イタリア旅行の基本情報

イタリアの治安は?物価は?イタリア旅行の基本情報まとめ

イタリア旅行の基本情報
Pocket はてブ

卒業旅行や新婚旅行でおすすめの国と言えば、イタリアです。素敵なファッションや華やかな文化が色づくイタリア北部、青い地中海に陽気な人々が住むイタリア南部、そして超有名観光都市ローマを有するイタリア中部。

1つの地方を旅するだけでもたっぷりと時間をかけたい国です。今回は初めてイタリアに旅行をする際に知っておいて欲しいことをまとめました。

*編集部追記
2016年12月の記事に情報を追加しました(2018/01/09)

 

物価

各都市で物価も変わってきますが、だいたい日本と変わりません。物価の高い都市は、ローマ、ミラノ、ベネチア、フィレンツェなどの大都市です。

また食費はピッツァリアなどでは10ユーロ~、リストランテ30ユーロ~など、入るお店によって予算は変わってきます。高級レストランはサービス料も加算されるので注意しましょう。

 

治安

日本人が重犯罪に巻き込まれることはほとんどありませんが、イタリアはひったくり、スリ、置き引きなどの軽犯罪がとにかく多いです。

特に観光名所や電車の車内など、いつの間にか財布やカメラが盗られていたという話は日常茶飯事。かばんやバックは常に身につけ貴重品の管理はしっかりしましょう。

 

気候・服装・旅行シーズン

年間を通して観光客が訪れるイタリア。日本と同じように四季があるイタリアのベストシーズンは、一般的に気候が過ごしやすい4、5、10月と言われています。

7、8月は日が長く1日の行動時間が長くとれますが、バカンスをとりお休みになるお店が多いので注意。

 

イタリア旅行のスケジュール

8341706459_2e6a53ebd7_b

photo by Norman B. Leventhal Map Center at the BPM

イタリア旅行の際には、ローマやフィレンツェなどの有名都市を周遊するのが一般的です。そのため、少なくとも観光する都市の数×1.5日程度は旅行に必要な時間となるでしょう。

また、イタリア旅行では複数の街を周遊するため移動時間が長くなりがちです。そのため、弾丸旅行はかなり体力を使います。体力に自信がない方は少し一つの街にとどまってゆっくりする時間をとるべきでしょう。

 

通貨

通貨はユーロ。2016年11月現在、1ユーロ120円です。現地では空港、ホテル、銀行、街中の両替所の他、24時間両替機などで両替が可能。

両替所の中にはレートが良くても手数料が高い場合もあるので注意しましょう。日本の方がレートが良いことが多いので、日本で両替していった方が安心で便利かもしれません。

 

ビザ

観光目的で90日以内であれば日本国籍はビザ(査証)不要。ただし90日とはシェンゲン協定国での滞在日数が過去180日の合計で90日以内という意味なので要注意。パスポートの残存期間はシェンゲン領域国出国予定日から3ヵ月以上が必要です。

 

コンセント

電圧は240V(まれに125V)、周波数50ヘルツなので100Vの日本製品は変圧器内蔵型でなければ変圧器が必要。プラグも2穴のCタイプなので、変換アダプターも持参しましょう。

 

インターネット

街中のカフェ、レストランなどでは無料Wifiが利用できる箇所が増えてきています。一般的にパスワードが必要なことが多いので、分からないときはスタッフへ聞けば教えてくれます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

Yuki
Yuki
旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

イタリアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ