マーライオンだけじゃない!シンガポールは予想以上にフォトジェニックな国だった/中 美砂希

Pocket はてブ

久しぶりに日本から出国しました、TABIPPOのちゅうやんです。去年のコムローイの時期から全く海外に行ってなかったので、もう何を準備したらいいのかもわからずパッキングがなかなか終わりませんでした。

今回の旅先はシンガポール!

いつもひとり旅が多いのですが、今回はシンガポールに住んでいるゆりちゃんと一緒に女子旅。
ゆりちゃんは学生が主催するイベント、今年のBackpackFESTAのコンテストSHINEのファイナリストに残った美女なのです!

(次回開催するBackpackFESTAの世界一周コンテストDREAMは締め切り間近なのでお早めに!)

 

旅のテーマは「フォトジェニック」


え、シンガポールでフォトジェニック?マーライオンだけじゃないの?って思った皆さん。私も旅に出るまでそう思ってました。それが意外とあったんですよ、シンガポールに!

と、その前に。


今回の旅はInstagramのストーリーズをたくさん更新したかったので、こちらをレンタル。

前回もお世話になったTABIPPOグローバルWiFi!これがあればすぐにSNSに投稿することができる、旅の必需品アイテムなのです。

それでは週末旅に参考にしてもらえたら嬉しいフォトジェニックポイントをお伝えします!

 

光の世界へようこそ、アートサイエンスミュージアム


昨年、東京でも開催していたTeamLabの展示。去年見たかったけど連日混雑と聞いて諦めたのですが、一年遅れで体験することができました。

子供向けかと思いきや、これがめちゃくちゃ楽しめる!一体どういう仕組みになっているんだろうって子供に戻ったみたいに二人ではしゃいでました。

「自然」、「公園」、「街」、「宇宙」のゾーンに分かれており、存分にデジタルの世界を体感できます。

 

パステルカラーが可愛い!カトン地区


シンガポールにこんな場所があったのか!と今回の旅で一番興奮した場所、カトン地区。プラナカン文化が残る街並みはちょっとレトロで柔らかいパステルカラー。

女性ならその可愛さにキュンとしてしまうこと間違いなし。


お土産屋さんにはプラナカン柄の陶器やタイルが売っているので、お部屋のインテリアにいかがでしょう?(ちゃっかり購入した!)

 

シンガポールの夜景、下から見るか?上から見るか?

スーパーツリーで有名なガーデンズ・バイ・ザ・ベイでは、毎晩無料でライトアップのショーを行なっています。

季節によってテーマが変わり、訪れた時はミュージカルがテーマになっていて「シカゴ」「ウエスト・サイド・ストーリー」「レ・ミゼラブル」などの音楽に合わせて次々と色を変えていく光景にうっとり。


まったりとした空間の中で芝生に寝転がって見上げるのがおすすめです。
 

エキゾチックなアラブストリート界隈


モスクが一際目立つアラブストリート界隈。ガイドブックにも載っているので観光客は多めですが、異国情緒の雰囲気漂うお土産屋さんや可愛いタイルのレストランが多く、フォトジェニポイントもたくさんあるわけです。


モスクをのぞいてみたり。


ヘナタトゥーしてみたり。そういえば、アラブストリートでTABIPPOグローバルWiFiと一緒に借りた、ili(イリー)を使ってみました!

WiFiが飛んでなくても、ボタンを押すだけで日本語から英語に翻訳してくれるのです!

よく、世界一周してたら英語ペラペラなんですよね?って聞かれるのですが、私の場合本当に話せない…。

カタコトとボディランゲージで乗り越えてきた人なんです(よく世界一周できたと思う)

ヘナってどれぐらいの期間持続するのか聞いてみたところ、見事に私の関西弁イントネーションも変換されて伝わってました。お店のお姉さんもびっくり。

翻訳機能が面白くって、つい色んなことを質問してしまいました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ちゅうやん
中美砂希
仲居やってました
2013年12月6日より9ヶ月間女一人で世界一周達成。心配性で体力がなくても、世界一周できることが証明されました!旅先ではポストカードとマグネットを買うことを絶対としているが、マグネットの保管方法…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

インターネット・wifi

FEATURED特集

特集一覧へ