フィリピンに約150日間いた私の留学ライフの1日をご紹介いたします

Pocket はてブ

この夏にフィリピン留学を検討されている方も多いと思いますが、留学に行ったら実際にどのような毎日を過ごすのか、気になりますよね。そこで今回は、一例として私の経験からフィリピン留学生活の1日をご紹介したいと思います!

 

学校情報

th_img_5285

地域:クラーク
スパルタ度合い:ノンスパルタ
資本:韓国資本
部屋:2人部屋

 

7:00~8:00 起床・支度・朝食

th_shutterstock_266875775

Photo by Shutterstock

個々の時間割に合わせて起床します。1限から授業があるルームメイトは、朝早く部屋を出て、自習室で勉強をしてから授業に出席していました。

対して私は朝が弱いので、授業は3限目スタートに変更。少し遅めに起床し、身支度をして食堂に向かいます。朝から授業があるので朝食は抜かせません。

パンやおかゆ、オムライスなどがローテーションで出ました。スパルタ式は、朝6時前に点呼する学校もありますが、私が行った学校はノンスパルタで時間の拘束は門限くらいでした。

 

8:00〜12:00 午前授業

th_p2068118_1024

午前は授業が45分×5コマで、授業の合間に5分間の休憩がありチャイムの合図で授業を開始・終了します。授業時間は学校によって1コマ90〜100分のところもあります。午前にマンツーマン授業・グループ授業を何コマ受けるのかは一人ひとりの時間割で異なります。

ちなみに授業は全部英語です。英語のテキストを使って、講師も生徒もみんな英語で授業を進めます。最初は聞き取れるまで苦労しますが、少しずつ慣れていきます!

 

12:00~13:00 昼食

th_ごはん

Photo by 留学プロ

授業を終えた学生が一斉に食堂に向かいます。食事はビュッフェ形式で、朝食に比べおかずの種類も多いです。各自プレートに好きな量のご飯を盛り、おかずを取って、学生同士英語で談笑しながら食事をします。

メニューや料理のクオリティーは学校間で差があるので、辛いものが苦手な方は韓国資本はなるべく避けて、日本資本の学校を選ぶと良いかもしれません。日本人の口に合うような料理を提供してくれます。

 

13:00〜17:00 午後授業

午前同様、個々の時間割によって授業を受けます。講師によって授業の進め方に個性があるので、1日にマンツーマン授業が4〜5コマあっても全く飽きません。

しかし中には自分と合わない講師もいます。そんなときは週1回の授業変更の申請ができるタイミングで、合わない先生などは随時変更が可能でした。授業の空き時間は自習室で復習・予習をしたり、学生寮に戻って休む人などそれぞれです。

 

17:00~18:00 夕食

イブニングクラス(夜の選択授業)に参加する人は、早めに夕飯を済ませます。受講しない人はここから自由時間です。

 

18:00〜19:30 イブニングクラス

グループクラス

Photo by 留学プロ

オプションのグループクラスです。私の学校はネイティブ講師が担当していました。時期によって異なりますが、閑散期は4〜6人、夏休みシーズンなどには10〜15人前後の生徒さんがいました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

田村なほ美
田村なほ美
フィリピンの英語学校で5ヵ月間インターンを経験。現在はTABIPPOのフィリピン留学を担当しています。LINE@はじめました!フィリピン留学のご相談はLINEで24時間受付中!以下のURLから友だ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

フィリピン留学 情報まとめ

FEATURED特集

特集一覧へ