イタリア旅行で人気の観光スポット39選

Pocket はてブ

年間4800万人以上の旅行者が訪れるイタリアは、観光はもちろん、食、ショッピングなど魅力の多い国です。人気の都市は、首都ローマ、芸術の町フィレンツェ、水の都ベネチア、ファッションの町ミラノの4都市。

今回はそれらの人気スポットに加えてイタリアのおすすめ観光スポットを紹介します。

*編集部追記
2016年5月公開の記事に新たにスポットを追加しました(2018/6/18)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

世界中から集めた365カ所の絶景を見に行こう

この記事では、TABIPPOのモノづくりブランド「PAS-POL」より発売された「365日世界一周絶景の旅」のスポットを抜粋しています。

365日。1年かけて、
本当に世界一周できたなら。

「いつか旅に出てみたい」
「世界中の美しい景色を見てみたい」

そんな夢物語を現実にするために、
世界中から365カ所の絶景を集めて、
本当に行くことができるルートまで考えて、
一冊の本をつくりました。

 

ランペドゥーザ島

photo by 牧麻衣

絶景好きならこのような写真を一度は見たことがあるかもしれない。ランペドゥーザ島のコバルトブルーの海の透明度の高さは、写真を撮ると海底に船の影が映り、まるで船が宙に浮かんでいるのではと錯覚してしまうほど。

こんなにも美しい海でボートやヨットでプカプカ浮かぶ、そんな夏の贅沢を一度は経験してみたい。浅瀬も広く安心して泳げる場所なので、太陽の下、真夏の海を満喫しよう。

■詳細情報
・名称:ランペドゥーザ島
・住所:イタリア

 

マテーラ

photo by 足立ゆい

長靴の形をしたイタリア半島のかかとに位置する街、マテーラ。現地の人々が何年もかけて掘った「サッシ」と呼ばれる洞窟住居で有名。

街並みが南イタリアの強い日差しを受けることによってつくり出す光と影の明確なコントラスト、斜面の角度や見る位置によって変わる景色に目を奪われる。サッシ内にはホテルもあり、宿泊費も安いので、旅の思い出にぜひ。

■詳細情報
・名称:マテーラ
・住所:Matera Italy

 

アルベロベッロ

photo by 中美砂希

不思議な家が建ち並ぶその街の名前はアルベロベッロ。名前すらも不思議な響き。とんがり屋根に白い壁。この可愛い家々は「トゥルッリ」と呼ばれる建物で、現在も住民が住んでいる。

観光のメインとなるモンティ地区の中には、屋上のテラスを無料で開放している店もあり、トゥルッリの尖塔や屋根に描かれたシンボルを間近に眺めることができる。入店時と出店時には「ブォンジョルノ!」と挨拶することを忘れずに。

■詳細情報
・名称:アルベロベッロ
・住所:Alberobello, Italy

 

オルチャ渓谷

photo by Francesco R. Iacomino/Shutterstock.com

糸杉が連なる美しい丘陵地帯は、安らぎと幸せを与えてくれるイタリアの田舎町。緑と赤のコントラストが美しい春はもちろん、黄金色の麦畑が眩しい夏、麦の穂が出始めた冬と季節によって違った顔を見せ、何度でも訪れたくなってしまう。

人の手が700年かけてつくってきた賜物のような景色で、何でもない丘陵が世界遺となったこともうなづける。

■詳細情報
・名称:オルチャ渓谷
・住所:53026 Pienza SI

 

シエナ

photo by Francesco R. Iacomino/Shutterstock.com

糸杉が連なる美しい丘陵地帯は、安らぎと幸せを与えてくれるイタリアの田舎町。緑と赤のコントラストが美しい春はもちろん、黄金色の麦畑が眩しい夏、麦の穂が出始めた冬と季節によって違った顔を見せ、何度でも訪れたくなってしまう。

人の手が700年かけてつくってきた賜物のような景色で、何でもない丘陵が世界遺となったこともうなづける。

■詳細情報
・名称:シエナ
・住所:イタリア 〒53100 シエナ県

 

フィレンツェ

photo by 中美砂希

フィレンツェのハイライトともなる、ドゥオーモ。白やピンク、オレンジ色の大理石を使い、建設に172年間もの歳月をかけて誕生した。巨大なクーポラ(ドーム)は内側に美しいフレスコ画が描かれておりこちらも必見。

463段の階段を上れば、映画「冷静と情熱の間」で観た景色が広がる。クーポラを写真に収めるのであれば、隣に立つジョットの鐘楼からがおすすめ。

■詳細情報
・名称:フィレンツェ
・住所:イタリア トスカーナ州

 

ベッキオ橋

photo by 野村拓司

ベッキオとはイタリア語で「古い」という意味。アルノ川に架かるフィレンツェ最古の橋がこのベッキオ橋。ルネッサンスの花の都のシンボルのひとつであり、世界にも有名な橋の両脇には金細工のお店が並び、橋の中央からはアルノ川を眺めることができる。

金細工職人たちが橋の上の宝石店を開き、貴重なアンティーク品から手ごろな価格のお土産も販売されているので、宝探しのような時間を楽しんでみて。

■詳細情報
・名称:ベッキオ橋
・住所:Ponte Vecchio, 50125 Firenze FI, イタリア

 

チンクエテッレ

photo by 藤枝梢

リグーリア海の崖の上に並ぶ小さな集落がカクテルカラーに海岸を彩る。チンクエテッレとは「5つの土地」という意味で、モンテロッソからリオ・マジョーレまでの5つの村々の総称。

11世紀ごろに要塞都市として生まれて以来、この村々は1,000年もの長い間、陸路がなく船のみで行き来していたため、陸の孤島として、独自の文化と芸術を築き上げてきた。

■詳細情報
・名称:チンクエテッレ
・住所:〒42035 レッジョ・エミリア

 

ブラーノ島

photo by 藤枝梢

177 の島からできているヴェネツィアの中のカラフルタウンは、カメラが必須のお出かけスポット。その昔、漁から戻ってきた漁師が冬の濃い霧に包まれた島で、わが家を見分ける目印として鮮やかなペンキで家を塗り上げたことがはじまりだそう。

ドアや窓に飾られた小さな花、吊るされた洗濯物…それすら絵になる、歩くだけでキュンとする街がここにある。

■詳細情報
・名称:ブラーノ島
・住所:イタリア 〒30142 ヴェネツィア ベネチア

 

ヴェネツィア

photo by canadastock/Shutterstock.com

言わずと知れた、水の都ヴェネチア。世界一美しい広場とも呼ばれるサンマルコ広場を中心に有名な歴史的建造物が数多くある。名物のゴンドラ(手漕ぎボート)から見る風景はとても優雅で、何もない水路でさえ絶景に映る。

おすすめは日中の教会巡りやショッピングで疲れた夕暮れ時。脚を休めながらゴンドラの揺れに身を委ねて、アコーディオンの音色とカンツォーネの熱唱に浸ろう。

■詳細情報
・名称:ヴェネツィア
・住所:イタリア 〒30142 ヴェネツィア ベネチア
1 2 3 4
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

イタリアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ