アジア旅行の新定番!スクート(Scoot)を上手に利用する方法

Pocket はてブ

アジア圏旅行者向けのLCCとして、少しずつですが着実に知名度を上げてきているスクート(Scoot)。最近では新千歳~シンガポール、新千歳~バンコク路線が就航したことがニュースになり、そのニュースで初めて存在を知ったという方も多いと思います。

他のLCCと同じく、スクートもまた衝撃的な価格設定で話題を集めており、例えば成田~台北の最安値は片道7,500円、成田~シンガポールの最安値は片道13,700円など、他のLCCに負けず劣らずの安さが魅力です。

▼スクートの公式サイトはこちら
FlyScoot.com! 

 

そんなスクートですが、利用時に知っておくべきこと、注意しておくことがいくつかあります。今回はその中から6つを厳選して紹介いたします。

 

手続きカウンターの位置をきちんと把握する

7188319533_745849a898_b

Photo by Simon_sees

スクートに限らず、LCCはカウンターあるターミナルまでが遠いことが多く、初めて利用する際には戸惑ってしまうこともあると思います。

スクートは成田空港第二ターミナルの北側、スリランカ航空やエミレーツ航空といった会社の近くに受付カウンターを構えています。特に初めて行く方は迷ってしまうこと必至なので、かなり時間に余裕を持って行った方が良いでしょう。

 

エコノミーとスクートビズの違いを理解する

スクートの特徴として、LCCにありがちな中型機ではなく、ボーイング777などの大型機を導入していることが挙げられます。

機内の座席はほとんどがエコノミーなのですが、エコノミーの料金に1万円~2万円程度を上乗せすると「スクートビズ」と呼ばれるよりゆったりした座席にアップグレードすることが出来ます。

また、同じエコノミーでも追加料金で少しゆとりのある「スーパー」と最前列で足元が快適な「ストレッチ」を選ぶことも可能ですので、予算に合わせた座席選びを行いましょう。

 

出来れば早い時間の便を予約する

20263290186_b16a6b902a_b

Photo by Simon_sees

スクートに限らず、LCCにつきものなのが遅延です。出発が遅い便で遅延が生じると最悪その日のうちに飛ばず、空港で一夜を明かすことになってしまうこともあります。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

mery_72
mery_72
北海道札幌市在住。北海道を中心に国内旅行が好きでよく旅をしています。北海道は移動が大変な反面、素晴らしい景観や自然がそこかしこにあり、日がな車を走らせています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

LCC特集

FEATURED特集

特集一覧へ