地の良いエリアだ。

マリンアクティビティの玄関口となる桟橋、カイルア ピアから後ろを振り返ると、コナの街並みとフアラライ山を見渡すことができる。

■詳細情報
・名称:カイルア コナ
・アクセス:カイルア コナはハワイ島の中心地。コナ空港から車で15分

 

レインボー フォールズ

photo by naonao/PIXTA

ヒロの近くにある落差24mの滝。滝としてはそれほど大きなものではないが、名前の通り滝にかかる虹がここの見どころだ。ハワイ州最長の川、ワイルク川にかかっている。虹の出るタイミングは、よく晴れた日の朝早い時間帯。

滝から舞い上がる水滴がさんさんと降り注ぐ太陽の光に反射して、七色に輝く様が見られる。雨季にあたるこの季節は水量も増し、迫力も満点となる。

■詳細情報
・名称:レインボー フォールズ
・住所:Rainbow drive, Hilo, HI 96720
・アクセス:ヒロから車で5分
1 2 3
Pocket はてブ

WRITER

キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ハワイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ