アートの島「直島」の観光スポット7選

Pocket はてブ

キラキラと輝く瀬戸内海に浮かぶ、大小様々な形をした島々。『瀬戸内国際芸術祭』は、そんな美しい島々を利用して、三年に一度開催される芸術祭です。

国内外からバラエティーに富んだアーティストを集め、島全体を使い、彼らの作品を展示していく。美術館で楽しむものもあれば、島の空き家を利用した作品もあります。

今回は、国際的に有名な『瀬戸内国際芸術祭』の島々の中でも、特に注目度が高い『直島』の観光スポットを紹介します。

 

1.地中美術館

@ayaya148が投稿した写真 – 2016 7月 13 8:21午前 PDT

美術館自体が芸術品!著名な建築家・安藤忠雄が設計した直島の『地中美術館』。自然の景観を損なわないよう、工夫を凝らし設計されたもので、直島観光の目玉となっています。

クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアという3名のアーティストの作品のみを恒久的に展示しています。

■詳細情報
・名称:地中美術館
・住所:香川県香川郡直島町3449-1
・アクセス:高松港から船(四国汽船フェリー)で50分、直島・宮浦港からバス約20分
・開園時間:10:00~18:00(最終入館17:00)/3月1日~9月30日10:00~17:00(最終入館16:00)/10月1日~2月末日
・休館日: 月曜日※ただし、祝日の場合開館、翌日休館
・電話番号:087-892-3755
・料金:2,060円(15歳以下無料)
・備考:混雑が予想される時期は、館内の人数を制限がある場合も。その場合は整理券を配布
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

 

2.赤かぼちゃ

mksさん(@mks160615)が投稿した写真

直島・宮島港の目印といえば、やはり!草間彌生の『赤いかぼちゃ』。近くには、同じく彼女の作品である『黄色いかぼちゃ』もあり、どちらも直島の名物となっています。

このかぼちゃには穴が開いており、内部に入ることもできるそう。ぜひここで1枚、写真を撮ってみてくださいね。

■詳細情報
・名称:赤かぼちゃ
・住所:香川県香川郡直島町直島町 宮ノ浦港フェリーターミナル
・アクセス:宮浦港すぐ

 

3.I♥湯

ミユキさん(@missmykcb)が投稿した写真 – 2016 8月 12 1:50午前 PDT

アーティストの大竹伸朗が手がけた温泉『I♥湯』は、銭湯そのものがアート!

銭湯内には、タイル壁画で描かれたカラフルでポップな絵があったり、ゾウの置物があったりと、まさにアートの島・直島にふさわしい温泉となっています。大竹伸朗の世界観にただただ圧倒される…まさにそんな場所です。

■詳細情報
・名称:直島銭湯「I♥湯」
・住所:香川県香川郡直島町2252-2
・アクセス:フェリーの発着港でもある宮浦港のすぐそば
・営業時間:平日14:00~21:00(最終受付20:30)土日祝10:00~21:00(最終受付20:30)
・休館日: 月曜日(ただし祝日の場合開館。翌日休館) ※メンテナンス期間は臨時休館もあり
・電話番号:087-892-2626(NPO法人 直島町観光協会 受付時間:8:30~18:00)
・料金:510円(直島島民は310円)15歳以下210円(3歳未満は無料)
・駐車場:町営有料駐車場利用可(徒歩3分)
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/naoshimasento/index.html

 

4.南寺

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

アート・美術館