ロシア旅行の前に!物価・治安など基本情報まとめ

Pocket はてブ

世界で一番広大な領土を有するロシア連邦。日本の隣国でもあります。しかし、その割には物価や治安など、ロシアに関する基本情報が少ないのも現実です。そこで今回は、3回ロシアを旅行した私が解説します。

 

1. 物価

P7062935-e1475720659462
Photo by 新田浩之

近年、ロシアの経済が落ち込んでいるため、物価は以前と比較するとかなり安くなっています。

例えばモスクワにあるホステルのドミトリーですと、1泊700ルーブル(約1,200円)、ウラジオストク空港近くにあるビジネスホテルで1泊3,720ルーブル(約6,100円)になります。

 

ただし、レストランはそれほど安くはありません。日本と比較しても「少し安いかな」という程度です。市内の交通費は大変安く、20ルーブル(約30円前後)となっています。

 

2. 治安

まずロシアが初めての方は、北カフカース地方は避けるべきです。テロ事件が発生している地域なので、入念な準備が必要となります。それ以外の地域は、基本的に安全に旅行ができます。

ただし、日本と比較すると軽犯罪が多いのも事実。特に地下鉄に乗る際は注意しましょう。

また、単独での深夜の外出も考えもの。夕食を済ませたら、ホテルに戻った方がいいでしょう。

 

3. 気候・服装・旅行シーズン

IMG_1745-e1475720949770

Photo by 新田浩之

ロシアは日本と比べると、日中と夜間との温度差が激しいです。夏であっても、長袖のシャツやカーディガンを持っていくことをオススメします。オススメのシーズン5月~9月にかけて。10月になると一気に冷え込みます。

厳冬のロシアもオススメ。日本では見ることのできない白銀の世界が広がります。ただし、気温は-20度以下まで冷え込むことがあります。上着を着込むことはもちろん、耳あてや帽子も必須です。

また、盲点なのが靴下。厚めで丈夫な靴下を2枚重ねにするなど、下半身・足元対策もしっかりと練ってくださいね。

 

4. 通貨

通貨はロシア・ルーブル(以下ルーブル)になります。近年、ルーブルの下落が続いており、2016年10月時点でのレートは1ルーブル=1.66円です。両替は国内の銀行でルーブルに両替できますが、レートがとても悪いです。

そこで、最低限度のルーブル以外はユーロに両替しましょう。そして、現地でユーロからルーブルに両替するといいです。ロシアではクレジットカードも広く通用します。案外、ルーブルの出番は少ないかもしれません。

 

5. ビザ

ロシア旅行の一番の関門はビザです。現在でも一部例外を除き、ロシアへ渡航するにはビザが必要となります。しかも、作業が少々煩雑です。

必要な書類は、パスポート、申請書(ロシア外務省からダウンロード)、4.5cm×3.5cmの写真(申請書に貼り付ける)、バウチャー。

問題はバウチャーです。バウチャーは基本的に、宿泊するホテルのホームページから申請します。インターネットを見ると、簡単にバウチャーが入手できる「空バウチャー」もありますが、「空バウチャー」は正式なバウチャーではありません。

現地でトラブルが発生した場合、問題になることがあります。きちんと正規のルートでバウチャーを取得することをオススメします。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ロシアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧